岡本夏美 大人の力を借りずに突っ走っていく麻雀界のカリスマ 二階堂亜樹に共感!

“卓上の舞姫”の名を持つ麻雀界のカリスマ 二階堂亜樹の自伝コミック「aki」を実写映画化した『女流闘牌伝 aki-アキ-』がついに公開された。

本作の主演を務めるのが女優 岡本夏美。ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルとしても活躍する傍ら、数々のドラマや映画に出演し、女優として着実に演技力を磨いている。

岡本夏美は麻雀を題材にした『咲 -Saki』にも出演していたのだが、『女流闘牌伝 aki-アキ-』では主人公に大抜擢。

日刊エンタメクリップ取材班は、岡本夏美への単独取材を行った。

岡本夏美

■映画「女流闘牌伝 aki-アキ-」の出演が決まった時の事について教えて下さい

岡本夏美:原作の漫画があって、二階堂亜樹さんも現実にいらっしゃる中で、(監督に)役作りについて質問した時に、岡本夏美がアキを演じたらどうなるかという面白味があるので、そこは意識せず、私が素直にアキとして生きてて下さいという話だったので、すごくそれに心を惹かれました。台本を読んで、二階堂亜樹ちゃんの壮絶な人生の中でいろんな大人と出会って、考え方が変わったり、心情が変わったりというすごく人間らしい子で演じるのが楽しみでした。「咲-Saki-」の時に初めて麻雀牌を触ったんですけど、同じ麻雀映画だけど180度色味が違って、持ち方もイチから勉強しなおして、ナチュラルな麻雀、リアルな麻雀を今回は描いているので、まったく別モノとして勉強させて頂きました。

■麻雀のイメージってどう思ってましたか?

岡本夏美:大人のゲームなのかな?というのと、自分には距離が有る競技なのかなと思っていたんですけど、今回、短いスパンで2回も麻雀の映画をやらせて頂いて、ご縁だなと思っていて、アプリや練習で(麻雀の)ゲームをやらせて頂いてたんですけど、思った以上にすごく奥が深くて、その人がすごく出るものなんだなと思いましたし、あと結構近い距離で一つの事を4人でやるという作業もなかなか無くて、ちょっと距離が縮まるような感じがしました。

■麻雀のトレーニングをされたそうですが

岡本夏美:家で麻雀牌をずっと触って手に慣れる練習をしたり、牌をツモって切る練習を自然に出来るようにするとか、そういうのをやってました。

■実際に麻雀をやってみてどうでしたか?

岡本夏美:普通にハマっちゃいました。今でもアプリでやったり、麻雀牌も持っているので、4人出来る人がいたらやりたいなと思うぐらいすごく楽しかったです。

■麻雀のルールってわかりやすかったですか?

岡本夏美:覚える事は確かに多いんですけど、覚えたら結構楽しいし、こんなに頭を使うゲームはなかなか無いので、是非、私と一緒にやって頂けたらと思います。

岡本夏美

■原作コミックを読んだ感想を教えて下さい

岡本夏美:アキちゃんの麻雀に対する愛とか強さとか、そういう熱量をすごく感じて、でも可愛らしい一面がたくさんあって、いろいろ表情が変わる子なんだなと漫画を読んで思ったので、そこはそのまま映画に活かせたらなと思い演じました。

■二階堂亜樹さんの少女時代の自伝を元にした作品になってますが、その半生について共感する所は有りますか?

岡本夏美:何かやりたい事に対して、大人の力を借りずに突っ走っていく力というか、そういうものは私のデビュー当時にも有ったなと思いました。

■二階堂亜樹さんに会われた時はいかがでしたか?

岡本夏美:撮影に入る前に試合を見に行かせて頂いて、その時にご挨拶させてもらったんですけど、笑顔が素敵な方だと思いました。本当に優しいオーラもあって、温かいオーラも有るんですけど、でも芯が強くてカッコいい女性だなというイメージを持ちました。

岡本夏美

■演じていて難しかった事は有りますか?

岡本夏美:最初は麻雀がすごく好きでそこで生きていくという決意の元、進んで行って、いろいろ経験していく内に寂しい心情が起きた時に、それをどう表現しようかなという所が難しかったです。

■増田有華さんとの共演はいかがでしたか?

岡本夏美:ライバル役だったんですけど、すごく空気感が私と似ていて、性格もちょっと似ていて、すごく距離が近づくのが速かったです。くだらない話しや好きな映画の話しをしたり、撮影の合間には麻雀のゲームで遊んでいたり、姉貴が出来たような感じでした。

■姉役の中山絵梨奈さんとの共演はいかがでしたか?

岡本夏美:本当に優しくて温かくて、こういったお姉ちゃんがいたらいいなと思う理想のお姉ちゃん像を演じていて、すごく安心してお芝居が出来ました。妹らしさが絵梨奈ちゃんのおかげで出せたなと思います。

■彩輝なおさんとの共演はいかがでしたか?

岡本夏美:カッコいいなと思いました。ちょっと妖艶というか大人の色気をすごく出されていて、女性というカッコよさも有り惚れ惚れしてました。すごく新鮮でお勉強になりました。

■岩松了さんとの共演はいかがでしたか?

岡本夏美:岩松さんが演出された舞台を観に行かせて頂いた事があって、今回共演出来る事がすごく嬉しかったです。岩松さんワールドというか、お芝居の中でも温かさ有り、希望有り、出会いのシーンは転機になるシーンだったので、そういった面ではすごく新鮮に楽しく、ナチュラルに演じさせて頂きました。アドリブの台詞や間とかがあってすごく勉強になりました。

岡本夏美

■どんな方に特に観て欲しいですか?

岡本夏美:麻雀をやっている方は絶対に楽しい作品で、こんなに麻雀にフィーチャーした映画はなかなか無いので、是非観て頂けたらなと思いますし、麻雀を知らない方にも、15歳ならではのキラキラして頃を思い出して貰えると思うし、好きな事に向かって頑張る力を与えてくれる映画だと思うので、多くの方に男女問わず、年齢問わず観て頂けたら嬉しいなと思います。

■1年間で2つの麻雀に関する作品に携わったわけですが、女優として得たものは有りますか?

岡本夏美:麻雀が如何にナチュラルに見えるかという役作りをすごく細かくご指導頂いていたので、前準備の大切さというか、そこをきっちりストイックにやる事で、嘘っぽく見えないのかなと思ったので、それを改めて感じました。

■今後、女優としてどんな役に挑戦してみたいですか?

岡本夏美:高校を卒業して役の幅が広がると思いますので、きっちり大人の女性を演じられるように自分磨きを怠らずに頑張っていけたらなと思います。

■ちなみに好きなケーキの種類は?

岡本夏美:フルーツが乗っていたら嬉しいです。フルーツタルトとか・・・。

■最後にファンにメッセージをお願いします

岡本夏美:この作品でこういう表情が出来るんだなと思って頂けたら嬉しいなと思いますし、応援して下さってる皆さんのおかげで頑張る力になってるので、作品で恩返し出来たらなと思います。

岡本夏美

岡本夏美主演映画「女流闘牌伝 aki-アキ-」は6月3日(土)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて順次公開!

https://youtu.be/qXKOZSjzYJk

映画『女流闘牌伝 aki-アキ-』公式サイト
http://aki-movie.com/

映画『女流闘牌伝 aki-アキ-』ポスタービジュアル ©2017花崎圭司・大崎充/竹書房/『aki』製作委員会
©2017花崎圭司・大崎充/竹書房/『aki』製作委員会


タイトルとURLをコピーしました