広瀬すず 生田斗真とのキスシーンの前にカレーを食べる

10月28日、少女コミックを代表する純愛名作コミックとして広く親しまれ、累計発行部数600万部の『先生!』を実写映画化した『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の初日舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われ、生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、三木孝浩監督が登壇した。

生田斗真さんは「いよいよ『先生! 、、、好きになってもいいですか?』が公開初日を迎えました。本当にたくさんの方々に届けばいいなと思っておりますし、必ず届くと信じております。」と挨拶。

広瀬すずさんは「初日から足を運んでいただきありがとうございます。もう公開なんだなと思って、少し寂しい気持ちもあるんですが、これからたくさんの方に愛される作品になったらいいなと思います。」と語っていた。

劇中でも印象的だった、響の「未来で“後悔”したくないから。今は一番好きな人を好きでいたい」と伊藤先生への想いを叫ぶシーンにかけ、キャスト陣らが“公開”日に、“後悔”しないよう、『今だから言える、初めての告白』を暴露するという企画が行われると、広瀬すずさんは「もしかしたら気づいてるかなと思ってたんですけど、屋上のシーンでウエディングドレスがヒラヒラしながら近づくじゃないですか、そのカットだけを残して、お昼ごはんに入ったんです・・・。“カレー食べました”。歯は磨きましたよ。お昼ごはんが2種類くらいあって、生田さんにどっちを食べると聞かれて、“カレー食べます”と普通に言って控室に戻ったら、マネージャーさんに廊下に呼び出されて“本当にカレー食べるの?”と聞かれて、“あっ!(キスシーンが有る時には)こういうことを考えなきゃいけないんだ”と思って、もしかしたら気づいてたかもしれないけど、直接は言ってなかったので、今かなと思って・・・。」と告白。

すると生田斗真さんは「全然気づかなかったです。」と語ると、広瀬すずさんは「あぁ良かった!」と一安心。

ちなみに生田斗真さんはカレーじゃない方を食べて広瀬すずさんとのキスシーンに挑んだとのこと。

また、生田斗真さんも告白し、「そうなんです。目が悪い。本当に目が悪いです。伊藤先生は眼鏡をかけてる役ですけど、視力0.06くらいしかないんですよ。コンタクト外したら広瀬すずか広瀬アリスか分かんない。」と話すと会場内は大爆笑。すかさず広瀬すずさんは「妹の方です。」と語り、和やかな舞台挨拶となった。

最後に、広瀬すずさんは「先生聞きたいことがあるんです」と語ると、広瀬すずさんと観客で「好きになってもいいですか?」と伊藤先生役と生田斗真さんに対してサプライズ告白!

生田斗真先生は「いいよ!」と返答し、客席から歓声が会場内に響き渡っていた。

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は新宿ピカデリー他にて公開中!


©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました