松風理咲 映画『トモシビ』で主人公の女子高生・椎名杏子を等身大の演技力で好演!

スポンサーリンク

5月20日(土)より、映画『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』(配給:トモシビパートナーズ)が新宿武蔵野館ほかにて公開される。

本作は1923年(大正12年)から走り続けている銚子電鉄を舞台に、主人公の女子高生・椎名杏子(松風理咲)を中心とする高校生ランナーと銚子電鉄との競争イベントで、電車を支える人々と、電車と共に地元で暮らす人々との交流を描いた爽快な感動作。

日刊エンタメクリップ取材班は、主人公 椎名杏子役を演じた松風理咲さんに直撃取材を行った。

松風理咲
松風理咲

■この作品に出演が決まった時の事を教えて下さい

松風理咲:オーディションの時に台本を読んでる時からすごく楽しくて、この役やってみたいなと思っていたので、オーディションに合格して出演が決まったと聞いた時はすごく嬉しかったです。

■銚子電鉄のロケ地はいかがでしたか?

松風理咲:自然がいっぱい有る所で、私の地元の岐阜とすごく似ているなと思いました。地域の人が繋がっていて、すごく皆さん温かく良い場所だなと思いました。

■一番最初に撮影したシーンの思い出を教えて下さい

松風理咲:走るメンバーと一緒にスタート地点と、ゴール地点になる駅を案内するシーンが最初の撮影シーンでした。一緒にお仕事をさせて頂く方々と話すのもほとんど初めてで、その中で、仲の良い空気を出さなくちゃいけないという事がすごく大変でした。(撮影現場には)年上の方々も多くいらして、その方々が“テンション上げよう”と盛り上げて下さったので、それがすごく嬉しくて楽しかったです。

■どんな役作りをされましたか?

松風理咲:椎名杏子は本当にまっすぐで明るくて、家庭ではちょっと複雑な部分があったので、そこの演技の分け方だったり、高校生ならではの友達との関係だったり、家族とギクシャクしてしまう部分もあったので、そういう所は等身大で考えたりとかしながら演じてました。

■よゐこの有野晋哉さんとの共演はいかがでしたか?

松風理咲:初めて会った時から、たくさん話して下さって、空き時間も一緒にいる場面が多くて、そういう時でも面白い事を言って下さって、私自身も楽しくて緊張がほぐれました。

■お母さん役の富田靖子さんとの共演はいかがでしたか?

松風理咲:撮影の合間にも(母親と子供の関係を)どういう気持ちで演じるのか、たくさん話しながら撮影をした思い出が有ります。

■堀田真由さんや芋生悠さんとの撮影のエピソードを教えて下さい

松風理咲:私と、堀田真由さんと芋生悠さんの3人でずっと話しをしてました。演技をしていく中で、本当に気さくに話す事が出来て、堀田真由さんも目を見てまっすぐに台詞を言って下さるので、私自身も向き合う演技が出来たなと思います。

植田真梨恵(左)・松風理咲(右)
植田真梨恵(左)・松風理咲(右)

■主題歌・劇中歌を唄う植田真梨恵さんの歌唱シーンが有りますが、聞いてみていかがでしたか?

松風理咲:初めて間近で唄って頂いて、CDで聞くのと違って、生で歌声を聞くとストレートに入ってくるというか、歌声を聞く椎名杏子としてもたくさん感じるものがあって、素敵な曲を間近で聞く事が出来て嬉しかったです。

■競争イベントのシーンの見どころを教えて下さい

松風理咲:本当に電車と一緒に走って撮るというシーンだったので、1人1人全力で駆け抜けて行って、それぞれの思いもリレーで運ぶ、タスキを繋ぐのと同時に思いを繋ぐという、そういう所でそれぞれが一生懸命走る中で感じてるものだったりするので、ただの対決だけじゃなくて、1人1人の思いというのを感じて頂けたらいいなと思ってます。

松風理咲
松風理咲

■今後の夢や目標を教えて下さい

松風理咲:女優として演技が上手になりたいという思いがすごく強くあって、今回の作品を演じて行く中でもたくさん学ぶ部分もあって、今後もっともっと改善して行って、もっと成長した時に今回関わって下さったスタッフさんや共演者の方々とお仕事をして、違う一面をいろんな方に見て頂けたら嬉しいなと思います。

■ファンへのメッセージをお願いします

松風理咲:今回の作品を是非観て頂いて、たくさんの人との関わり合いや、それぞれの成長だったり、そういう部分をたくさん観て頂いて欲しいです。是非劇場に行ってみて下さい。

松風理咲
松風理咲

映画『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』は5月20日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショー!

映画『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』公式サイト
http://tomoshibi-choshi.jp/


©2017 トモシビパートナーズ

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク