モーニング娘。'18『音の VR』を初体験!

スポンサーリンク

3月14日、「音の VR×ハロー!プロジェクト お披露目説明会」が都内で行われ、アイドルグループ モーニング娘。’18が登壇した。

今回披露した『音の VR」は、360 度映像と音に対し、視聴者の見たい・聞きたい部分に、自由自在にズームできる、音と映像が体感的に合致したインタラクティブ視聴技術。

当日はモーニング娘。‘18 が春らしい装いで登場。イベント直前に撮影した『音の VR』について聞かれたメンバーは「自分がその場にいるような感覚を楽しめるコンテンツ!(飯窪)」「VR は今まであったけど『音の VR』は初めての体験でした。一人一人の声が聴けるという事なので、音程とか大丈夫かな・・・(笑)。ただ自分達らしいものが出来たと思います。新時代の技術を使った動画なので、ある意味この作品が伝説的になるんじゃないかなと思います。(譜久村)」「お話しを聞いて5G すごい!みんなが快適に過ごせる時代がそのうち来るんだ!と思いました。5G や『音の VR』とか、この世の中どれだけ住みやすい世界になっちゃうんだろうと思いました!(生田)」「テスト体験しましたが、周りの音が消えるわけじゃなくて、聞きたい音による感覚で本当にそこにいる感覚でした!(小田)」と『音の VR』のすごさを口々にしていた。

イベントでは実際に直前に撮影した映像を使って、譜久村、飯窪、加賀が『音の VR』の体験デモンストレーションが行われた。

映像はメンバー全員が『I WISH』を歌っている中、譜久村、飯窪、加賀が手紙を読んでいるという内容。

手紙を読んでいる譜久村にズームアップすると、譜久村の声が会場内に際立っていた。譜久村は「めっちゃ恥ずかしいですね!」と照れ笑いを見せた。体験後感想を聞かれた加賀は「撮影中、譜久村さんの手紙を読んでいるのを聞いて泣いてしまったんです。その感動の内容を際立って聞くことが出来てよかったです。」と撮影中の秘話を話した。また飯窪は「ズームをしたときに、他のメンバーの声もいい感じで入っていましたね。あっ!自分がセンターになれるんだ!と思いました(笑)。これだと何回でも楽しめますね。『モーニング娘。』は 13 人いるので少なくても 13 回は楽しめます!(笑)」と話した。

そして最後に譜久村が「ファンの皆様とつながる、5G 時代が楽しみです!」とイベントを締めくくった。

■今日初めて体験したという、音の VR はいかがでしたか?

譜久村:「映像を観れるだけじゃなくて、ズームするとその人の声がよりハッキリ聞こえるので、いつも以上に発声をがんばりました。今日の『I WISH』は最高の出来になったと思います。」

小田 :「本当にその場にいるような感覚になれます!ファンの方はいつも一つの画面で、切り取られたカットしか見られないので、コンサートやライブビューイングにも音の VR を取り入れてほしいです!」

■小田さんは歌姫と呼ばれて目立っていますが、更にこれで目立ちそうですね?

小田 :「正直、誰の声も掻き消してやろうと意識していました(笑)」

尾方 :「確かに、(小田は)“もっと声を落として”とスタッフさんに注意されていました(笑)」

一同 :「(笑)」

生田 :「私は普段、ソロパートが“愛してる”の“る”など、1 文字だけということが多いんですが、音の VR でズームインすれば、全部私のソロに聞こえるので、“生田 with モーニング娘。”を味わってもらえるんじゃないかなと思います。私しかズームしないでほしいですね!笑」

小田 :「(生田は)4 番手ぐらいにズームしていただければいいかなと思います(笑)」

■小田さん、二日前(3 月 12 日)にお誕生日ですよね?おめでとうございます!

小田 :「ありがとうございます!19 歳になりました!ハロプロとモーニング娘。が 20 周年なので、19 歳とはいえ年下です。だから毎日リスペクトして、モーニング娘。にささげる 1 年にしたいです」

■今朝、音の VR を体験して、撮影現場の感想は?

牧野 :「今回 VR の撮影は 1 度きりだったんですが、1 度きりだからこその感動や物語が詰まっているので、そこを是非観ていただきたいと思います!」

譜久村:「手紙を読ませていただいたのですが、モーニング娘。に入ってメンバーがいてくれることのありがたさや20 周年の歴史を込めたので、そこに注目してほしいです!」

■音の VR に期待することは?

森戸 :「初体験だったのですが、色んなシチュエーション、場所で撮りたいし、色んな人に体験してもらいたいです!」

■この曲で音の VR を体験したいのは?

佐藤 :「『LOVE マシーン』ですかね!新しくなったモーニング娘。で、音も変わっているので、その音を聞いてほしいです。でもある意味怖いですね。歌詞とかよく間違えちゃうので(笑)」

石田 :「『What is LOVE?』で体験してほしいです。音の VR が大成功したら、今度は動きの風圧を感じられるような VR も出てほしいです!」

尾形 :「『Oh my wish!』はあかねちゃん(羽賀)とセリフを担当しているのでおススメしたいです!」

羽賀 :「私は『わがまま 気のまま 愛のジョーク』ですね!歌の強弱が激しくて、ライブとかだと熱量が凄すぎて感じられないかもしれないので、音の VR でダンスだけじゃなく、歌もしっかり切磋琢磨しているのを感じてほしいです!」

譜久村:「この音の VR で椅子取りゲームをしたいです。いつも見えないところで多くの戦いが行われているから楽しそう!」

飯窪 :「でもちょっとガチ過ぎてひかれるかもしれませんね(笑)」

小田 :「音の VR を私たちの遊びだけに使うのはやめよう!笑」

譜久村:「卒業アルバムも音の VR の撮影だけで作れそう。学校にも取り入れられたらいいですね!」

■推しメンもあれば推し変もあるかもしれませんね?

横山 :「それは可愛さで巻き返せばいいかなと思います!でも、むしろ良いことの方が多いと思います。特に私は二重瞼が自慢なので是非ズームして見てください!」

生田 :「モーニング娘。はお互いライバル視しているので、音の VR の影響で、負けたくない気持ちが大きくなると思います。でもだからこそ、個々のパフォーマンスも向上して、ファンの皆さんにも楽しんでもらえそうです!」

■株式会社アップフロントグループ チーフディレクター 橋本 慎のコメント

『ハロープロジェクト』、そして『モーニング娘。』は、今年で丸 20 周年を迎えます。90 年代、アイドルが下火の時代に、つんく♂の頑張りや、メンバーの増員、卒業という動きが時代にマッチし、アイドルの中心になれました。その後、数々のアイドルグループが台頭し、アイドルの覇権争いが繰り広げられています。そんな中で『モーニング娘。』はパフォーマンス、歌をしっかり高めていくことに注力し、他のアイドルグループとは一線を画すグループを目指しました。その甲斐あって、生歌やフォーメーションダンスは皆様から再評価をいただいております。これからもパフォーマンスには自信を持って進んでまいりたいと思います。そんな矢先、KDDI さんから、au 携帯電話 30 周年とのコラボレーションのお話しをいただきました。動画はアイドルと親和性が高いコンテンツです。新技術を活かし、新時代のエンターテイメントを作っていくのが使命だと思っております。5G になればライブ会場に行かなくとも、まるでその場にいるような体験ができるようになるとお聞きしました。考えるだけで自分もわくわくしてきます。皆様もぜひ、KDDI さんとハロープロジェクトのコラボプロジェクトをお楽しみください。

■株式会社 KDDI 総合研究所 執行役員 ヒューマンコミュニケーション部門長 滝嶋 康弘のコメント『音の VR』で新しい視聴体験を提供したいと思っています。そこでこの度は歌やダンスなど、パフォーマンスに全力で取り組まれているモーニング娘。’18 さんにお声掛けさせていただきました。この『音の VR』は自分自身のスタイルに合った視聴体験を提供できるようになります。5G が実現すれば、例えばサッカー観戦では好きな選手や監督の声に注目したり、テレビ会議では話している人の声に寄ったり、防犯にも使用していけると考えています。もちろん、モーニング娘。’18 さんのライブでも、例えば会場でライブを生で見つつ『音の VR』で推しメンの声を聞いたり、ライブ会場にいなくてもよりリアリティのあるライブビューイングを楽しめるようになります。新しい音楽の体験。本日披露された曲の歌詞にもある「人生って素晴らしい」と思える機会を、我々の新技術をもってお届けしていきたいと思います。