門脇佳奈子、fumika、上西恵が舞台をPR! 1月28日には映画『愛MY』も公開!

1月19日、舞台『ディレクターズムービー×神保町花月「愛MY」』の本番前に囲み取材が行われ、門脇佳奈子、fumika、そして19日の公演の特別ゲスト上西恵(NMB48)の3人が登壇した。

この舞台は就活に失敗して親のコネで旅行会社に途中入社したアイ(fumika)と、その1年先輩の麻衣(門脇佳奈子)が上司の不正に立ち向かう物語。特別ゲストの上西恵さんは女子高生役として出演した。

門脇佳奈子さんは「(この舞台は)1月28日から公開される映画『愛MY』のアナザーストーリーとなってます。旅行会社の私(門脇佳奈子)、女性上司と後輩(fumika)のお話です。男性上司からの嫌がらせだったり、いろんな困難があるんですけど、それに2人で力を合わせて立ち向かっていくお話しになってます。」と舞台について紹介。

初日を終えて、門脇佳奈子さんは「ほぼ(演技の)舞台は初めてなので、ちょっとテンパっちゃって、いろいろセリフを飛ばしちゃったりとか失敗続きだったんですけど、でも、出演者の皆さんが助けて下さったりとか、温かい空気の中だったので、しっかりとやり切れました。この舞台は伸びしろを大事にしてる舞台なので、どんどん良くなって来ると思います。」

fumikaさんは「初日は全員緊張してました。なので、いろいろとまだまだ出来るなという所がたくさんあったんですけど、主演の門脇佳奈子ちゃんは初舞台なので、(緊張を)あまり感じさせないぐらい素晴らしい演技をされてたので、こっちも助けられてるなと思いながら、しっかり(演技を)やりたいと思ってます。」と意気込みをコメント。

上西恵さんは「NMB48卒業生 佳奈子の初の主演舞台なので、しっかりと盛り上げられたらいいなと思います。」と語っていた。

その上西恵さんはこの日はセーラー服を着ており、門脇佳奈子さんは「やっぱりNMB48にいる時から黒髪という事も有りますし、一番制服似合ってるメンバーだなと思ってたので、今回ゲストで来ると聞いて、どんな役なんやろと思ってたんですけど、女子高生という事で本当にぴったりです。」と語ると、上西恵さんは「自分でも制服はNMB48の現役じゃないメンバーとかでも、学生じゃないメンバーの中でやったら一番似合うんじゃないかなと思ってるので、佳奈子に褒めてもらって嬉しいです。」とニッコリ。

ちなみに『愛MY~タカラモノと話せるようになった女の子の話~』が1月28日(土)より公開される。こちらは門脇佳奈子さんと上西恵さんらが出演しており、門脇佳奈子さんは「私マイは本当にマイペースで、思った事を何でも言っちゃう、本音を言う事が本当は良い事なんですけど、どんどん悪い方向に行って親友のユウコ(上西恵)とぶつかってしまうお話しです。笑いも有りながら、友情ストーリーでも有り、最後、ちょっと涙も有りという感じなので、是非たくさんの人に観てもらいたいです。」

上西恵さんは「愛MYの映画の魅力の1つがすごく共感出来る部分が多いという事だと思います。この時代、本音を話せない方の方がほとんどだと思いますし、本音を出す事が全てでは無いけど、話す事の大切さをこの映画を観て感じてもらえたらいいなと思います。」とアピールしていた。

舞台『ディレクターズムービー×神保町花月「愛MY」』は1月21日(土)まで、神保町花月で上演。

そして、映画『愛MY~タカラモノと話せるようになった女の子の話~』は1月28日(土)より、イオンシネマ板橋、大阪ステーションシティシネマ他にて全国ロードショーされる。

舞台挨拶もあるので、駆けつけて欲しい。

左から門脇佳奈子、上西恵、fumika 左から門脇佳奈子、上西恵、fumika 門脇佳奈子 上西恵 fumika 左から門脇佳奈子、上西恵、fumika

映画「愛MY ~タカラモノと話せるようになった女の子の話~」公式サイト
http://www.i-my.site/

https://youtu.be/yceUFNaBgxI
©吉本興業

タイトルとURLをコピーしました