魔界人アイドル 椎名ぴかりん ソウ愛を語り尽くす

スポンサーリンク

10月28日、逃げ場のない究極の状況設定、恐ろしくも哲学的な“連続ゲーム殺人”、そしてぎょうてんのクライマックスと、エンタテイメント映画の概念を覆す映画史に残る“ソリッド・シチュエーション・スリラーの最高峰映画『ゾウ』の新章『ジグソウ:ソウ・レガシー』の公開記念オールナイト上映イベント「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開記念!朝まで同“ソウ”会!」が東京国際映画祭にて開催され、魔界人アイドルの椎名ぴかりんが登場した。

椎名ぴかりんは「ソウというか、ジグソウがすごく好きです。ありがたきです。」と独特の魔界人言葉で挨拶。

この日は“ソウ”をイメージした衣装で登場、「魔界の衣装で使わせて頂いてるんですけど、酸素マスクもこれからのファッションで使って行きたいなと思ってます。」とコメント。

どれだけ「ソウ」が好きなのか質問されると、「ソウですね。幼き頃からソウは父上が好きで観てたんですけど、小さい頃観ると怖いと思うんですけど、今、成人してから観て、怖いだけじゃなくて、怖いの苦手な人でも観れるものだなと、すごく奥深いものだなと思いましたね。怖いよりも先に違う感情が支配してくれます。」と、ソウを熱く語っていた。

また、椎名ぴかりんは「ソウのグロいと思われてるシーンは、言ってみれば愛だと思うんですよね。特に前作の方とかは・・・。歪んでる愛情に近いかなと思います。二十歳超えて観ると楽しいですね。グロさが笑っちゃうし、1人で全然観れます。」と魔界アイドル全開トークで映画ファンを支配していた。

最後に椎名ぴかりんは「ぴかりんはちなみに最前列で観たんですけど、是非最前列で観てジョンの性癖を味わって欲しいなと思います。

映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』は11/10(金)よりTOHOシネマズ六本木ほか全国ロードショー

タイトルとURLをコピーしました