井上理香子 初めての水着撮影は“開放感があって楽しめました”

12月16日、フェアリーズの井上理香子さんのファースト写真集『RIO529』(ワニブックス)の発売を記念し、福家書店新宿サブナード店にてイベントが行われた。

井上理香子さんの初水着や可愛い部屋ぎ、そして着ぐるみまで、可愛さを限界まで詰め込んだ写真集に仕上がっている。

お気に入りに着ぐるみのカットを選び、井上理香子さんは「着ぐるみのインパクトがすごいというのもあって、(着ぐるみで)原宿の竹下通りを歩いたんですよ。事務所も近いし、普段からなじみのある場所で、そこを着ぐるみで歩けたという感動も有りました。」とコメント。

水着での撮影があったことについて「水着の撮影も初めてですし、ビキニを着たこと自体が人生初で、恥ずかしさももちろん有り、でも撮影だったからか、開放感があって楽しめました。」と心境を語っていた。

 

タイトルとURLをコピーしました