「SUITS OF THE YEAR 2022(スーツ・オブ・ザ・イヤー)」今年5回目を迎える授賞式の開催決定! リアルでの動きが戻ってきた今だからこそ、『Well-being』にフォーカス! スーツ・オブ・ザ・イヤー2022が考える 『Well-working』・『Well-moving』・『Well-sharing』とは。さらに!今年は3年ぶりに会場にお客様を招きオンライン配信と合わせてハイブリットに開催!

「SUITS OF THE YEAR 2022(スーツ・オブ・ザ・イヤー)」今年5回目を迎える授賞式の開催決定! リアルでの動きが戻ってきた今だからこそ、『Well-being』にフォーカス! スーツ・オブ・ザ・イヤー2022が考える 『Well-working』・『Well-moving』・『Well-sharing』とは。さらに!今年は3年ぶりに会場にお客様を招きオンライン配信と合わせてハイブリットに開催!

昨年度に引き続き、2022年11月17日(木)に日本経済新聞社 Nブランドスタジオ「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」と株式会社Begin「MEN’S EX」が共催するビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人を表彰する「SUITS OF THE YEAR 2022(スーツ・オブ・ザ・イヤー)」の開催が決定した。

毎年、その時代にあったコンセプトをもとに、ビジネス、イノベーション、スポーツ、芸術・文化、エンターテインメントなど、様々な分野で活躍する人を複数部門選出し、表彰する。

2018年にスタートし、昨年は感染症対策を徹底した撮影環境で、YouTube LiveとInstagram Liveとの2メディア体制での開催となっている。

今年は3年ぶりに会場へお客様をお招きし、オンライン配信と合わせたハイブリッドな形で開催致します。2022年、社会の感染症対策は進化し、個人の向き合い方も変わってきました。

オンラインから対面へ、徐々に元通りのビジネス体制が増え、出張や旅行も少しずつ再開しつつある中、人と会える、目的地に行ける、そんな再び動き出しつつある今、個人個人の幸福感の価値や意義が問われています。働き方も働く目的も、意義のある”Better”を追求する『Well-working』、動くことで得られる経験、知識、感動に再び触れる『Well-moving』、モノもコトも情報も、楽しさや新しさ、価値あるものをシェアする『Well-sharing』。第5回目となる今年は、その新しい価値観『Well-being』を、 「SUITS OF THE YEAR(スーツ・オブ・ザ・イヤー)」 なりに定義。

世の中が再び動き出し、仕事にも暮らしにも「Well-being」な価値や意義が求められ、そのアクションが加速していきます。その中で“スーツで、さらなるWellを”をスローガンに、これからの未来に向けてチャレンジし続ける本年度の受賞者をフォーマルなスーツ姿と共に魅せる授賞式を開催します。

生活の在り方が変化してきたこの時代に、【ビジネス部門】、【イノベーション部門】、【スポーツ部門】、【アートカルチャー部門】の4部門から今年はだれが選ばれるのか…。

11月17日(木)の授賞式に大注目です。

そして!昨年に引き続き、本授賞式に向けて、「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」松本和佳編集長と、「MEN’S EX/MEN’S EX ONLINE」平澤香苗編集長のコメントが到着!

「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」編集長・松本和佳

「SUITS OF THE YEAR 2022」では、さまざまな分野でめざましい活躍を見せた方々を表彰いたします。未来を予感させる受賞者のみなさまが発信する、熱いメッセージに耳を傾けてください。

ご注目いただきたいのが、受賞者が着用するスーツです。一人ひとりのご要望とお人柄を考え、メーカーが心を込めて仕立てたスーツが、その方の素晴らしさを際立たせます。

スーツには「物語」がある。そう実感していただけたらうれしいです。

<プロフィール>
1968年 北海道生まれ。92年早大卒、日本経済新聞社入社。
企業報道部次長、編集委員などを経て2019年4月から現職。ファッション、消費分野を中心に幅広く取材。共著に「令和につなぐ平成の30年」「1億人の服のデザイン」など

<NIKKEI STYLE Menʼs Fashion>
「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」は〝ファッションが変われば、ビジネスも変わる〟をテーマに、ビジネスパーソンのためのオンオフの装い、腕時計、著名人の服装術など、すぐに役立つコンテンツを提供するデジタルメディアです。日本経済新聞社と日経BP社が共同運営する「NIKKEI STYLE」は、新聞・雑誌の編集ノウハウを結集した、ライフスタイル専門サイトです。

【サイトURL】 https://style.nikkei.com/fashion/

「MEN’S EX/MEN’S EX ONLINE」編集長・平澤香苗

コロナで分断された社会や人々のコミュニケーションが、少しずつ戻ってきました。

そんな中、スーツは人間が社会の中で生きていく上で必要なものだと思います。2022年の受賞者たちも、社会に対して貢献し、影響力を与えながら、スーツを自分のパワーにしてきました。皆様からの未来に向かうメッセージとスーツのチカラを、是非このアワードを通して実感していただきたいです。

<プロフィール>
1977年生まれ。世界文化社に2000年入社、2017年に『MEN’S EX ONLINE』編集長、2020年9月より現職、2022年4月より『時計Begin』編集長も兼任。
Instagramのフォロワーは約7000人、イタリアをはじめ幅広い海外人脈を持つ。

MEN’S EX/MEN’S EX ONLINE

創刊から29年、ビジネスパーソンのための「ファッションバイブル」的存在として、仕事から休日まで‟きちんと見える“スタイルやHow Toを追求。加えて時計・クルマや旅・⾷などのライフスタイルまで、ビジネスパーソンの“Wants”に答える男性総合誌です。

【サイトURL】 https://www.mens-ex.jp/

\SUITS OF THE YEAR(スーツ・オブ・ザ・イヤー)とは/

日本経済新聞社 Nブランドスタジオ「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」と株式会社Begin「MEN’S EX」が共同で主催する「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰するアワード。
「チャレンジを纏う=SUITS」をコンセプトに、ビジネス、イノベーション、スポーツ、芸術・文化、エンターテインメントなど様々な分野で活躍する方々を複数部門で選出し、表彰します。
【特設サイト】 https://ps.nikkei.com/soy/



関連記事

-ニュース, 俳優, 新着ニュース+
-