青天の霹靂!カントリー・ガールズももち引退発表…!

11月5日、新宿ReNYで行われた「カントリー・ガールズライブツアー2016冬」にて“ももち”の愛称で知られる嗣永桃子が、2017年6月30日をもってグループ、そしてハロー!プロジェクトを卒業することが発表された。事前に記者会見も行われ、現れた嗣永桃子はまず一通りの事情を説明。

「来年の6月30日という日は、私がハロー!プロジェクトのオーディションに合格してアイドルになってちょうど15年、という節目の年でもあり大きな決断をしました。はじめ、Berryz工房が活動を停止になって、その後カントリー・ガールズのプレイングマネージャーに就任したんですけれども、それがちょうど今日から2年前のことでして、その日に2、3年かけてメンバーを一人前にしていきたいと目標を掲げ、今まで活動してきたんですけれども、みんなたくましく成長してくれまして、次は私の番だなという想いもありまして、以前から興味のありました『幼児教育』の勉強をたくさんして、いずれお仕事に出来たらいいなと思っています。後残り約8ヶ月の時間となっているんですけれども、一人のアイドルとしてでもそうですし、芸能人としても悔いの残らないよう精一杯がんばっていきますので引き続き暖かい応援よろしくお願いいたします。」

質疑応答となると、嗣永桃子にいつごろから卒業を考えていたのかという質問から。

「初めの段階で2、3年かけてという大きな目標を掲げていたので、どんどん月日がたってみんなが歌だったり、ダンスだったり、アイドルとしての振る舞いだとかしっかりしていくごとに、自分のことのように嬉しく思う反面、親離れ的なさみしさとかもあったりして、そういうのを実感していくうちに、そろそろ時期がやってくるなという風に思って発表させていただきました。」

芸能界引退については「そうとらえていただいて大丈夫です。」と答えると、芸能界引退までしなくてもいいのでは?との問いに「アイドル大好きでカワイイカワイイ言われるのも大好きですし、ファンの方といる空間もすごい幸せではあるんですけれども、それと同じくらい子供が大好きで大学では教育学部に進学して幼稚園と小学校の教員免許を取得しまして、今度はその分野も挑戦したいなという気持ちが大きかったのでその決断をしました。」と話す。

一週間ほど前に報告を受けたというメンバーたちにも、その時の心境について質問が飛ぶと小関舞は「私(自分)がカントリー・ガールズの中で一番カワイイと思ってるんですけど、ももち先輩も同じことを言ってらっしゃるんでキャラがかぶってしまうということが今まで起きてたんですけど。私の壁の大きいライバルが卒業してしまうのはさみしいことではあるんですけれども、そのかわいさを私が継承して私が一番かわいくなっていきたいなと思いました。」と笑いを誘い場の空気を和ませる。

山木梨沙は「さみしくないと言ったら嘘になるんですけど、当初から2、3年とおっしゃっていたので正直あまり驚かなくて、このタイミングなんだなーとすんなり納得もしましたし、私たちは2年間ずっと近くでももち先輩の光り輝く背中を見てきたので今まで吸収したももち先輩の成分を、しっかり自分の成長につなげていきたいなって思いました。」と話し、船木結は「私はカントリー・ガールズに途中で加入したんですけど、オリジナルのメンバーよりはももち先輩過ごした時間は短いと思うんですけど…。ももち先輩は本当に先生のような方で、私は一度学校のテストでひどい点数を取ってしまったことがあって、それをももち先輩にお伝えしたところ、しかられてしまった日があったんですけど。その時に“アイドルは学業との両立も必要なんだよ”という風に教えていただいたので、私はももち先輩が卒業するまでにテストで良い点数をとって報告出来たらいいなと思っています。」答えた。

少し潤んだ目をしていた森戸知沙希はうわずる声を整えつつ「4年前の結成時の時から一緒に活動させてもらってるんですけど、その時はももち先輩を見るだけでもおびえるというか…。」と話すと「おびえるはやめてよ!緊張ね、緊張。」とすばやく嗣永桃子は訂正。そのまま「やっとこの2年で隣に並んでも笑っていられるくらいになったんですけど、まだ一つだけももち先輩から言われているっていうか“MCが一番へたくそだよ”って言われているんですね。なので残りの8ヶ月の間にももち先輩のですね、そのMCのお上手さを、ひ、ひきしぼって…ふりしぼっ…ちがう…ひ、引き継いで!がんばっていきたいなって思います!」と続けると嗣永桃子は苦笑を浮かべる。

最後の梁川奈々美は「一番最初にそれを聞いた時は本当に青天の霹靂と言いますか、とてもびっくりした気持ちが強かったんですけれども、今日でちょうどももち先輩との活動をスタートしてから一年という区切りでもありまして、最初の方は雲の上の存在だったももち先輩が今ではこんなにたくさんお話が出来るようになったりとか、楽屋でみんなで盛り上がったりとか、すごく…近い存在になれたんじゃないのかなってとっても嬉しく思っていて。まぁももち先輩と言えばカワイイの権化じゃないですか?(嗣永「まあね、そうなるね。」)だからそのアイドルは可愛らしくいなければならないという姿勢を吸収してどんどん成長していきたいなと思っております。」と語った。

その後は嗣永桃子への質問が続き、芸能界でも引退を惜しむ声が出るんじゃないでしょうか?の言葉には「芸能界にとどまらず、世界中の人がかなしんでいるんですよねー、きっとー、みんなももちのこと大好きだからホントにさみしい思いをさせちゃって“許してにゃん”っていう気持ちでいっぱいなんですけど、だからこそ残りの時間を完全燃焼出来る幸せな時間を過ごせたらいいなと思います。」とももち節で笑わせる。

卒業後の恋愛に関しては「絶対その質問されると思ったんですよ!」と想定内だったようだが「恋愛のことに関しては卒業してからでもいっぱい考えられると思うんですけど、アイドル活動に関してはあと8ヶ月しか考えることが出来ないので、まずはそっちばかりなので恋愛のことは考えてません。」と心境を語った。

教育者としては歌やダンスなどアイドル活動を通して感じたことを発展させながら、それを伝えるように子供たちと関われたら一番幸せと話す。先生になるというわけではないが、教え子からアイドルが誕生することはありそうですかという質問に嗣永桃子は「それはすっごい素敵ですね。超完璧なアイドルですよ。もしカントリー・ガールズに入ったとしたら…。」と目を輝かせる。しかし「その子がもし入ってきた時に、たいしたことないなって言われないようにみんなも成長してもらえたらいいな。」と、まずは今の教え子たちへの期待を告げる。

2016年の11月5日はカントリー・ガールズの2周年、そして伝説のアイドル“ももち”のラストページをスタートさせたと1日なった。

カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ カントリー・ガールズ

カントリー・ガールズ ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
http://www.helloproject.com/countrygirls/

 

タイトルとURLをコピーしました