広瀬すず 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』のスペシャルイベントで女子高生から「カワイイ!」の声が続出!

10月9日、映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』恋愛応援スペシャル試写会イベントが都内で行われ、広瀬すず・竜星涼・森川葵・健太郎の4人が制服姿で登壇した。

4人が登場すると、集まった女子高生から黄色い声援の嵐。

本作は累計発行部数570万部突破の大ヒットコミック「先生!」を実写映画化した作品。

広瀬すずさんは「響役をさせて頂いた広瀬すずです。」と挨拶をすると、会場内から「カワイイ!」の声が続出。

客席の観客は女子高生だけということで「ドキドキしてます!」と語ると、続けて「高校を卒業して制服姿で初めて出るので、そのドキドキも有りつつ、(高校時代は)こんなに元気だったかな?と思って・・・。割とスンてしてました。いいですね、女子高生って・・・。」となんだか女子高生に戻りたくなった様子。

竜星涼さんは女子高生の前で「みんなキラキラしててそのパワーをもらって、恋ももうちょっと潤えばいいかなと思ってます。」と語ると、映画の撮影を振り返り「本当に和気あいあいとしてて、みんな楽しく演じてました。(空き時間は)いろんな話をしてたよね! 恋愛の話もしなかった? そういうイメージがすごくあるんですけど、みんな覚えてないんですよ。」と語ると、広瀬すずさんは「夢じゃない?」とツッコミ。それぐらい撮影期間中は和気あいあいとしていたようだ。

森川葵さんは「この作品の制服を久々に着れて、なんとなく気持ちがちーちゃんに戻ってきてます。」と明かすと、劇中では重要なセリフがあることについて「あのシーンは響の背中を押さなきゃいけない、愛に生きなさいていう、お母さん的な目線で言うセリフだったので、やっぱり“響、ちゃんと自分の気持ち伝えない”って背中を押すように伝えたつもりです。」と話す。

健太郎さんは「たくさんの女子高生の皆さんとご一緒することはあまりないのですごく嬉しいなと思ってます。(劇中では)他校だったので、学校のシーンはあまりなくて、学生のみなさんとあまり触れあって来なかったので、すごくワクワクしてます。」と語ると、高校生としてここは負けないと思ったことについて「先生より近い距離で、しかも弓道部ですし、弓道はすごく精神力を使うスポーツなので、それで響の精神が揺れてるなと思ったら、近くでフォロー出来たりするので、そこは一番の強みだったんじゃないかなと思います。」と語っていた。

一番キュンとしたシーンについて広瀬すずさんは「いっぱいあるなぁ・・・。」と考えつつ、「辞書ポン!ですね。」とコメント。「そのシーンの時はキュンとしました。」と、彼氏に辞書でポンとされることに憧れる女子高生が続出しそうだ。

最後に広瀬すずさんは「好きな人というのがこの作品のテーマになってるんですけど、自分がここまでまっすぐに純粋な気持ちで走れるものは、10代のこの瞬間しかないものだと思うので、勇気が無いかもしれないけど、好きな人だったら、一歩背中を押して貰えるような作品になったらいいなと思いますし、人を想うことの素晴らしさというか、素敵な心は忘れないで欲しいなと私は響を演じて思います。公開日に観に来てください!」とアピールしていた。

映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』は10月28日(土) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー!

©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました