Loading...

第34回東京国際映画祭が開幕! フェスティバル・アンバサダーの橋本愛がオープニングセレモニーで映画館愛を語る

第34回東京国際映画祭 レッドカーペット&オープニングセレモニー

10月30日、第34回東京国際映画祭が開幕し東京国際フォーラム ホールCにてレッドカーペットアライバル 及びオープニングセレモニーが行われ、フェスティバル・アンバサダーを務める橋本愛や豪華俳優・女優・声優・監督陣、審査員たちが華やかなドレス姿やスーツ姿で登場した。

橋本愛さんは、「まずはこの映画祭が皆さんにとってすごく楽しいものになるように、そして自分にできることやりたいなという気持ちと、また今年はすごく面白そうな作品がたくさん有るので、皆さんに少しでも映画の存在というか、こういう映画がやってるよというのを少しでも知ってもらうように頑張りたいと思います。」と意気込みをコメント。

そして、オープニングセレモニーでは橋本愛さんは、「コロナ以前はレッドカーペットの周りにはお客さんたちがいらして、年に1度皆さんと交流できる楽しいイベントという感じだったので、去年や今年は熱気を感じるような空気では無いにしても、今年、こういう状況で映画祭が開かれたんだということのたくさんの人が力を注いでやっと開催できたと思うので、有難みをじんわりと噛みしめるような時間でした。」とレッドカーペットを歩いた感想をコメント。

今年の映画祭の大きなテーマの1つに「越境」が有り、ボーダーを超えて行くことがテーマになっており、ポストコロナにおける映画との関わり方はどのように変わって来るか質問されると、「私の個人的な体感としては、あまり変わらないんじゃないかなとも思うんですけど、いろんなボーダーがあって、それこそ男女の性別のことだったり、世界各国のそれぞれの物理的なボーダーも有りますし、文化の違いだったり、そこをお互い違いを認め合いながら、でもお互い歩み寄るには、どうしたらいいかというのを誠実にお互い考えていくって言うのが、人とのつながりの中で大事なことだなと思っているんですけど、そういう意識だったり、今を生きている人たちの心だったり感性て言うのを育てて行くのが映画の役目としてすごく大きいものだと思うので、映画祭を通して、そういう意識を、日本という国にも世界に対しても広げて行ってくださるのは、今を生きる一人の人間としてすごくありがたいことだなと思っています。」とコメント。

海外の方にお勧めしたい日本の映画館の魅力を質問されると、「例えば東京の名画座だったり、ミニシアターだったりって言うのは結構足を運ばせてもらっていて、すごく思うのはその場所その場所で全然カラーも違うし、空気感も違うし、座席の質感とかも違ったり、どんな映画を上映するのかというセレクトだったり、そこの映画館でしか味わえないものというのが、建物の中、空間の中に有るというのが映画館の大好きなところなので、日本の映画館というのではなくて、その場所のそこにしかない映画館ていう特別感がすごく好きです。」と映画館愛を話していた。

東京国際映画祭は17年ぶりに六本木から映画の街の日比谷・有楽町・銀座地区に全面的に移転して開催され、出品されている作品を観ることができる。

第34回東京国際映画祭は11月8日(月)まで開催!

第34回東京国際映画祭

開催期間:2021 年 10 月 30 日(土)~11 月 8 日(月)
会場:日比谷・有楽町・銀座地区  公式サイト:www.tiff-jp.net

©2021 TIFF

第34回東京国際映画祭 レッドカーペット&オープニングセレモニー
次のページへ続く
タイトルとURLをコピーしました