山谷花純 初主演映画「シンデレラゲーム」でアイドル役に挑戦! 目の芝居に注目!

10月1日(土)、女優の山谷花純(やまや かすみ)さんが初主演する映画「シンデレラゲーム」が公開される。

映画「シンデレラゲーム」はアイドルを目指していた女の子たちが、孤島に拉致され、トーナメント制のカードバトル「シンデレラゲーム」に参加し、勝ち抜けばトップアイドルになれる物語。ただ、敗者には「死」が待っているという内容。

日刊エンタメクリップ取材班は、灰谷沙奈役を演じる主演の山谷花純さんに直撃した。

山谷花純

■映画「シンデレラゲーム」の主役に決まった時の感想を教えて下さい

山谷花純:ずっと仕事を始めた当初からいつか映画の主役をやりたいなと思っていて、聞いた時は夢が叶った瞬間でもあったので率直に嬉しかったです。

■落ちこぼれのアイドルという設定ですが、アイドルを演じてみた感想を教えて下さい

山谷花純:今まで自分が見て来なかった世界の人たちをお芝居で演じる事が出来て、逆にこのきっかけが無かったら、アイドルの世界だったり、アイドルの衣装を着る事は無かったので、良い経験になりました。

■アイドルの衣装を着てみていかがでしたか?

山谷花純:違和感でしか無かったです。この仕事をしてなかったら着れなかった衣装で、しかも衣装さんの手作りして下さったというのも大きくて、良い意味でこの衣装を着たら役にすんなり入れた部分も有りました。

山谷花純

■敗者には死が待っているという設定はどう思いましたか?

山谷花純:本当に夢を追いかける上での競争だったり、ライバル同士の競い合いというのは極端な表現で表してるのが印象的でした。
■撮影現場はどんな雰囲気でしたか?

山谷花純:女の子たちがたくさん居て、広い部屋にみんなで雑魚寝しながら過ごした撮影期間は、女子高みたいな感じでした。

■撮影中の空き時間の事を教えて下さい

山谷花純:ケータリングが用意されていて、温かいごはんが楽しみにみんな撮影していた印象が有ります。

山谷花純

■共演したタキモト役の駿河太郎さんとのエピソードを教えて下さい

山谷花純:駿河さんは大先輩で、駿河さんが現場に入ると良い緊張感が生まれて、現場の事を引き締めて下さった存在で、この作品以外のお芝居のお話をさせて頂いたのが嬉しかったです。エンディングにかけてのシーンは駿河さんがほぼアドリブでやっていて、私の感情の間を埋めて下さってたので、駿河さんが作ってくれた空気感が最後のエンディングに繋がったと思います。

■撮影中に苦労したエピソードはありますか?

山谷花純:ちょうど夏に時期に撮影をしたので、結構みんな暑さに耐えながら、スタッフもキャストも汗を流しながらの撮影になりました。今回の作品はカードゲームがメインになっていて、1対1で相手と一緒に真正面を向きながら心理戦が出来たのが他の作品と違いました。相手の様子を伺いながら会話をして、精神的にも良い意味で追い込まれた部分も有りましたけど、1役者としてすごい楽しみながら演じられました。

■もし、シンデレラゲームを実際に自分が行う事になったらやってみたいですか?

山谷花純:絶対にやりたくないです。だって負けたら死なないと行けないですから・・・。1回苦しみを与えて敗者が死なないと行けないという所がこの作品の惨い所だなと思います。

■ここは特に観て欲しいシーンを教えて下さい

山谷花純:全体を通して、今までやった事が無い、結構弱い印象を持つ役を今回演じさせて頂いて、今まで演じてきた役を通して根付いた私の印象をすごく変えられた作品でもあると思います。目のお芝居もすごい気にかけてやったので、そこの部分を観てもらえたらなと思います。

山谷花純

■今後、どんな女優になりたいですか?

山谷花純:二十歳にもなる事と、来年で女優の仕事を初めて10年という大きな節目の年になるので、息の長い女優になる為に一つ一つの事を振り返りながら、今までやって来た事や今まで出会って人たちとの関係性を、もう一度振り返って、女優としていろんな事に挑戦して行きたいです。

■次に演じてみたい役は?

山谷花純:OL役をやりたいです。二十歳になるから、大人の人たちがたくさんいる現場に自分も少しでも仲間入り出来たらなと思います。そしていつかラブストーリーの面もいつかやってみたいです。

■共演してみたい人は?

山谷花純:高1の時にご一緒した須賀健太さんといつか一緒にもう1回仕事したいと言って叶ってないので、大人になった自分たちでもう1回お芝居をしたいと思います。

■もしアイドルになっていたら、どのグループに入りたいですか?

山谷花純:でんぱ組.incがいいです。1回仕事をしていて、アイドルとして割り切ってる感じがすごい好きです。自分たちの場所を確立していて、オタクな感じがすごい一緒にいて面白かったです。

■最後にファンに向けてメッセージをお願いします

山谷花純:今回の作品は若い同年代の女の子たちが集まって、タイトなスケジュールの中、みんな一生懸命良い作品になるように戦いあった作品でもあるので、観た人に夢を諦めない、絶対譲りたく無い強い欲だったり、観る人によって違うと思うんですけど、何かが届いたらいいなと思います。

映画『シンデレラゲーム』は2016年10月1日(土) シネマート新宿他で公開!
※公開初日には、シネマート新宿にて朝10時の回上映終了後、舞台あいさつが行われる

アイドル役を演じ、女優として一段と成長した山谷花純さんの演技をお見逃しなく!

山谷花純

映画『シンデレラゲーム』公式サイト
http://cinderella-game.com/

https://youtu.be/UZcvYPE8WoU

映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』より ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会 映画『シンデレラゲーム』ポスタービジュアル ©2016「シンデレラゲーム」製作委員会

© 2016「シンデレラゲーム」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました