負けず嫌いの広瀬すず フォトブックは“多くの方に見て頂けると嬉しい”

スポンサーリンク

10月10日、女優の広瀬すずさんのフォトブック「ぜんぜん、はじめてです。」(東京ニュース通信社刊)の発売記念イベントが福家書店新宿サブナード店で行われた。

このフォトブックは女優として、モデルとして活躍している広瀬すずさんのデビューしたての14歳から直近の18歳までの約4年間に撮り下ろした秘蔵カットや、「はじめての経験」をテーマに、いろんなことに挑戦している様子をオールグラビアにて紹介している内容。

広瀬すずさんは「デビューの14歳の時から今までの4年間でこのお仕事をして、いろんな物に出会って、すごい自分の人生で想像出来なかったような時間を1冊のフォトブックにさせて頂きました。この本では自分が変わって行くのを見て頂けるので嬉しく思ってます。」と出来上がった感想をコメント。

印象に残っている事として「連載の中でやらせて頂いたスケートのページはなかなか出来る機会が無かったので、すごい印象的な撮影で楽しくて、あとはイチゴを加えている写真があるんですけど、その写真はデビューして直後の時期で、ファンの方がTwitterのアイコンにして下さったり、未だに反響があるのがすごい嬉しくて、私自身もお気に入りです。」とニッコリ。

14歳から18歳までで一番変わったこととして「世界が変わりました。ジャージしか着て来なかったような私がメイクとかして衣装を着させて頂いて、それがなかなか無い全然知らない世界でした。お芝居ではその人の世界でその人の時間を短期間だけど、自分と違う人間になって、17歳や18歳は一番いろんな事を敏感に感じる年齢だと思っていて、その年齢の役を生きてるのがやっぱりデビューした直後とかには想像出来なくて未だに整理がついてないんですけど、すごいそれが今一番楽しくて、面白くて、もっとこの世界に入り込めたいなと思うようになりました。」と話していた。

広瀬すずさんはデビューした頃について「女優さんになりたいとか、モデルさんになりたいとか本当に全く思っていなかったので、想像もしてなかったんです。」と語ると、続けて「自分の負けず嫌いな所から中途半端に終わらせたくないと思っている事が、今こうしていろんな世界をやらせて貰っているんだなと思ってます。」と人としても成長した様子。

フォトブックをどんな人に見てもらいたいか聞かれると「学校の怪談の2年くらい前からの写真がいっぱい入っていて、デビュー当時のすごく肌の色が黒くて、顔もパンパンで、田舎の美容室で切ったような髪型をしているので、何にも知らなかった時期が全部詰まってるので、自分でもこういう顔をしてたんだという事を発見出来るぐらいだったので、多くの方に見て頂けると嬉しいです。」とアピールしていた。

また、広瀬すずさんは「一時期、東京で一人でどこかに行く大人感を味わっていた事があって、それも慣れて、一人しゃぶしゃぶとか、一人焼肉とかに行けるようになってパワーアップしました。」と、デビューした時から成長した事を語っていた。

これから大人の女性へと成長していく広瀬すずさんに注目です。

広瀬すず ©東京ニュース通信社 広瀬すず ©東京ニュース通信社

◆広瀬すず(ひろせ すず)
1998年6月19日静岡県出身

【 TOKYONEWS magazine&mook購入者特典!】
TOKYONEWS magazine&mookで、広瀬すずフォトブック「ぜんぜん、はじめてです。 」をご購入のお客様に広瀬すずさんポストカード1枚をプレゼント!
http://zasshi.tv/products/detail/HBTNM161007_001-00-00-00-00-00
※ 特典付きの販売は、特典の在庫がなくなり次第終了いたします。

◆商品概要
広瀬すずフォトブック「ぜんぜん、はじめてです。」(東京ニュース通信社刊)
●発売日 : 2016年10月7日(金)※一部、発売日が異なる地域がございます
●定価 : 本体1389円+税
全国の書店、ネット書店、弊社TOKYONEWS magazine&mook( http://zasshi.tv/ )にてご購入いただけます

広瀬すずフォトブック「ぜんぜん、はじめてです。」(東京ニュース通信社刊)


タイトルとURLをコピーしました