AKB48チーム8が舞台に挑戦!「絢爛とか爛漫とか」で昭和モダンガール

9月9日、品川プリンスホテルクラブeXにて舞台「絢爛とか爛漫とか」の公開ゲネプロが公演に先駆けて行われた。

舞台「絢爛とか爛漫とか」より ©AKS

©AKS

キャストには今勢いにのるAKB48 Team8から永野芹佳、中野郁海、谷川聖、佐藤七海、太田奈緒、小田えりなの6名が登場。野村文香役は永野芹佳、中野郁海、柳原まや子役は佐藤七海、谷川聖のダブルキャストとなっている。

今回演じられる作品は1993年の初演から何度も上演されてきた飯島早苗、普及の名作。今年4月にはAKB48の大島涼花、岡田奈々らによっても上演されている。

ストーリーは昭和初期、小説家や評論家を目指す若き文士である4人の乙女たちが、友情や恋愛や夢の狭間で悩み喧嘩しながら移ろいゆく季節を通り過ぎる、懐かしくも切ない青春グラフィティー。

舞台が昭和初期という事で大正から昭和のモダンガールらしい衣装も見所となっている。登場人物のキャラクターによって洋装、和装と様々に、鮮やかな色彩で舞台を彩る。若い世代への西洋文化の流入や女性の社会進出などを背景に、ファッションがどのようにその時代と性格を現しているのかにも注目だ。

そして今回、小田えりな以外は全員舞台初挑戦。360°どこからでも見られてしまう円形舞台や長いモノローグなどで増す緊張感の中、派手な演出に頼らないシンプルな構成を懸命にこなす。

舞台後の晴れやかな表情はこれからの公演期間で、さらに輝いてゆく事となるだろう。

上演は9月10日~9月19日までを予定。各日にはお手伝いメンバーとしてキャスト以外にもAKB48 Team8メンバーが登場し、舞台以外にも公演をさらに盛り上げる事となっているようだ。

舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より 舞台「絢爛とか爛漫とか」より

■出演
・野村文香役
永野芹佳(大阪府)、中野郁海(鳥取県)
※ダブルキャスト
・柳原まや子役
谷川聖(秋田県)、佐藤七海(岩手県)
※ダブルキャスト
・小林すえ役
太田奈緒(京都府)
・正田薫役
小田えりな(神奈川県)

公演詳細:
http://www.nelke.co.jp/stage/kenrantokaranmantoka-201609/

タイトルとURLをコピーしました