MAG!C☆PRINCE 初の東京ワンマンで10月18日に新曲リリース決定を発表&大城光は父親からの手紙に感激の涙!

7月8日、5人組男性アイドルグループ MAG!C☆PRINCE(マジック・プリンス)の初の東京ワンマンライブがZepp Tokyoで行われた。

MAG!C☆PRINCE(マジック・プリンス)はワタナベエンターテインメントに所属する 西岡健吾、平野泰新、大城光、永田薫、阿部周平からなる5人組イケメンアイドルグループ。

普段は東海地区を拠点に活動を行っており、今回のZepp Tokyoでの公演が初の東京ワンマンライブとなった。

会場後方までぎっしりと集まったサイリュームを持って応援する超満員のチアーズ(マジプリのファンのこと)の前にマジプリが登場。「キミレボ」「キミラブ」「Spin the Sky」と3曲続けて披露するとアクロバットも披露され、チアーズの大きな歓声が会場内に響き渡っていた。

MCでは、リーダーの平野泰新が改めてカッコいいアクロバットを見せチアーズのハートを掴むと、「Wake up Calling」「GloryWorld」と披露。

するとマジプリの弟分グループ 九星隊(ナインスターズ)が登場。九星隊は九州を拠点に活動するアイドルグループで5月に結成されたばかり、先日の九州での豪雨被害にも心を痛めており、マジプリと九星隊は今回のライブの売り上げの一部を義捐金として寄付することを決めている。

九星隊が華麗なダンスパフォーマンスを見せると、新衣装に着替えたマジプリがステージに登場。

カッコ良い衣装に西岡健吾は「今までに無い形なんです。ちょっと欅坂みたいじゃないですか?」と、アイドルグループ欅坂46を意識したような衣装に、ひときわ歓声が響き渡っていた。

この日はマジプリと九星隊で「Hello Hello」を披露。9人揃ったパフォーマンスにチアーズはステージに釘付けに。

再びマジプリのパートに戻ると思い出のデビュー曲「絶対☆アイシテル!」を披露。

そして「愛しくて 切なくて 抱きしめたくて」「一通LOVE」「Compass」と聞かせる曲をメドレーで披露する。

歌い終えると、HAPPY NEWSとして、10月18日(水)にMAG!C☆PRINCE 5枚目のシングルで初の両A面シングル「YUME no MELODY / Dreamland」(読み:ユメノメロディー / ドリームランド)を発売することを発表。

「YUME no MELODY」は人気クリエイター・ヒロイズムが作詞・作曲を担当。そして「Dreamland」は渡辺拓也が作詞・作曲を担当。この日、早速「Dreamland」を初披露し、素敵な楽曲に大きな歓声が会場内に響き渡っていた。

ライブ中盤には、7月4日が大城光の誕生日という事で、生誕祭が行われ、顔写真をあしらったバースデーケーキが登場しチアーズがバースデーソングを歌い祝福。

さらにD-BOYSの荒木宏文がサプライズで登場。

ある人からの手紙を持って来たという事で、荒木宏文はその手紙を代読。


光へ

やったね! 誕生日。

光が生まれてからの22年間。

仕事ばかりであまり一緒に何かをやった記憶は無いけれど

芸能界という厳しい世界で弱音を吐くこともなく、いつも前向きで自分の夢を突き通してここまでやって来たことを誇りに思う。

これからが頑張り所でもあるし、ゼロからのスタートだと思って、ファンやスタッフの心を動かすぐらいの勢いで突き進んで、自分たちの思う存分発揮してくれれば言う事無し。

頑張ってくれ。

マジプリメンバーのみんなへ

光は頑固で負けず嫌いで頑張り屋な性格です。

みんなに迷惑をかけることも有ると思いますが、これからも光をよろしくお願いします。

追伸

いくら父ちゃんがカッコいいからと言って、ラジオ等であまりベラベラ喋らないでくれ

親は親 光は光

人生楽しくやっていこう!

父ちゃんより


すると大城光は涙を流し感激。

大城光は「お父さんに手紙をもらったことが生まれてから無いんですよ。文字を書くのさえ嫌いな人なので、手紙を書いてくれるということが僕にとってはとてつもないことなんですよ。両親に迷惑をかけたこともあって、ずっとこの(芸能の)仕事をやりたいと言ってオーディションを受けていても、(中学生の時に)“高校だけは行っとけ”とお父さんが言ってくれたんですよ。(高校に)行ったら行ったで夢に繋がることがすごくたくさんありました。勉強も今ではすごく役立ってるから、お父さんのおかげです。」と父親に感謝。

荒木宏文は「この手紙のすごさは光が一番知ってると思うし、それを書いてあげようと思わせるぐらいのことを、マジプリをここまで育ててくれたスタッフのみんなが動いてくれたから、お父さんが東京一発目のマジプリのライブという大きな記念日の為に書いてくれたというのは、マジプリのメンバーだけじゃなくて、ここまで東京でもライブが出来るように育ててくれたファンの皆さんがいて、舞台裏で動いてくれてるスタッフの皆さんがいて、たくさんの愛に包まれてここまでこれたと思います。一つ年を取って、より大人になって大きなことが出来るリスタートのタイミングだと思うので、これからの光の活躍を僕自身も楽しみにしてます。皆さんも応援よろしくお願いします。」と話すと、荒木宏文は「手紙持っては踊れないから楽屋置いておくね」と、粋な言葉をかけて生誕祭を無事終えた。

写真で大城光の父親を見た西岡健吾は「元ヤンぽいけど良い人そう!」と一言喋り、会場内に笑いを誘っていた。

そして、ライブ終盤には「Clap your hands」「Over The Rainbow」を披露し、マジプリとチアーズの心が一つになって本編が終了した。

アンコールでは「Spin the Sky」を披露すると、再び新曲「Dream Land」を披露。

なんと、ワタナベエンターテインメントの男性アイドルグループはスマホでの撮影がOK!

新曲「Dream Land」のみだったが、撮影が許されると、チアーズはスマホを思い思いに持ちメンバーを撮影。

西岡健吾は「みなさんTwitterに載っけてくださいね」と呼び掛けており、スマホで撮ったライブ写真はSNSでの拡散もOKだ。

最後に平野泰新は「僕たちが頑張ってる姿を皆さんに見てもらって、その姿を見て、私も頑張ろう、僕も頑張ろうと思ってもらえたら、それが一番いいんじゃないかなと僕は思います。これからも皆さまの夢だったり、目標とかの糧になれる存在として生きて行きたいなと思っておりますので僕たちMAG!C☆PRINCEの応援をよろしくお願いします。」と話していた。

最後にもう一度「キミラブ」を披露し、マジプリ初の東京ワンマンライブを終えた。

MAG!C☆PRINCE(マジック・プリンス)が今後どんな成長を見せていくのか、どんな活躍をしていくのか、その過程を目撃して欲しい。

MAG!C☆PRINCE 5th Single「YUME no MELODY / Dreamland」が10月18日発売ということで、7月22日(土)からリリイベがスタートする。

そのほか、イベントの詳細は決まり次第アップデートされるので、マジプリの公式サイトをチェックしておこう!

MAG!C☆PRINCE MAG!C☆PRINCE MAG!C☆PRINCE MAG!C☆PRINCE 大城光 九星隊 MAG!C☆PRINCE MAG!C☆PRINCE MAG!C☆PRINCE&九星隊

リリースイベント

7月22日(土)愛知・東別院ホール
7月23日(日)愛知・イオンモール長久手4Fイオンホール
7月29日(土)愛知・近鉄パッセ屋上
7月30日(日)愛知・近鉄パッセ屋上
8月5日 (土)愛知・イオンモール岡崎 1F セントラルコート
8月6日 (日)三重・イオンモール鈴鹿 2F イオンホール
8月12日(土)愛知・イオンモール木曽川 1F ノースコート
10月22日(日)西岡健吾、阿部周平 祝20歳 W生誕祭(詳細は後日発表!)

以降のスケジュール等、詳細はオフィシャルサイト http://www.magipri.nagoya/ をご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました