船岡咲&若林倫香が本気で笑わせる人気舞台とは?

9月24日、アリスインプロジェクトの旗揚公演にして人気NO1舞台『アリスインデッドリースクール』の記者発表会が都内で行われた。

本作はアリスインプロジェクトの人気舞台を映画・アニメ・コミックなどメディアミックス展開する新コンセプト「アリスイン・プログレス」の第一弾。

演出を劇団6番シードの松本陽一が担当し、キャストには船岡咲、若林倫香ら若手女優陣が出演。同時に制作される映画「アリスインデッドリースクール・アジタート」とも連動する。

百村信子役の船岡咲さんは「女の子ばかりの舞台がすごく久しぶりで、他の舞台だと男性(の俳優)が出演していたり、殺陣があったり、迫力がすごくあるような作品も多いんですけど、この『アリスインデッドリースクール』は、また違った迫力や強さみたいなものがあって、ものすごく稽古が楽しいし、毎回クタクタになって帰るほど、エネルギーの消費が半端なくて、でもそれは私だけではなくて、他のキャストみんなも同じで、感情やセリフだけじゃなくて、いろんなものがぶつかり合ったものすごく熱い稽古場で、これが舞台になると思うと、今からやばいんじゃないかなと思ってます。あと漫才は本気で笑いを取りに行きます。」と意気込む。

墨尾優役の若林倫香さんは「今回、お芝居がベテランなキャストがいっぱいいて、すごく心強いです。今回ボケの役で漫才シーンをより本格的に作っているので、頑張りたいなと思います。」とコメント。

青池和磨役の中塚智実さんは「アリスインデッドリースクールは初演に関わらせて頂いてて、7年後に同じ役を演じるって、年齢も重ねた分、もっといろんなものを観せなきゃなと思います。7年前には出来なかった芝居のやり方だとかもあると思うので、個人的には集大成というか、そんな(成長した)姿を観せられたらなと思っております。」と話していた。

また、高森朝代役の栗生みなさんは「女の子のはかなげなさとか、心の繊細さをどんどん作って行けたらいいなと思っていますし、高森朝代役が今までに一番だと言われるような、それぐらい愛を持って育ててますし、この作品が一番だったと思ってくれるようにみんなで作り上げていきたいと思います。」と語っていた。

竹内珠子役の遠藤瑠香さんは「3年連続で珠子さんをやらせて頂けるので、まさかまた珠子を演じると自分の中でも思ってなくて、“デッドリー”という作品は重たい作品ではあるんですけど、その中で女の子たちがどれだけもがいて苦しんで、なおかつ生きていく楽しさだったり、夢だったりとかを一生懸命伝えている作品で、その中で珠子として、一生懸命ちょっと大人な女性としてみんなに希望を与えられるように頑張っていきたいと思います。」と語った。

舞台「アリスインデッドリースクール」は10月9日(月)まで新宿村LIVEにて開催。

舞台情報

舞台「アリスインデッドリースクール」

日程:2017年10月4日(水)~ 9日(月)

10月
4日(水)19:00
5日(木)19:00
6日(金)14:00 / 19:00
7日(土)13:00 / 18:00
8日(日)13:00 / 18:00
9日(月・祝)12:00 / 17:00
※全10公演 ※ロビー開場・物販開始は60分前 ※客席開場は30分前

劇場:新宿村LIVE(225席)
東京都新宿区北新宿2-1-2 新宿村CENTRAL B2

<キャスト>

船岡咲/若林倫香/
中塚智実/舞川みやこ/栗生みな/永吉明日香/大塚愛菜/民本しょうこ/
秋元美咲/持田千妃来/花梨/天音/雛形羽衣/佐藤琴乃/栗野春香/渡辺菜友/月岡鈴

日替わりゲスト
鶴田葵/4日(水)・7日(土)・8日(日) 計5公演計5公演
遠藤瑠⾹/5日(木)・6日(金)・9日(月・祝)計5公演

特別出演・八坂沙織

<ものがたり>

墨尾ユウは、相方の百村信子と屋上で今日も漫才の練習中。
ユウの幼馴染で生徒会長の青池和磨は、いつまでも遊んでばかりのユウを心配する。
そんなある日、世界中で死体が動きはじめる……「あいつら、笑い声に反応するんだ」
「生きてるのがうらやましいんだろ」「笑っちゃいけないってこと?」
……「死んでる方がマシかもね」
混乱した学校で、安全な屋上へと生徒たちが集まり始める。
体育会系と文科系、優等生に不良、戦う者と守る者。
繰り広げられる、さまざまな人間模様。『あなたは、笑わずに生きられるか?』

舞台の詳細は↓
http://alicein.info/

タイトルとURLをコピーしました