綾瀬はるか・坂口健太郎、映画『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミアに豪華キャスト陣が登場し黄色い歓声!

スポンサーリンク

1月18日、映画『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミアがTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、中尾明慶、石橋杏奈、武内英樹監督がレッドカーペットイベントと舞台挨拶に登壇した。

本作はモノクロ映画の中のヒロインと、現実世界に生きる青年。出逢うはずのない二人が出逢ったら―。それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司が恋に落ちたのは、スクリーンの中のお姫様、美雪。何度もくり返しその映画を観ていたある日、美雪が健司の目の前に現れる。モノクロの世界しか知らない美雪にカラフルな現実世界を案内する健司。2人は次第に惹かれ合っていくが、美雪には<人のぬくもりに触れたら消えてしまう>という秘密があった…。好きだから触れたい、でも、好きだから、触れられない。この切ない真実に2人はどう向き合い、どんな答えを出すのか……。

この冬、最も切ないロマンティックラブストーリー。

レッドカーペットイベントでは、まるでスクリーンの中から飛び出してきたかのように登場し、間近でキャスト陣たちがレッドカーペットを歩き、駆けつけたファンから黄色い声援が飛んでいた。

場所を移し舞台挨拶も行われ、綾瀬はるかさんは「いよいよ皆さんに観て頂けるということで本当に嬉しく思っております。(ツンデレな役作りについて)意外に(映画の撮影の前の)その前に強い役が結構続いていたので、逆に強くなり過ぎないように気を付けました。王女という役だったので、すごくファンタジーなんですけど、ホロっとくるシーンがいくつかあったりして、これはもしかして良い話なのかなと思いました。」

坂口健太郎さんは「昨年の夏の初めぐらいにこの作品を撮って、皆さんに観て頂けるということで、すごくワクワクドキドキしてるし、この作品を観てどういう風に思ってくれてるのかすごく楽しみです。面白い芝居というよりは真面目に一生懸命やってる健司の姿を観ていただいてクスッとなって頂ければいいなと思います。」

中尾明慶さんは「(綾瀬さんは)美しかったです。本当に衣装も素敵でしたし、監督もこの作品で色というのをこだわられていたので、仕上がりを観てカラフルで素敵な世界だなと思いました。」

本田翼さんは「この映画を観て、とても感動しました。これから観る人もきっとハンカチを用意した方が良いと思います。」

石橋杏奈さんは「私に関しては本当に言えることがほぼ無い役なんですけど、看護師の役をしています。絡みは全く無いです。観た時に切ない気持ちもすごく有りますし、キュンとする可愛いなと思うシーンもたくさんあって、綾瀬さんのファッションがとても可愛いので、そこにも是非注目して観てもらえたらなと思います。」

武内英樹監督は「すごく切ない悲しい物語です。涙腺の弱い人はベチョベチョになりますので、ハンカチを用意して頂ければ嬉しいです。一番は、綾瀬はるか史上最高に美しく撮りたいという目標を持って作りました。あと高度成長期の日本の活気ある雰囲気をスクリーンに出せるといいなと思って作りました。」と語ると、

綾瀬はるかさんは「スタッフの皆さんが美しく見えるように、王女に見えるように作って下さって感謝してます。すごく綺麗に作ってもらって、映してもらっていることを感じました。」とスタッフにも感謝していた。

最後に綾瀬はるかさんは「当たり前に触れることが出来るという、当たり前のことが当たりじゃないんだなということで、色々なことに、身近なことに感謝が出来るそういう映画だなと思いました。観終わった後に、きっと優しい気持ちや、温かい気持ちになれる作品になっていると思いますので、皆さんそんな気持ちになってまた明日からも良い日を過ごしてください。」と語っていた。

映画『今夜、ロマンス劇場で』は2月10日(土)全国ロードショー!

関連リンク

映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/romance-gekijo/

タイトルとURLをコピーしました