シンガーソングライター 植田真梨恵、映画『トモシビ』で共演した前野朋哉の役者魂に感激!

スポンサーリンク

5月20日(土)より、映画『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』(配給:トモシビパートナーズ)が新宿武蔵野館ほかにて公開される。

本作は1923年(大正12年)から走り続けている銚子電鉄を舞台に、高校生ランナーと銚子電鉄との競争イベントで、電車を支える人々と、電車と共に地元で暮らす人々との交流を描いた爽快な感動作。

日刊エンタメクリップ取材班は、シンガーソングライターで、銚子を訪れた女性 キミエ役を演じた植田真梨恵さんに直撃取材を行った。

植田真梨恵
植田真梨恵

■この作品に出演が決まった時の事を教えて下さい

植田真梨恵:監督からご縁があって、お話を頂いて、そもそも演技をほとんどした事が無いので、とても驚きました。“ホントに私でいいんですか?”という気持ちで、緊張するなぁ 楽しみだなぁという気持ちが入り混じった気持ちでした。

■銚子電鉄のロケ地はいかがでしたか?

植田真梨恵:海の街に足を運んだのがほとんど初めてで、銚子電鉄そのものの存在感がすごくレトロで素敵で、目に楽しくて、良い街だなと思いました。

■一番最初に撮影したシーンの思い出を教えて下さい

植田真梨恵:駅伝のシーンで、“みんなガンバレ”と応援している時に、主人公の杏子(松風理咲)ちゃんからネックレスを貰う意味深なシーンからの撮影でした。

■どんな役作りをされましたか?

植田真梨恵:キミエも歌を唄う人なので、私自身と重なる部分もあったんですが、お芝居をする上で私のようだけど、全然私では無くて、傷を抱えて街に流れ着く、キミエ自身にも自分が何を考えているのか、心があまり掴めていないような役どころだったので、身を任せるように、ある程度本当に絶望した気持ちで、その日の撮影は挑もうと思いながら演じました。

■現場の雰囲気はいかがでしたか?

植田真梨恵:合宿のような形で、空き時間も民宿の中でずっとお話していました。皆さん面白い方ばかりで、温かくて、私もすごく緊張してたんですけど、良い意味で思い描いていた緊張感では無かったというか、本当に優しく穏やかに迎えてくださったので、街全体の雰囲気と相まって、今もずっと思い出のように残っていますね。とても温かい雰囲気でした。

■富田靖子さんとの共演はいかがでしたか?

植田真梨恵:食事をするシーンから富田さんとお会いするんですけど、途中演技の中で目が合うシーンがあって、背筋が伸びる感じというか、“女優さんはすごいな”と、憧れと尊敬を持った瞬間でした。

■前野朋哉さんとの共演シーンはいかがでしたか?

植田真梨恵:面白かったです。本当にずっと笑わせて頂いて、いっぱいリードして頂いて、私は前野さんを海へ投げ飛ばしてしまうシーンが有るんですけど、身を任せていただけで、私が嫌がったような演技をしたら、前野さんが自ら飛んで行って下さったので、素晴らしいタイミングで、さすが役者魂だと感じてました。

■主題歌の「灯」の曲紹介をお願いします

植田真梨恵:最初に監督さんとお話させていただいたんですけど、電車が大きなモチーフになっているので、淡々と過ぎて行くような中で、その中に有るいろんな思いみたいなものが絡まるようなイメージで曲を制作させて頂きました。

■劇中歌の「まわりくるもの」の曲紹介をお願いします

植田真梨恵:私の5枚目のシングル『ふれたら消えてしまう』に入ってるカップリング曲で、監督がライブを見に来て下さった時に私が唄っていて、それを聞いて下さった監督が“あの曲は映画の内容とも合っていて、映画の為に作った曲みたいだね。是非劇の中で唄って下さい。」と言って下さって、全身全霊で唄いました。

■競争イベントのシーンの見どころを教えて下さい

植田真梨恵:撮影している間も私の自分の目で生で見てはいたんですけど、高校生の白い体操服姿が本当に美しくて、スクリーンで観た時に、日本の綺麗な風景の中に白い体操服が溶け込んでいて、はっとしましたね。すごく新鮮な気持ちになりました。まっすぐ前を見て走るみんなの姿に心が打たれるシーンだなと思います。

植田真梨恵
植田真梨恵

■今後の目標を教えてください

植田真梨恵:私はずっと歌手になる事を目指していて、その夢を今もずっと追い続けている中で、今回、映画のお話を頂き、劇中で歌も唄わせて頂いて、温かい映画で、貴重な経験でした。タイミングとか巡り合わせとか、そういうものを感じずにもいられなかった作品でもありました。これからもタイミングやご縁や、何か新しいきっかけを逃さずに前進して行けたらいいなと思っています。

■ファンへのメッセージをお願いします

植田真梨恵:観るだけで心が洗われるような風景と、遠く忘れていたような夢とか、何か成す事とか、そういう事を思い出させてもらえる映画です。リフレッシュにもなります。是非劇場に足を運んで頂けたらと思います。

植田真梨恵(左)・松風理咲(右)
植田真梨恵(左)・松風理咲(右)

映画『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』は5月20日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショー!

映画『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』公式サイト
http://tomoshibi-choshi.jp/


©2017 トモシビパートナーズ

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク