前島亜美 アイドルグループ卒業後の進路は?

スポンサーリンク

3月31日、アイドルグループ SUPER☆GiRLSの前島亜美さんの卒業ライブ「前島亜美 ~Graduation☆Ceremony~」がEX THEATER ROPPONGIにて行われた。

会場の外は前島亜美さんのグループ卒業を悲しむように空から雨が降り続ける中、ライブ前には報道陣を迎えての囲み取材が行われた。

冒頭、前島亜美さんは「私はこの度、3月31日をもちましてSUPER☆GiRLSを卒業する事になりました。2010年の6月から約7年アイドルとして活動してきたんですけれども、この7年は私にとって人生のほとんどで青春の全てだったなと思っております。卒業に至った経緯なんですけども、7年間アイドルとして活動して来た中で、SUPER☆GiRLSの中で見て来た世界と、個人として活動して来た中で見た新しい世界が有りまして、自分はスパガ(の活動)で学んだ事を通して、また新しい世界で新たな道で頑張って行きたいなという決断を二十歳を前にしてさせて頂く事になりました。」と卒業に至るまでの経緯を話しました。

SUPER☆GiRLSの7年間の活動を振り返り、「最初は12歳だった私が最年少だったんですけど、今や新しいメンバーを迎えて、14人になって、まさか私がリーダーになる日が来るとは思ってなかったので、振り返ると本当に思い出はいっぱいあるんですけど、すごく良い経験をさせて頂いたなと思ってます。」とコメント。

卒業は10代のうちにしようと決めていたのか質問されると「特にタイムリミットというか、決めてたわけでは無いんですけど、新しくなっていくグループと自分の将来を見つめた時に今がちょうどいいタイミングかなと思って決断しました。」と明かすと、「自分の中で大きくポイントになったのは、昨年リーダーになった時かなと思いまして、リーダーになっていろんな目線からグループを見た時に決断をする事にしました。」と話していた。

また、メンバーとの卒業について話し合ったのか聞かれると「今回、ライブなどでは無く、オフィシャルホームページで3月の頭に発表させて頂いたんですけど、やっぱり卒業するにあたってメンバーともたくさん話し合って来たので、最終的には背中を押して貰いました。」と、メンバーとたくさん話し合った事と、メンバーの理解を得ての卒業発表になったそうだ。

スパガの活動で一番印象深かった事を聞かれると「本当にいろいろあるんですけど、みんなで初めて立った武道館公演の時はすごく感動しましたし、その年は何かとみんなで協力していろんな活動をしたので、あの年はすごく思い出に残ってます。」と2013年に行われた日本武道館公演をあげていた。

リーダーとなった最後の1年について「私がリーダーになった時に同時に2人のメンバーが卒業して、5人の新メンバーが入ってきてすごく、イチから作り直して行く作業というのが多くて、大変な事も多かったんですけど、本当に勉強になる事ばかりで、私がスパガへの愛と言うのを、メンバーを代表して皆さんに発信して行くという機会もすごく多く、自分にとってこのグループは大切なものなんだなと日々実感しながらリーダーとしてやらせて頂いてました。」と、スパガのリーダーとしての活動を振り返っていた。

グループ卒業後のスパガはどのようになって欲しいか聞かれると「私にとってもこのグループが特別なので、残っていくメンバーもそうですし、一緒にずっと7年やってきた一期のメンバーの努力が報われて、みんなが楽しいなと思えるような幸せな時間をこのグループで過ごしてもらえたら嬉しいなと思いますし、素直に心からグループの飛躍を応援してます。」と語っていた。

そして、前島亜美さん自身は卒業後はどうされるのか質問されると「7年間活動してきて、今年二十歳になるんですけど、10代の全てをアイドル活動に注いで来たので、1度ゆっくりした時間を過ごした後、もう1度考えたいなというものはあるんですけど、グループ活動をしてる中で、演劇というものにもすごく力を入れて来たので、今後はそちらの方でも頑張りたいなという風に思っております。」と語ると、「アイドル活動を通して本当にいろんなジャンルのお仕事をさせて頂いて、どれもすごく楽しかったなと私も思っていますし、演劇をやっていきたいというのも1つはあるんですけど、最近アプリゲームの声優をやらせて頂いたり、いろんなチャレンジもさせて頂いてるので、これって絞らず頑張って行きたいなと思ってます。」とコメント。

アイドル卒業=恋愛解禁という事で、恋愛についての質問になると「二十歳になるので取り戻して行けたら・・・。」と恋愛の話題は上手くかわし、理想の男性のタイプを聞かれると「全くイメージが無くて、ずっと恋愛とは疎遠な所にいたので、恋愛小説や恋愛映画とかいっぱい見て勉強しようと思います。もし、これから先、良い出会いがあるのであれば考えてみようかなと思います。」と無難に答えていた。

囲み取材の最後には「SUPER☆GiRLSとして約7年活動して来ました。あみたとして応援して下さった皆さん本当にありがとうございました。アイドルとして活動して来た7年、本当に楽しい事ばかりで幸せな日々でした。これからは1人の人として、前島亜美として、また皆さんと出会えますように頑張って行きますので、応援の程、よろしくお願いします。私にとってSUPER☆GiRLSは本当に10代の全てで有り青春の全てだったので、これからも大切なグループです。」と語っていた。

その昔、アイドルグループ出身で今では主演やヒロインを経験する女優と言えば、東京パフォーマンスドールのメンバーだった篠原涼子さんや仲間由紀恵さん、ribbonのメンバーだった永作博美さん、桜っ子クラブさくら組のメンバーだった菅野美穂さんや中谷美紀さん、Folder5のメンバーだった満島ひかりさん、Z-1として活動していた上戸彩さんが有名。他には活動期間は短かったが深田恭子さんもHiPというアイドルグループに在籍していたそうだ。

アイドル戦国時代、アイドルから女優へ転身し、主役・ヒロインとして活躍をしているのは、AKB48のメンバーだった前田敦子さんや大島優子さん、川栄李奈さん、そしてRev. from DVLのメンバーだった橋本環奈さんなどがいるが、前島亜美さんもアイドル戦国時代を経験し、アイドルから女優へ転身する人の一人となる。

果たして、SUPER☆GiRLSのメンバーだった前島亜美さんが女優として今後どのように成長して行くのか楽しみにしておこう。

尚、前島亜美さんのアイドルグループ卒業後の最初の女優としてのお仕事は、2017年夏に東京・サンシャイン劇場と大阪・森ノ宮ピロティホールで行われる舞台「煉獄に笑う」への出演が決まっている。

前島亜美 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/sg-amita/

前島亜美 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/MAESHIMAAMI_ave

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク