広告

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

記事内には広告が含まれます予めご了承願います

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会のアリーナツアー「リョクシャ化計画2023-2024」のツアーファイナル公演が1月14日、大阪・大阪城ホールにて開催された。

横浜アリーナ(2023年12月15日・16日)、日本ガイシホール(2024年1月7日・8日)、大阪城ホール(1月13日・14日)の3会場を舞台に行われた、緑黄色社会にとって初のアリーナツアー「リョクシャ化計画2023-2024」は、6公演で約6万人の動員を記録。自身最大規模となった同ツアーのファイナルを飾ったこの日のステージは、類稀なるライブバンドとしての先鋭的な表現力と、今や国民的アーティストとして愛されるポップ感の両方を強く印象づけるものだった。

満場の拍手喝采を受けて、長屋晴子(Vocal & Guitar)、小林壱誓(Guitar)、peppe(Keyboard)、穴見真吾(Bass)とサポートドラマー・比田井修が舞台に登場すると、「これからのこと、それからのこと」のアグレッシブな熱演でライブはスタート。続く「アウトサイダー」ではストリングス・カルテットを迎えて豊潤なサウンドを響かせると、さらに「始まりの歌」ではブラス・トリオが演奏に参加、総勢12名のダイナミックなアンサンブルが会場一面のクラップを巻き起こしてみせる。その後も、楽曲によって弦楽やブラスの音色を加えながら、楽曲が持つ鮮やかな色合いとコントラストをよりいっそう明確に浮かび上がらせていた。

「マジックアワー」まで一気に畳み掛けた後、「最近すごくいろんなことがあったじゃない? いろんな不安を抱えたまま、今日ここに来た人もたくさんいると思います」と客席に語りかける長屋。「だけど、楽しいことは、大きな声を上げて『楽しい』って言って大丈夫だから。私たちと一緒に、ここで『楽しい』を作って、みんなで最高のツアーを完成させられたらいいなって思います」の言葉に、熱い拍手が広がる。

バラード曲「幸せ」から80s風ポップナンバー「ピンクブルー」、星間旅行のような「Starry Drama」……。色彩豊かな緑黄色社会の音楽世界を凝縮したようなこの日のセットリストは同時に、時代性やジャンル、スタイルに囚われずに表現世界を拡張し続ける4人の才気と挑戦精神を克明に伝えてくる。加えて、「ピンクブルー」ではミュージックビデオの演出にちなんで、舞台にセッティングされた電話で長屋が「串カツ1万人前」の出前を注文しようとする場面が盛り込まれていたり、オーディエンスを一瞬たりとも飽きさせないパフォーマンスや意匠の数々も、このツアーの大きな特徴だった。

横浜/名古屋/大阪のツアー各会場周辺の飲食店とコラボした「街ごとリョクシャ化計画」について解説した小林が、この日のMCの議題に挙げたのは「緑黄色社会の好きなところ」。「抜かりないところ。みんな真面目なところ」(穴見)、「どんなご飯もみんなで食べるところ」(peppe)、「このメンバーがメンバーであることと、ここにいるみんながファンなところ」(長屋)、「こういう出会いをくれたところ」(小林)、「緑黄色社会というバンド名」(比田井)とそれぞれに「好きなところ」を挙げたところで、アリーナ/スタンドのみならず立ち見席/親子席/スタッフにまでコール&レスポンスを呼びかけ、場内の一体感を刻一刻と高めていく。

「あのころ見た光」「陽はまた昇るから」で観客の高揚感をなおも増した後、「もっと近くで、みんなの顔を焼き付けに行きますよ!」(長屋)とメンバー4人が舞台を降りて、アリーナ後方のサブステージまで客席を横切る形で移動。4人が向かい合い、アコースティック・セットで演奏した「Re」「時のいたずら」は、1万人で言葉とメロディを囲むキャンプファイヤーのような没入感を描き出していた。

メインステージに戻った4人は、最新シングル曲「花になって」のハードエッジなサウンドスケープからライブを再開。さらに「Shout Baby」、「LITMUS」と時代を彩ってきた名曲を次々に披露していく。「改めて、音楽っていいな、バンドっていいな、緑黄色社会っていいな、って思えたツアーでした。みんなを『リョクシャ化』するぞ!って言ってツアーをしてたんですけど、案外『リョクシャ化』されているのは私たちの方で。改めて、みんなのことを含めた緑黄色社会って最高だなって思えました。本当にいつもありがとう!」という長屋の言葉に、惜しみない拍手と歓声が湧き起こった。

「6万人の景色も最高なんだけど、もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していけたらいいなって思います」と長屋がさらなる決意を告げたところで、ライブは「サマータイムシンデレラ」からいよいよ終盤へ。1万人とクラップのコール&レスポンスを繰り広げた「Landscape」、バンドのマスコットキャラクター=ブロッコリーが舞台に登場した「Don!!」に続き、ストリングス/ブラスも登場した12名フルラインナップでの「sabotage」「Mela!」で、本編は圧巻のフィナーレを迎えた。

ライブ恒例の「真吾先生」による物販紹介の映像を挟んで、アンコール改め「BONUS STAGE」では「夢と悪魔とファンタジー」でなおも会場を高揚させていく。これまで対バンゲストを迎えて行ってきた自主企画「緑黄色夜祭」の拡大版として、2024年6月15日・16日に横浜アリーナで開催する「緑黄色大夜祭2024」に触れ、「どんどん夢を見続けて、道を切り開いていきたいって思います」と語った長屋の言葉に導かれて「ミチヲユケ」をひときわ力強く響かせた後、正真正銘ツアーの最後を飾ったナンバーは「キャラクター」。《誰だってneed youだ/君のことがとても愛おしいんだ》——アリーナ一面にバルーンが降り注ぐ中、極彩色のポップアンセムが、ストリングス&ブラスの晴れやかな調べとともに美しく、眩しく鳴り渡った。

(文:高橋智樹)

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

緑黄色社会初のアリーナツアー『リョクシャ化計画2023-2024』ファイナルライブレポート。「もっとたくさんの人を巻き込んで、たくさんの人を好きにさせて、まだまだ『リョクシャ化』していきたい」

Photo by 西槇太一

リョクシャ化計画2023-2024

●日程・会場

2023/12/15(金)・16(土) 神奈川|横浜アリーナ

2024/1/7(日)・8(月・祝) 愛 知|日本ガイシホール

2024/1/13(土)・14(日) 大 阪|大阪城ホール

●セットリスト (2024.1.14 大阪城ホール)

01.これからのこと、それからのこと

02.アウトサイダー

03.始まりの歌

04.マジックアワー

05.幸せ

06.ピンクブルー

07.Starry Drama

08.あのころ見た光

09.陽はまた昇るから

10.Re(Acoustic)

11.時のいたずら(Acoustic)

12.花になって

13.Shout Baby

14.LITMUS

15.サマータイムシンデレラ

16.Landscape

17.Don!!

18.sabotage

19.Mela!

[BONUS STAGE]

01.夢と悪魔とファンタジー

02.ミチヲユケ

03.キャラクター

▼緑黄色社会 プロフィール

長屋晴子(Vo./Gt.) 小林壱誓(Gt.) peppe(Key.) 穴見真吾(Ba.)

愛知県出身4人組バンド。愛称は”リョクシャカ”。

高校の同級生(長屋晴子・小林壱誓・peppe)と、小林の幼馴染・穴見真吾によって2012年結成。

2020年に発表した「Mela!」は、ストリーミング再生数が3億回を突破する代表曲に。

2022年には初の日本武道館公演を成功させ、「第73回NHK紅白歌合戦」初出場。

2023年に開催した全国ホールツアー”pink blue tour 2023”は全公演SOLD OUTとなり、「第74回NHK紅白歌合戦」2年連続出場、12月から2024年1月にかけて東名阪アリーナツアー「リョクシャ化計画2023-2024」を開催するなど躍進を続けている。

長屋晴子の透明かつ力強い歌声と、個性・ルーツの異なるメンバー全員が作曲に携わることにより生まれる楽曲のカラーバリエーション、ポップセンスにより、同世代の支持を多く集める。

●オフィシャルホームページ:https://www.ryokushaka.com/

●YouTube:https://www.youtube.com/c/ryokuoushokushakai

●Twitter:@ryokushaka

●Instagram:@ryokushaka_official

●LINE:@ryokushaka

●TikTok:@ryokushaka


リンク

関連記事

■広告■

パワープッシュ

新着ニュース

LUNA SEA 結成35周年記念ツアー第3弾「EPSODE 3」 遂に解禁! 5月29日の結成記念日にはSLAVE限定イベントも開催決定!

2024年4月24日 22時25分

【ALAN SHIRAHAMA】2024年 12ヶ月連続リリース 第4弾!! 4th Digital Single「Reaching For The Sky」4/26 Release!

2024年4月24日 21時58分

反町隆史 肌測定機器で85点 グレートでした 日頃の積み重ねと手入れが大事

2024年4月24日 21時09分

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2024」出演者第2弾発表! 昨年のメインステージ争奪LIVE優勝の「Merry BAD TUNE.」や、「#ババババンビ」「Peel the Apple」など、実力派揃いの23組がラインアップ 今年も「メインステージ争奪LIVE」開催決定!

2024年4月24日 20時45分

恋愛に憧れる本田望結に井上咲楽、塚地武雅が総ツッコミ!『太田胃散 presents 本田望結のMe to You』 4月27日(土)19時30分~21時30分 放送

2024年4月24日 08時00分

新しい学校のリーダーズa.k.a. ATARASHII GAKKO! 世界最大級のフェス「コーチェラ」のGOBI STAGEのWeekend 2で2週連続の大トリを飾る!ファンクラブツアー「新しい学校の青春部ツアー2024」大阪公演・札幌公演のチケット先着販売スタート!

2024年4月23日 22時37分

大原優乃、三田警察署の一日警察署長に就任! 過去に詐欺に遭いかけたエピソードも告白 「実は、私も詐欺に引っかかってしまったんです」

2024年4月23日 21時04分

兒玉遥 肩出しコーデで登場!さわやかな肌見せに大反響!

2024年4月23日 00時19分

YOASOBI コーチェラ・フェスティバル出演&初のアメリカ単独公演を敢行し、8月ニューヨーク&ボストンで単独公演が決定!さらに、アメリカの大手エージェンシーCAAとの契約が決定!

2024年4月23日 00時14分

gb(ジービー)がGANMI、Beverly、supabo.、アツキタケトモらとイベント『meguri』を初主催!至福の音楽空間を演出!

2024年4月22日 23時43分

アクセスランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

-パワープッシュ!, 新着ニュース, 音楽ニュース
-,