仮面女子 2年ぶりのニューシングル『仮面大陸~ペルソニア~/ISUMI~四季彩の街で~』をリリースし圧巻のパフォーマンス!

スポンサーリンク

1月2日、最強地下アイドルの2年ぶりにリリースするニューシングル『仮面大陸~ペルソニア~/ISUMI~四季彩の街で~』の発売日を前日に控え、秋葉原の常設劇場 P.A.R.M.Sにてファンを前にパフォーマンスを行った。

この日は、「仮面大陸~ペルソニア~」「元気種☆」など5曲を披露。

仮面女子のリーダー 桜のどかさんは「『仮面大陸~ペルソニア~』は『元気種☆』のアンサーソング的な感じになっておりまして、2年前は皆さまに元気をお届けしたくて、今回は夢をたくさんお届けしたくて『仮面大陸~ペルソニア~』という曲を歌わせて頂いております。私たちは芸能界から一度は居場所が無くなった落ちこぼれのメンバーで、それでも何とかしてみんなで力を合わせて一生懸命コツコツと自分の居場所を見つけて、仮面女子として命をかける勢いで活動しています。“ペルソニア”は夢の地の造語なんですけど、2つの夢がかかっていて、寝ている時に見る夢は何でも出来たりしますよね。例えば空を飛んだり、何があってもやり直せたり、そして、もう1つは目標とかそう言った私たちの将来の夢、その2つが“ペルソニア”になっていて、私たち仮面女子はその夢に向かってまだまだ走ってる最中です。この夢を叶えるまではまっすぐ突き進んで、世の中の皆さまにたくさんの夢をお届けしたいと思ってるので、是非是非この素敵な曲を1人でも多くの方に届けたいです。」とコメント。

もう1つの楽曲『ISUMI~四季彩の街で~』について、桜のどかさんは「『ISUMI~四季彩の街で~』は千葉県のいすみ市をイメージしたテーマソングになっておりまして、私たち仮面女子は(いすみ市の)萌え大使を務めさせて頂いているので、いすみ市の魅力をふんだんに歌った曲になっています。」と紹介。

仮面女子のセンター、立花あんなさんは「『仮面大陸~ペルソニア~』はすごく夢が詰まった楽曲になっていて、前奏はすごく優しいメロディなんですけど、だんだん聞いて行くと仮面女子らしいロック調だったり、サビはキャッチーでたくさんの人に届く楽曲となっております。」とアピールした。

2017年の目標として、桜のどかさんは「2年前にさいたまスーパーアリーナでワンマンライブをさせて頂いたので、そろそろ大箱でライブがしたいなというのと、年末に紅白に出れたら最高だなと思います。」と夢を語っていた。

2016年は大阪に専用劇場 仮面女子シアターがオープンしたり、仮面女子のメンバーは個々の活動として女優業やグラビア、声優、バラエティ番組への出演で話題を呼んだ。

新年早々、ニューシングル『仮面大陸~ペルソニア~/ISUMI~四季彩の街で~』のリリースで、オリコンランキング上位になる事は確実。

2017年の仮面女子はどんな活躍を見せるのか注目です。

仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子
仮面女子

仮面女子公式サイト
http://www.alice-project.biz/kamenjoshi/

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク