映画『超高速!参勤交代 リターンズ』が初日! 佐々木蔵之介、深田恭子、知念侑李らが登場!

9月10日、映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶が丸の内ピカデリーで行われ、佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、柄本時生、陣内孝則、西村雅彦、本木克英監督、菊千代(猿)が登壇した。

本作は2014年に大ヒットした『超高速!参勤交代』の続編。湯長谷藩の参勤交代の帰りの道中の出来事を描いた作品だ。

佐々木蔵之介さんは「いよいよ『超高速!参勤交代 リターンズ』初日を迎える事が出来ました。初日の日に超高速で劇場に来て頂きましてありがとうございます。」と駆けつけたファンに感謝。

深田恭子さんは「6月のキックオフイベントからはや3ヶ月経ちまして、やっと公開が出来る事を嬉しくも思いながら、ちょっと寂しい気持ちもありますが、是非たくさんの方に御覧頂けたらと思っております。」とコメント。

伊原剛志さんは「この映画で皆さんとお会い出来てとても光栄です。」、西村雅彦さんは「今日、この日を心待ちにしておりました。大勢のお客様にこの作品を観て頂きたく思っております。」、寺脇康文さんは「痛快という言葉がぴったりくる映画なので、皆さんでこの映画を観て皆さんに痛快になって頂きたいなと思っております。」、知念侑李さんは「今回も大きい大人たちの中で、1人小さい男が頑張りましたので、たくさんの人に観て頂きたいなと思います。」、柄本時生さんは「知念くんのおかげでチケットが売れたので嬉しいなと思います。皆さんどんどん宣伝して頂けると助かります。」、陣内孝則さんは「今日はたくさんのみなさんがいらっしゃったという事で、お礼にテレビでは見せない芸を見せたいと思います。“小噺・ウルトラマンにインタビュー ウルトラマンさん、あなた実年齢おいくつなんですか? ジュウハーチ!(シュワッチ)」、本木監督は「リターンズでさらに国民映画になるよう皆さんの力、それから知念くんのファンの皆さんの力をお借りして、何卒、よろしくお願いいたします。」と挨拶した。

そして、参勤交代は一往復したら終わりではなく、何度も繰り返し参勤交代が行われており、もし“リターンズ”の続編があったらどの役をやってみたいか問われると、佐々木蔵之介さんは「まず続編は無いんですけど、次は無理難題を言う方、信祝さんがいいんじゃないかなと思ってるんですが、深田恭子さんとの夫婦のポジションを自ら外すのは痛いので、やっぱり殿の役をやりたいです。」とコメント。

深田恭子さんは「藩の皆さんがいわき弁で盛り上がってるのがすごくうらやましくて、もし次があるなら私もいわき弁に参加したいなと現場で思ってました。」と語っていた。

また、知念侑李さんは「体が動くのでアクロバティックにやりたいので、次は忍者で(参勤交代に)行きたいなと思います。」と、本木克英監督に熱い視線を注いでいた。

この日は参勤交代がゴールという事で、ボールとサッカーゴールが登場。佐々木蔵之介さんは37km/hの超高速ゴールを決め、くす玉を割って『超高速!参勤交代』の初日を祝福した。

最後に佐々木蔵之介さんは「人は宝だと言うんですけど、本当に多くの人に出会って、恵まれた作品だと思います。この映画がより多くの人に愛される映画になる事を心から願っております。」と語りました。

映画『超高速!参勤交代 リターンズ』は大ヒット上映中!

映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より 映画『超高速!参勤交代 リターンズ』初日舞台挨拶より

公式サイト:http://www.cho-sankin.jp/

タイトルとURLをコピーしました