浅川梨奈 主演映画『人狼ゲーム マッドランド』がついに公開! ワクワクとドキドキがいっぱいの舞台挨拶

スポンサーリンク

7月15日、“若手女優・俳優の登竜門” 映画『人狼ゲーム マッドランド』の初日舞台挨拶がシネマート新宿で行われ、浅川梨奈、松永有紗、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華、坂田将吾、綾部真弥監督が登壇した。

本作は監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム”。人呼んで『人狼ゲーム』シリーズの最新作。

主人公の小池萌役を人気アイドルグループ SUPER☆GiRLSのメンバーで、“1000年に一度の童顔巨乳”と言われてグラビアをも席巻している浅川梨奈(あさかわ なな)さんが務めている。

初日を迎え、浅川梨奈さんは「人狼ゲームシリーズの第6弾ということで、歴代いろんな方々が主演を務められてきたりだとか、出演してきた作品に、第6弾の主演として参加出来て、携わることが出来てることが本当に嬉しいですし、初日にたくさんの方に来て頂けるというのはものすごく嬉しいですし、長編映画初主演ということで、正直不安だったりもあったんですけど、来て下さる皆さんの顔を見るとすごくホッとしてます。何度も観て頂いて、いろんな楽しみ方をして頂ける映画になればいいなという風に、今はワクワクとドキドキがいっぱいです。」とコメント。

この人狼ゲームシリーズは、桜庭ななみさんや土屋太鳳さん、高月彩良さんや小島梨里杏さん、古畑星夏さんが主演を務めており、浅川梨奈さんは古畑星夏さんが主演を務めた作品が強く印象に残っているそうで「まさか、次の年に自分がという思いもありましたし、先日、(人狼ゲームに出演経験がある)森川葵ちゃんと一緒になった時に、人狼ゲームの撮影現場の雰囲気だったり、人狼ゲームの作品がどういう風に作られていくのかお話を聞けたりしたので、良いタイミングでいろんな方の意見だったりとか、いろんな方の演技を吸収して、すごく勉強になったなと思います。すごく刺激にもなりました。」と、人狼ゲームの作品に携わることでさらに女優としての演技力に幅が広がったようだ。

綾部真弥監督は「実は第4弾から5弾。6弾と同じ場所で撮影してるんですが、少しずつマイナーチェンジしながら投票の場所を変えたり、撮影方法についてはいろいろと工夫してやってます。(浅川梨奈さんは)とにかく彼女は明るい子だったので、話してみて、底抜けに明るく見えて、でも実はすごく寂しがりやだったりとか、非常に繊細な部分があったりと、その部分が上手く彼女の役に合うといいなと、生身の浅川梨奈が役として出てくるといいなと、そこを期待していろいろと話しをしました。」と話していた。

また、共演した松永有紗さんは「映画では心が開いてグッと距離が、縮まるというのがあるんですけど、そういう風な感じで、撮影している最中は、お泊りの時、部屋も一緒だったので、撮影しながら最後にはギュッと距離が縮まりました。」と、浅川梨奈さんは松永有紗さんともより一層仲良しになった様子。

最後に浅川梨奈さんは「本気で生きたい、本気で死にたくない、生きたいと思いながら必死に作りあげたこの作品を本当にたくさんの方に観て頂きたいなと思いますし、何通りの楽しみ方も出来ると思います。何より観て下さる皆様がいてこその映画作品だと思っておりますので、皆様からの意見が本当に重要になってきますので、Twitterやってる方はハッシュタグ #人狼ゲーム マッドランド でネタバレしない程度に感想などをつぶやいて頂ければエゴサさせて頂きますので、皆様からの感想を糧に私たちも『人狼ゲーム マッドランド』を愛していきたいなと思いますし、皆様に愛されるそんな作品になって行けばいいなと思います。」と語りました。

この作品では投票のシーンがほぼ台本無し 10人の若手女優・俳優が演じている。

それぞれのキャストに注目して彼女・彼らの演技力を観て欲しい。

映画『人狼ゲーム マッドランド』はシネマート新宿・シネマート心斎橋にて公開中!


©2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会

浅川梨奈 主演映画『人狼ゲーム マッドランド』、投票シーンはほぼ台本無しの演技!

映画『人狼ゲーム マッドランド』公式サイト
http://jinro-game.net/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク