堀田茜 エプロン姿で手作りキットカット作りに挑戦! サブリム ルビーは“初恋の味”

スポンサーリンク

1月18日、スイスのチョコレートメーカー「バリー・カレボー」がビター、ミルク、ホワイトに次ぐ、新しいタイプのチョコレートとして開発したルビーを、世界で初めて「キットカット」で商品化。「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」として「キットカット ショコラトリー」の店舗にて数量限定で販売される。

この日、モデルで女優の堀田茜さんがチョコレート色の衣装で新商品発表会に登壇した。

今回発売される「サブリム ルビー」について、堀田茜さんは「サブリムシリーズはすごく高級感が有りますし、女の子が大好きなパッケージだったり、大切に食べたくなるものだなと思いました。」と語ると実際に試食し、「すごくナチュラルで爽やかな酸味があって、新しい味ですね。初恋の味みたいな感じです。」と食レポ。

堀田茜さんはこの「サブリム ルビー」を使って、オリジナルのプレートを作ることになり、レースの可愛いエプロン姿で手作りキットカットに挑戦。

「ル パティシエ タカギ」オーナーシェフの高木康政シェフ監修のもと、悪戦苦闘しながら見事、お洒落なオリジナルプレートを作り、高木シェフは「すごく上手で明日からうちで働けます。」と大絶賛。

堀田茜さんは「家族が全員甘いもの好きで、バレンタインにはお父さんとお兄ちゃんにもあげたいなと思います。」とニッコリ。

「サブリム ルビー」は1月19日(金)より、「キットカット ショコラトリー」の店舗にて数量限定で発売されるほか、2月1日(木)からは「サブリム ルビー」に「ビター」「ミルク」「ホワイト」がアソートされた「キットカット ショコラトリー サブリム バレンタインアソート」が発売される。

商品の詳細は↓
http://p.nestle.jp/sublime_ruby


日刊エンタメクリップの記事をシェアする

日刊エンタメクリップをフォローする