広告

町田直隆、音楽活動25周年を飾る渾身のフルアルバム「不良の音楽」をリリース! 12/23(金)にはレコ発ライブも開催!

記事内には広告が含まれます予めご了承願います

町田直隆、音楽活動25周年を飾る渾身のフルアルバム「不良の音楽」をリリース! 12/23(金)にはレコ発ライブも開催!

シンガーソングライターの町田直隆が、音楽活動25周年の記念となるフルアルバム「不良の音楽」を今週12/14(木)にリリースした。

ソロ活動の初期から現在も歌い続けている代表曲を中心に、2005年に解散した自身のバンド「BANGEE JUMP FESTIVAL」(2002年メジャーデビュー)のデビュー曲も再録し収録されている。

今作には、小寺良太(ex 椿屋四重奏 )、大谷ペン ( ザ・ラヂオカセッツ )、仲道良 (ircle)、さとうしゅうさく (ex KELUN) をはじめ、町田を慕う数々のミュージシャンが参加し、「BANGEE JUMP FESTIVAL」のベーシストである堀越武志も参加。

作家や詩人にも多く影響を受けた町田直隆の書く葛藤や悩みは、少年のような衝動性を持つ歌声と共に、現代を必死に生きる人々の孤独に寄り添ってくれる。
25周年の集大成とも言えるこのアルバムをぜひチェックしてほしい。

<町田直隆コメント>
タイトルの「不良の音楽」とは、自分の親世代が若者だった時代(60年代)に、
ロックミュージック対して当時の世間が抱いたイメージであり、そして自分にとっての「ROCK ’N’ ROLL」の一番しっくりくる日本語訳でもあります。
今の時代では、もう微塵もロックは「不良の音楽」なんかじゃないのかもしれませんが、
自分がロックと出会い、そして救われた時に感じたことは「これはあらゆる世の中や社会から仲間外れにされている(と感じている)人たちのために鳴らされている音楽だ」ということでした。少なくとも僕にとってはロックとはずっとずっとそういう音楽です。
音楽を始め、歌を作り、そしてステージに立つようになってから今に至るまで、心に中に一貫してあるものは、自分が表現したいものはそんな「不良の音楽」だということです。
ここ数年で世相はだいぶ変わり、「自分は不幸せだ」「自分は孤独だ」と感じている人がこの世界には沢山増えているように感じます。こんな時代だからこそ、僕はうんとうんと大きな音で音楽が世界を包み込んで欲しいと思ってしまうのです。
自分の音楽で誰かの人生を救おうだとか、そんな大それたことは思ったりはしませんが、
このアルバムを聴いてくれた人が、少しでも楽しい気持ちや晴れた気持ちになってくれたならそれ以上の幸せはありません。
「不良の音楽」は自分にとって、この先もずっと大切な作品になると思います。
どうか、じっくりと、たっぷりと聴いてやってください。

■最新リリース情報

町田直隆、音楽活動25周年を飾る渾身のフルアルバム「不良の音楽」をリリース! 12/23(金)にはレコ発ライブも開催!

フルアルバム「不良の音楽」¥2,500(税込)
<収録曲>
1.ずっと16歳
2.死にたくなる夜を超えて
3.エルクンバンチェロ
4.七月七日
5.鉄塔
6.大阪行き
7.ウェンディ
8.スウィートジェーン
9.アイデンティファイ
10.歌い忘れていた歌
11.不良の音楽

全国のCDショップにて発売中:https://tower.jp/item/5593273/不良の音楽
ダウンロード/サブスクリプション : https://nex-tone.link/A00109239

■ライブ情報

町田直隆25周年ファイナル&ニューアルバム「不良の音楽」レコ発記念弾き語りワンマンライブ
日時;12月23日(金)19:00/19:30
会場:吉祥寺 ROCK JOINT GB
料金:前売 3,000円(ドリンク別途)
チケット予約:machidanaotaka@yahoo.co.jp

■公式サイト

http://www.machidanaotaka.com

■プロフィール

町田直隆(まちだなおたか)1978 年 12 月 25 日 生まれ。東京都練馬区出身。
日本のロックシンガーであり詩人。
1997年、トリオ編成の「BUNGEE JUMP FESTIVAL」として活動を開始、2000年ハイラインレコードから全国デビューし、2002年トイズファクトリーからメジャーデビュー。
バンド時代は、石田ショーキチ(のちにプロデュースを行なう)や寺岡呼人(バンド "男盛 " を結成)に高い評価をされるなど、そのソングライティングの才能を音楽業界で認められつつも、より良い創作環境を求めて複数の大手レーベルを渡り歩く波乱万丈の活動に終始した。
2005年「BUNGEE JUMP FESTIVA」を解散し、2006年ソロ活動を開始。
ソロ活動でのライブはアコギ弾き語りスタイルを中心に、時にはサポートメンバーを入れたバンド
スタイルも含めて年間100~200本ものライブを続けながら2011年ソロとして初の全国流通盤「未来」をリリース。全ての楽器の演奏・アートワーク含め全て町田自身が作り上げた。
2014年、 3ピースバンド moke(s)(読み:モークス ) を、海北大輔 (LOST IN TIME)、小寺良太 (ex. 椿屋四重奏 ) と共に結成。
2022年12月、数々のミュージシャン、クリエイターが参加した音楽活動25周年の集大成ともなるアルバム「不良の音楽」をリリース。



リンク

関連記事

パワープッシュ

新着ニュース

AKB48 64thシングル『恋 詰んじゃった』発売!AKB48メンバー総出で発売記念イベントを開催!U-21選抜楽曲『夢見てごめん』・星屑テレパス選抜『ピンと来た』のMusic Videoも公開!“会いに行けるアイドル”が全国のみなさんに会いに行く♪AKB48劇場リニューアル工事期間中の出張公演も大発表!!

2024年7月18日 06時22分

乃木坂46、36thシングル新ビジュアルと新曲タイトル公開!タイトル曲「チートデイ」先行配信も決定!

2024年7月17日 22時32分

上坂すみれ ベストアルバム『SUMIRE CATALOG』リード曲「ファーストピリオド.」のMUSIC VIDEOが公開!

2024年7月17日 22時09分

ピコ太郎、61歳の誕生日にリズムが癖になる新曲を公開!「筋肉マッチョに憧れています!」

2024年7月17日 21時25分

江戸川乱歩の魅力を探る「としまミステリーフェス」が11月に開催決定! 映画『乱歩の幻影』主演・結城モエが語るミステリーへの愛

2024年7月17日 21時14分

安斉かれん、妹・安斉星来と地元では無双状態?! さんま「過去を知りたいなあ」 【踊る!さんま御殿!!】

2024年7月17日 20時50分

TIF2024 タイムテーブルを公開!!「WACK presents DREAMLIGHTS in TIF」をはじめ、「スマイレージ15周年 大好きステージ」やTIFの名物企画「IDOL SUMMER JAMBOREE」など TIF2024でしか見ることができない夢の企画ステージが盛りだくさん! 佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)がSMILE GARDENにトップバッターで登場へ!

2024年7月17日 20時47分

ももクロ・玉井詩織、初のソロコン「いろいろ」LIVE Blu-ray【Encore Edition】9月4日(水)発売決定!さらに7月22日(月)に「いろいろ」振り返り特別生配信番組「玉井詩織いろいろAfter Party」実施決定!

2024年7月17日 19時50分

ももクロ、22nd CDシングル『レナセールセレナーデ』【転スラ盤】描き下ろしイラストジャケット写真公開!さらに「歌伝者(ウタエルモノ)・踊伝者(オドレルモノ)」TikTokキャンペーンスタート!

2024年7月17日 19時25分

【インタビュー】SUPER☆GiRLSの“とびきりだれより夏っぽい”エピソードトーク!坂林佳奈が激推しする夏グルメとは?柏綾菜は心霊スポットロケを熱望!?

2024年7月17日 00時00分

アクセスランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

-新着ニュース, 音楽ニュース
-