映画『咲-Saki-』が公開! 浜辺美波・浅川梨奈・古畑星夏・山田杏奈・岡本夏美・長澤茉里奈が集結!

2月4日、映画『咲-Saki-』公開記念舞台挨拶がTOHO シネマズ日本橋で行われ、浜辺美波・浅川梨奈・古畑星夏・山田杏奈・岡本夏美・長澤茉里奈、小沼雄一監督が登壇した。

本作は麻雀漫画として異例の大ヒットを記録した大人気コミック「咲-Saki-」を映画化した作品。昨年ドラマとして放送されたが本作はドラマの続きとなる作品である。

浜辺美波さんは「すごく今日を迎えられた事が嬉しいです。主演を務めさせて頂ける事はすごく嬉しかったですし、『咲-Saki-』という作品で、麻雀だったり、女子高生がいっぱいだったり、元々の原作が愛されている作品だったのですごく不安が有りました。撮影に入ってからは皆さんに支えられて撮影を楽しく終える事が出来たので良かったなと思います。」

浅川梨奈さんは「そもそもキャラクターや性格が真反対なので、すごく大変だったというか、共通点を探しても探してもなかなか見つからなかったりしたんですけど、作品を撮っていく中で少しずつ周りのキャストのみんなに支えて頂きながら演じられるように精一杯頑張りました。中学生チャンピオン役という事もあったので、何よりも麻雀の手さばきを上手くしないといけないなと心がけていたんですけど、撮影が終わった時に監督から“手さばきだけは一番上手かったよ”と言って頂けて、すごく嬉しかったなと思いました。」

古畑星夏さんは「ドラマとは違った面白い部分がギュッと詰まってる作品になってると思うし、可愛い女の子がたくさん出て来るので、1人・2人タイプの女の子を見つけて帰って頂けたらと思います。こんなけ女の子が集まるとガールズトークが凄すぎるんですよ。女の子がこれだけ集まる事はなかなか無いのでやっぱりガールズトークが楽しかったです。」

山田杏奈さんは「私の実年齢より一つ上の役だったんですけど、みんなの中でも年上感を出さないといけないので、立ち方とか手の振る舞いとかをおやじっぽくなれるように頑張りました。制服も1人1人採寸されてオーダーメイドで作られているので、そこはすごい再現されていると思います。」

岡本夏美さんは「いよいよ映画『咲-Saki-』が走り出しました。皆さんの手元に届いて完成されるものだと思ってるので楽しみにして下さい。みんなで部屋に集まって高校とか関係無く卓に座り麻雀を先生に細かく教えてもらいました。それぞれが役の打ち方を忠実に再現するという所ではみんな努力して練習してました。撮影の合間とかはみんなで麻雀をやってました。」

長澤茉里奈さんは「演技をするというのが全くの初めてだったので、オーディションに受かった時もめっちゃびっくりしたし、初めての撮影もめっちゃ緊張してどうなっちゃうのかと思ったんですけど、撮影現場でもみんな年齢も近くて、すごく仲良くしてくれて、話しかけてくれて和気藹々と撮影を楽しめました。初めての演技が『咲-Saki-』で良かったなと心から思ってます。」とそれぞれコメント。

この日はサイン入りポスタープレゼントも有り、見事ゲットしたファンは大喜び。

最後に浅川梨奈さんは「Twitterとかで皆さんの感想を結構チェックさせて頂いてるんですけど、本当に思っていた倍くらいお褒めの言葉がTwitterに溢れているのがすごく嬉しくて、本当にこの作品に携われた事が嬉しいなと思います。」

浜辺美波さんは「この作品は初主演という事も有り、思い出もとても強くなりましたし、私にとってすごく特別な作品となりました。この映画が皆様にとって特別な作品になってくれたらなと思います。」と話していた。

映画『咲-Saki-』公開記念舞台挨拶より 映画『咲-Saki-』公開記念舞台挨拶より 映画『咲-Saki-』公開記念舞台挨拶より 映画『咲-Saki-』公開記念舞台挨拶より 映画『咲-Saki-』公開記念舞台挨拶より 映画『咲-Saki-』公開記念舞台挨拶より 映画『咲-Saki-』公開記念舞台挨拶より

公式サイト:http://www.saki-project.jp
公式Twitter:https://twitter.com/saki_project

https://youtu.be/dpbQD-K23eI

©小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト

タイトルとURLをコピーしました