杉田二郎 バースデーコンサートにファン集結! 笑福亭鶴瓶も祝福!

11月3日、歌手の杉田二郎さんのコンサート「祝・古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~」が品川プリンスホテル クラブeXで行われた。

杉田二郎さんは前日の11月2日に古希となる70歳の誕生日を迎え、さらにその誕生日当日に記念アルバム「やわらかい心」をリリース。このアルバムは2017年に音楽活動50周年に向けての記念アルバムとなっている。

この日のコンサートで杉田二郎さんは岩井眞一(Gt)、塩入俊哉(Pf)、斎藤順(Ba)、濱田尚哉(Ds)、Saya(Cho)と共にステージに立ち、「バースデーコンサートという事で、タイトルが『ジーンズとハーモニカ』そして『やわらかい心に』と随分前から決めてました。これはギターを下げてあの街・この街、僕は歌いに行って、どの街に行ってもみんな待ってくれてる人がいて、本当に応援してもらって今日まで来たなという思いが強いんですね。古希から80歳に向かうにあたって、どんどん気持ちが硬くなっていってもう誰の意見も聞かなくて一人で突っ走る危険性があるので、自分に自制心を付ける為に『やわらかい心に』というタイトルにしました。是非皆さん楽しんで下さいね。」と挨拶してコンサートがスタート。

最初に歌ったのがBS-TBS「ふたり親子旅」のエンディングテーマにもなっている「ジーンズとハーモニカ」を披露。アルバム『虹のメッセージ』(1982年リリース)に収められ、今回の記念アルバムにリメイク収録され、フォークシンガーとしての活動の原風景を描いた楽曲となり、古希を祝うコンサートのオープニングにふさわしい楽曲。

続いて、コンサートタイトルにもある「やわらかい心」を披露。

杉田二郎さんの歌声とMCトークにファンは聞き入っていると、会場内は真っ暗となり映像が流れ始めた。

その映像には笑福亭鶴瓶さんが現れ、杉田二郎さんの古希を祝福。


笑福亭鶴瓶でございます。

二郎さん、本当に70歳おめでとうございます。

古希ですよね? 古代希なるとかいうんでけどね。

それよりも、もう50年近くのつきあいなんですよ。

やっぱり縁があるんですね。なんか必然ですよね。

こんな長くおつきあい出来るっていうのは嬉しいかぎりです。

僕は京都の大学はいって、二郎さんのステージを見て、フラワーカーニバルというアマチュアのバンドの中に僕は司会でいてたんですけど、その時に二郎さんを見て。

でも、実はその前から僕はシューベルツの時代からずっと二郎さんの歌が好きで、アルバムもたくさんもっております。

ライブの雰囲気がすごくよかったんですよね、「♪真っ赤なリボンに おさげ髪・・・」

長いか?(笑)

すいません、ほんとに。

今日はですね、「走りすぎたのか遠くまで」っていう、「つるべちゃん、ちょっと作詞して」って言われたものなので、僕完全に忘れてたんですけど。

「そういう歌があるんやけど、コレCDにしていい?」って言われて、もう思いっきり反対したんですけど。どうしてもって言われて。

CDで出るのはかまわないんですけど、歌ってくれって言われて。

もう、全然忘れてたもんですから大変でしたね。

でも、二郎さんと一緒にやれて、本当によかったと思います。

では、みなさん聞いてください、「走りすぎたのか遠くまで」


笑福亭鶴瓶こと駿河学名義で作詞された記念アルバムにも収録されている「走りすぎたのか遠くまで」の楽曲を杉田二郎さんは熱唱。

歌い終えると杉田二郎さんは「これ鶴瓶ちゃんと一緒に作ったんですね。当時“男どうしコンサート”というのを日本青年館でやっていて、男性ばかりゲストに集まって、その時に鶴瓶ちゃんも来てくれて、せっかくだから楽曲一緒に作ろうという事でその日に間に合わせました。たまに歌ったんですけども録音してなくて、それであの歌録音したいなと彼に電話したら、めっちゃくちゃ忙しい人で、鶴瓶ちゃん何月何日レコーディングやるから是非来てよと連絡したらダメで、ところがある日、数時間だけ彼が来てくれる時間が出来て、スタジオでものすごい緊張してましたね。普段の鶴瓶ちゃんじゃなく岩石みたいに動かないんです。でもね何とかうまくレコーディング出来て後で聞いたら味わいがあるんですよ。彼の歌いっぷりが・・・。歌詞を聞いたら言葉をちゃんと丁寧に歌うんですね。それで説得力が彼はあるんだなと思いました。」と笑福亭鶴瓶さんとのレコーディングのエピソードを語っていた。

「祈り」の楽曲ではコーラスのSayaさんと杉田二郎さんの歌声のハーモニーにファンはうっとり。前半ラストは「人生の階段」を熱唱し、コンサートは一旦休憩。

後半には杉田二郎さんのアコースティックギターと岩井眞一さんとエレキギターだけで「マイ・ハート」など5曲を披露。途中曲の終わり毎にMCを挟み「このコーナー、この調子でやってると明日の朝までやっていそうですよ」と語り観客を笑わせながら、再びバンドメンバーが再登場。

ヒット曲の「男どおし」、ハーモニカの音色が印書的な「積木」など、聞かせる楽曲を次々と披露。

本編ラストは作詞家の松井五郎さんと作った新曲「ボクらは知っている」を披露した。

アンコールで再び登場すると、ファンからたくさんのプレゼントが渡され、杉田二郎さんは感無量。

杉田二郎さんは「この歌をこれからも歌える国でありますように!」と語り、平和を願う楽曲「戦争を知らない子供達」を熱唱。

歌い終えるとバースデーケーキが登場し、バースデーソングでファンは杉田二郎さんを祝福。

杉田二郎さんは「みんなありがとう! 今後ともよろしく!」とファンに感謝した。

そして、杉田二郎さんはさっき決まったというデビュー50周年記念コンサートの開催をサプライズ発表!

杉田二郎さんは「ものすごいたくさんの仲間が来てくれるという情報が入ってるので、みなさん楽しみにして下さい。10年前の60歳の還暦の時に大騒ぎしましたけど、ああいう事をもう1回やろうと考えておりますので、みんな元気で来て下さいね。」とアピール。

最後に記念アルバムのラストに収録されている「あの唄を歌えば」を熱唱し、コンサートを締めくくりました。

古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 古希 杉田二郎バースデーコンサート ~ジーンズとハーモニカ やわらかい心に~より 笑福亭鶴瓶 杉田二郎(左)・笑福亭鶴瓶(右)

■杉田二郎 デビュー 50 周年記念コンサート

日時:2017 年4 月 22 日(土) 開場 14:30 /開演 15:00
会場:新宿文化センター 大ホール
(東京都新宿区新宿 6-14-1)

料金:7,500 円(税込)全席指定

<友情出演>
イルカ、因幡晃、太田裕美、大野真澄、尾崎亜美、庄野真代、鈴木康博
高山厳、永井龍雲、ビリーバンバン、堀内孝雄、細坪基佳、三浦和人
森山良子、山本コウタロー、渡辺真知子 and more(五十音順)

※出演者は都合により変更になる場合がございます。

杉田二郎 アーティストサイト
http://www.up-front-create.com/jirou_sugita/

タイトルとURLをコピーしました