夢みるアドレセンス 荻野可鈴・志田友美・京佳 なかよくソロカレンダーをPR!

11月12日、アイドルグループ 夢みるアドレセンスのメンバーとしても活躍している荻野可鈴・志田友美・京佳がそれぞれ「2017年カレンダー」(トライエックス)発売記念イベントをブックファースト新宿店で行った。

今回のカレンダーは3人とも同じ日に時間交代で撮影が行われ、撮影のエピソードとして荻野可鈴さんは「(撮影が)私が先で友美(志田友美)が後で会うタイミングがあったんですけど、その時に食べたお弁当が美味しかったです。友美が一番最初に(撮影)現場に来てやった事はお弁当を食べた事です。」と、いきなり食いしん坊な所を明かすと、志田友美さんは「その日は雨が降ってたんですけど、ロケするつもりだったんですけど、雨だから止めようかみたいな話になってた時に、ちょうど私が撮るとなった時に(雨が)止んだんです。それが素晴らしいエピソードでした。」と志田友美さんの晴れ女ぶりを語るも、カレンダーの中では外で撮った写真は使われてなかった模様。京佳さんは「表紙の写真は私、雨に濡れながら撮られてます。」と、京佳さんの撮影の時には再び雨が降っていたエピソードを語っていた。

それぞれのカレンダーのコンセプトについて、荻野可鈴さんは「最初用意されていた衣装は、子供っぽい服装が多かったんですけど、今回は大人目で行きたいのでと言って衣装を変えて頂いて、結構大人っぽい衣装にして頂いたので、2017年の荻野は大人っぽくなれるように頑張りたいと思います。」、志田友美さんは「前回(2016年)もソロカレンダーを出させてもらって、2年連続出させてもらったんですけど、前回ははっちゃけ系なカレンダーだったんですけど、今回は背伸びした大人っぽい感じにしようと思って、表情とかも割とクールが多めです。」と、荻野可鈴さんと志田友美さんのカレンダーは大人っぽさを強調。一方、京佳さんは「私は結構普段の自分かなと思うんですけど、お気に入りの水着があって、魚がいる(デザインの)水着があって、それ結構お気に入りで買い取ろうと思ったぐらいなんですけど、自分で(別の)水着を買っちゃったから買い取らなかったんですけど、結局、今年は海もプールも一度も行けずにプライベートでは水着は着てないです。来年もカレンダー出せるように頑張ります。」と、おこずかいに堅実な一面も見せていた。

お気に入りのカットと来年の抱負について、荻野可鈴さんは「部屋着はちょっと女の子らしいけど、ちょっと大人の女性だよみたいな感じにしたくて結構こだわった部屋着だったのでお気に入りです。来年の抱負は今年の自分よりさらに世の中に夢アドというものが知れ渡ったらいいなと思います。」とコメント。

志田友美さんはお気に入りのカットをどれにするか迷っていると、荻野可鈴が選び「広告みたい。服のCMぽい」と話すと、そのカットを見た志田友美さんは「(普段)長いスカートは履かないのですごい新鮮でした。まだ二十歳になってないからいたずらとか何でも許せてもらってるんですけど、二十歳になったらそうもいかないので、ちょっと大人としての自覚を持ちつつ、いたずら心を持っていたずらしようかなと思います。」と、二十歳になっても結局いたずらをする事を予告。

京佳さんは顔アップのカットを選び「結構 顔アップで、顔面を推してるグループなので、顔面がアップのページにしようかなと思って・・・て感じです。」と茶目っ気たっぷりに語ると、「17歳になるので、私の目標は写真集を出したいなと思ってるので、皆さん是非楽しみにしていて下さい。」と、一番年下だけど、しっかりした目標を持っているようだ。

定番の飾って欲しい場所として、京佳さんは「各部屋1枚ずつで、トイレ・寝室・リビング・お風呂・洗面所」と語ると、志田友美さんは「皆さん仕事してるじゃないですか、なので仕事現場とかに置いて欲しいですね。」、荻野可鈴さんは「どこがいいかなぁと思ったんですけど・・・。部屋で一番過ごしてる場所・・・。リビングですかね? リビングでごはんを食べながら私を見て、テレビ見ながら私を見て、呼吸をしながら私を見て、これが無いと2017年始まらないので、是非リビングに置いて下さい。」とアピールしていた。

夢みるアドレセンス公式ウェブサイト
http://yumeado.com/

夢みるアドレセンス 左から荻野可鈴・志田友美・京佳 夢みるアドレセンス 左から荻野可鈴・志田友美・京佳

荻野可鈴荻野可鈴 荻野可鈴 荻野可鈴 荻野可鈴 荻野可鈴

志田友美 志田友美 志田友美 志田友美 志田友美

京佳 京佳 京佳

荻野可鈴 志田友美 京佳

タイトルとURLをコピーしました