4年振りのBuono!大満足のライブ!℃-ute、カントリー、夏焼雅新グループも!

8月25日、日本武道館にて「Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』」が開催された。

会場には4年振りのライブとなるBuono!の姿を目に焼き付けようと10000人のファンが詰め掛け賑わう。今回はフェスタという事でBuono!の他にも℃-ute、カントリー・ガールズ、そして夏焼雅新グループも出演。期待もありつつファンは楽しそうな表情を浮かべながら開演時間を待った。

時間いっぱいとなると覆われた白い幕が開け、まずは嗣永桃子、夏焼雅、鈴木愛理のBuono!三人が姿を現す。新曲『ロックの聖地』でライブをスタートさせた。オープニングの3曲を披露すると、今回の注目の一つである夏焼雅新グループが登場。

オーディションやファンクラブイベントの映像から客席側のセンターステージにメンバーが現れるとメドレーで2曲。少し大人な雰囲気のダンスミュージックでステージを飾ると「PINK CRES.(ピンククレス)です。」と、ここで初めてグループ名が紹介される。二瓶有加、小林ひかると夏焼雅以外のメンバーの自己紹介があると、続いてそれぞれ二瓶有加はダンスが得意、小林ひかるはぽわんとしてると夏焼雅が紹介する。

PINK CRES.の名前についてはピンクはグループのテーマカラー、クレスは音楽用語のクレッシェンドの略であり、少しずつ大きく成長していきたいという意味が込められているとの事。

ラストの『Summer Wonderland』のEDMサウンドでは会場も一体に共に体を揺らせて楽しんだ。

入れ替わりで現れたのは可愛らしい嗣永桃子率いるカントリー・ガールズ。1曲披露した後、自己紹介では「はい!14歳の梁川奈々美です。」「はい!14歳の船木結です。」ときて「はい!24歳の嗣永桃子です。」と美しい三段落ちを披露。そのまま初の日本武道館出演にとても緊張しているというフリから、梁川奈々美は流暢で丁寧な挨拶をして落とす。隣ではにんまりの嗣永桃子。

9月28日発売のシングルからロックンロールな『どーだっていいの』を披露し『愛おしくってごめんね』で出番を終えた。

ラストのゲストライブは9月5日にこちらも日本武道館でのライブを控えた℃-ute。言わずもがななハイクオリティなステージに会場も大歓声が起こると『Kiss me 愛してる』『Danceでバコーン!』などで会場を沸かせる。そこまでが終わるとBuono!メンバーをのぞいたカントリー・ガールズと℃-uteメンバーで『ホントのじぶん』を披露し、再びBuono!のステージへ。

確かなバンド演奏、炎の立ち上る演出などでテンションの高いライブで観客を引き込むとMCでは、この日が誕生日となる夏焼雅にバースデーソングとバースデーケーキでお祝い。「新グループも出来たのでみなさんに見守って欲しいな。」と今後について夏焼雅が語ると拍手の中、初披露の新曲『ソラシド~ねえねえ~』へ。

さわやかな楽曲から流れるような展開で『マイラブ』『Kiss!Kiss!Kiss!』へと続き、そこからは白いドレスへ衣装チェンジしバラードコーナーへ。

着席でしっとりとその歌声に耳を傾ける時間。『You're My Friend』が終わるとバンドメンバーにも笑みが浮かび、大きな拍手が送られる。

ここでメンバーが一旦ステージから離れると映像コーナーに入り「ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル」風にBuono!メンバーがスタッフを演じて笑いを取る。

そしてライブは終盤。『初恋サイダー』が披露されるとバンドも加速し、日本武道館が大きくうねる。『Bravo☆Bravo』のコールの応酬、『MY BOY』ではスモークと炎でまさに温度が上がると、いよいよラストソング『恋愛♥ライダー』へ。

歌い終わり、高いテンションのままステージを降りるとすぐさまBuono!コールがかかり、やがて『ロックの神様』のイントロが響く。

再び盛り上がる会場は幸せな空気に包まれ笑顔も溢れる。長丁場となったこのライブの最後のMCでは鈴木愛理の「4年間の間、活動がなかったけどたくさん曲を聴いてくれてたらいいなと思うんですけど。」の言葉にファンも大声援で返す。

夏焼雅は久々のライブが日本武道館でBuono!という事で心配していたそうだが「最高のライブが出来たなって思いました。」と話す。「来年も出来るといいなーって。」とこぼすと大きな歓声と拍手が起こる。

最後に嗣永桃子は「オリンピックとかワールドカップとか。」と4年振りな所を世界のビッグイベントとなぞらえ「みんながBuono!の事を忘れてたらライブは実現しなかった。」と感謝の気持ちを伝える。

ラストは『タビダチの歌』。会場の大合唱と共にエンディングを迎えた。

ライブ後、このイベントを表すように九段下を降りる老若男女、様々なファン達も一様に満足そうな笑顔を浮かばせていた。

Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より Buono!単独LIVE『Buono!Festa2016』より

写真提供:アップフロントエージェンシー

■SET LIST

01. ロックの聖地
02. We are Buono! ~Buono!のテーマ
03. ロッタラ ロッタラ

04. Warning~未来警報~ ~ ウワノソラ (メドレー) / PINK CRES.
05. Summer wonderland / PINK CRES.

06. 恋泥棒 / カントリー・ガールズ
07. どーだっていいの / カントリー・ガールズ
08. 愛おしくってごめんね / カントリー・ガールズ

09. 都会っ子 純情 / ℃-ute
10. 人生はSTEP! / ℃-ute
11. Kiss me 愛してる / ℃-ute
12. Danceでバコーン! / ℃-ute
13. ホントのじぶん / カントリー・ガールズ ℃-ute (嗣永桃子、鈴木愛理以外のメンバー)

14. Independent Girl~独立女子であるために
15. 雑草のうた
16. JUICY HE@RT
17. ソラシド~ねえねえ~
18. ガチンコでいこう!
19. マイラブ
20. Kiss! Kiss! Kiss!

21. うらはら
22. 君がいれば
23. You're My Friend

24. 泣き虫少年
25. カタオモイ。
26. 初恋サイダー
27. Bravo☆Bravo
28. じゃなきゃもったいないっ!
29. れでぃぱんさぁ
30. MY BOY
31. 恋愛♥ライダー

EN1. ロックの神様
EN2. ワープ!
EN3. タビダチの歌

タイトルとURLをコピーしました