Loading...

奥山かずさ 私の中でパーフェクトな写真集! さらにネクストステージへの願望も!

奥山かずさ

10月16日、女優の奥山かずささんの自身3冊目の写真集『月刊 奧山かずさ・想』(小学館)の発売記念会見がHMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、本作の見どころを紹介いただいた。

本作は奄美大島で撮影が行われ、衣装チェンジを極力減らし、距離感を重点に撮影が行われ、これまでのグラビアと一味違った奥山かずささんの内面に迫った作品になっている。

今回の作品はどのような内容が収められているのか紹介いただくと、「肩の力が抜けて、奥山かずさありのまま、そのまま、そこにいる私がそこで感じた感情を表現できたので、テーマは『ありのまま』というか、素の私だと思います。」とコメント。

写真集のタイトルに『想』の文字が入ってることについて、「この写真集を見て、私が“あなたのことをすごく想ってるよ”というのが伝わって欲しいなと思ったし、この写真集を見て、“あなたが私のことを想ってくれたらいいな”というのと、“私もあなたのことを想っているよ”という意味が込められています。」と話していた。

お気に入りのカットとして、公民館で撮影されたかっとを選び、「和室で窓も広くて、開けると奄美の大自然が広がってるようなところで、私1人きりで10分ぐらい過ごす時間を与えられたんですよね。その時に結構いろんな感情が爆発してしまって、(公民館で)1人でいることって、東京の生活ではなかなか無かったというか、慌ただしい中で自分に与えられたキャラクターをずっと演じていたような気がして、でも何も無いところで私1人いると、何も無いことと対峙するというか、自分しかいないんだなと思えて感情が出てしまったから、ここは本当に自分の中でも思い出のカットです。あと衣装も気に入ってて、薄紫ピンクの衣装を選んでいただいて、すごくお気に入りの衣装です。」と振り返っていた。

写真集の撮影ではロングヘアーだったが、この日はショートカット姿で登場、「完全プライベートで切らせていただいて、ずっと髪は切りたいなと思っていたんですけど、なかなか機会がなくて、それこそ役が有れば切りたいなという気持ちでいたんですけど、今回の写真集が私の中でパーフェクトな写真集となったので、そこでまた心機一転というか、これからさらにステップアップしていくためのきっかけとして、髪を60センチ近く切らせていただきました。」と写真集撮影後にバッサリと髪を切ったことを明かしていた。

奥山かずささんは「今回の写真集を機に、女優としてさらにネクストステージに行けるような気がして、さらに髪を切ることで自分らしさを取り戻したというか、元々短い方が好きだったし、そういう意味でも自分を認められた感じがしたので、そこからまた一歩上に行けるんじゃないかなと思います。」と話していた。

関連画像

奥山かずさ 奥山かずさ 奥山かずさ 奥山かずさ 奥山かずさ

オンラインショップでの購入はこちら
👇👇👇👇👇

タイトルとURLをコピーしました