古畑星夏 初主演映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』が公開され“本当に周りには感謝!”

1月28日、映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』初日舞台挨拶が新宿武蔵野館で行われ、主演の古畑星夏のほか、佐生雪、平田雄也、溝口恵、前田航基、森高愛、春川芽生、安藤瑠一、鈴木知尋、中村萌、 池田純矢、綾部真弥監督が登壇した。

本作は原作小説&コミカライズがシリーズ累計70万部を突破している人気シリーズ「人狼ゲーム」の第5弾。主演をSeventeen専属モデルで、女優として着実にステップアップしている古畑星夏さんが務めた作品。

初主演となる古畑星夏さんは「初めて初主演をやらさせて頂いて本当に嬉しかったんですけど、作品(の撮影)に入るにあたって、過去の人狼ゲームを観させて頂いた時に、今まで主演を張って来た女優さんのレベルが高くて、ものすごく爆発力もあったので、観てちょっと不安にもなったんですけど、それを超えるくらい頑張ろうと思いました。みんなが癒しの場を作って下さったので、みんながちょっとずつプレッシャーを持ってくれたという感じで、いい感じでみんなが支えてくれて、本当に周りには感謝しなきゃいけないなとすごく思いました。」と初主演の心境をコメント。

池田純矢さんは初主演の古畑星夏さんについて「初めてお会いしたのが、本読みの時だったんですけど、その時から現場に入ってグングン、毎分・毎秒とにかく芝居がどんどん上手くなって行って感動しました。」と、古畑星夏さんの演技力を絶賛。

あまりにも熱演に、池田純矢さんは「(古畑星夏さんと)2人で掴み合いをするシーンがあるんですけど、そこで僕はびっくりしたんですけど、股間に蹴りを食らいまして、そのシーンはカットされていたんですけど、本当にずっと悶絶してました。」と暴露。古畑星夏さんは「その件に関してはごめんなさい。」と謝罪していた。

また、綾部真弥監督は演出するにあたって「(過去の作品と比べて)大きく何かを変えたという事は無いのですが、“こういうカットを撮りたい”とか“こういう風にしたい”という部分と、自由にやらせる所は自由にやったりと、今回起用なメンバーが多かったので、なるべく任せて、簡単に答えを渡さないで、とにかく自分で悩んで来いと、しっかり悩んで自分はどうしたいのかをより優先してやりました。もうちょっと普通にただ強気なというか、強いヒロイン像もあったのですが、彼女(古畑星夏)がやる事によって、なかなかこういうふり幅が強い子なんだと、弱い所と強い所をなるべく優先してやった方が作品としても良くなるなと、ここまで表現力があるんだなという事で助けられました。」と語ると、初主演の古畑星夏さんについて「毎日、セリフを変えたり、ギリギリまでなんとか少しでも良くなるように、いい意味で粘り強く出来たなと、出演者に感謝してます。」と、キャスト陣の日に日に向上する演技力に助けられたようだ。

自分はどの役職が向いてるのか質問されると、溝口恵さんは「村人でも殺されたく無いしなと思いつつ、やっぱり人狼がいいです。私グロテスクな事が好きなので・・・。」と意外な一面を明かしていた。

最後に古畑星夏さんは「映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』を観て何か思うものがあれば私たちは本当に嬉しいです。これからたくさんSNSで広めてください。」とアピールしていた。

映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』は新宿武蔵野館にて公開中!

映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』初日舞台挨拶より 映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』初日舞台挨拶より 映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』初日舞台挨拶より 映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』初日舞台挨拶より 映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』初日舞台挨拶より 映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』初日舞台挨拶より

尚、日刊エンタメクリップでは古畑星夏さんの単独インタビュー記事も掲載しているので、こちらもチェックして欲しい。

https://entameclip.com/topics/51690

映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』公式サイト
http://jinro-game.net/

タイトルとURLをコピーしました