Loading...

鈴木愛理 2年ぶりのコンサートでショータイム! ガールズブラスユニットMOSたちとのコラボで観客を魅了!

鈴木愛理

10月13日、歌手の鈴木愛理さんの2年ぶりの単独コンサート『鈴木愛理 LIVE 2021~26/27~』が日本武道館で行われ、約5000人のファンが駆けつけ開催された。(新型コロナウイルス感染症対策で人数を制限して実施)

コンサートができなかった間に作っていた新曲も観客の前で続々と初披露。

圧倒的な鈴木愛理さんの歌唱力を見せたかと思えば、しっとりとバラードを歌い上げる姿も有り、改めて鈴木愛理さんのアーティストとしての魅力を見せつけていた。

鈴木愛理

そして、「Let The Show Begin」の楽曲では鈴木愛理さんと一緒にパラリンピック閉会式にも参加したネオ吹奏楽を提唱するガールズブラスユニット MOS(モス)がブラスバンドで参加し楽曲を披露。

MOSはダンスとブラスバンドを融合させた「ブラダン」を啓蒙しており、鈴木愛理さんはMOSのメンバーと一緒にダンスしながら歌唱。

鈴木愛理さんの歌声と軽快なダンス、そしてブラスバンドが調和し楽曲を披露。

日本武道館で繰り広げられるショータイムとウインクビームで観客の心を掴んでいた。

その後、鈴木愛理さんは℃-ute、Buono!の楽曲や、THE FIRST TAKEで話題となった「DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理」なども披露し、観客を魅了し続けました。

アンコールでは鈴木愛理さんは、「本当にここに来るまでもあっという間で、でも2年間、長いなぁとか早く単独ライブやりたいなとか、という気持ちも有る中であっという間に今日になりました。」と話すと、続けて「ひとつ嬉しいお知らせを話したいなと思うんですけども、今日こんなに新曲をたくさん歌って、しかもライブで初披露の曲を歌って、配信でこの2年間出してきた楽曲もいくつあったかなというぐらいたくさんあったと思うんですけど、ついに鈴木愛理 アルバムのリリースが決定しました!」とサプライズ発表。

観客から温かい拍手に包まれながら、続けて「いろんな活動をしてきて、結局この2年間、モデルさんや女優さんの活動をいろいろしてきたんですけど、音楽の活動が一番作品に残すことができていなくて、結局帰るところは“ここだ!”と自分でも思ってるからこそ、形に残せるのはすごく有難いことだなと思っております。発売日時とかはまたこの後、しばらくしてから追って連絡がチョコチョコ出てきますので、引き続き情報を待っててもらいたいなと思います。」と、なんとニューアルバムをリリースすることを発表。

そして、コンサートができなかったおうち時間を振り返り、「改めてこの2年間、鈴木愛理は2017年に℃-uteを解散して、そこから準備期間もあって、2018年の6月にソロデビューしたわけなんですけど、そこから3年しか経ってないんですよね。3周年を迎えて、今4年目で、その中の約2年間がおうち時間だったことは、なかなか皆さんに会える時間が少なかったのかなと思いつつ、でも私にとってはこの2年間で本当にやりたかったことができなかったり、諦めなきゃ行けなかったことがあったり、苦しい思いをしたり、みんなお待たせしちゃったり、いろいろ有ったけど、でもその他にもたくさんの出会いがあったり、たくさんの勉強する機会が有ったりして、ソロデビューしてばかりの時にこの日本武道館に立った時の私と、今こうやって日付が経って、またこの日本武道館に立ってる私とでは、自分の心の中ですけど、少し立ってる時の感情が違います。あの時はやっぱりソロになった時ってすごく自分の中では、今だから言えますけど、あまり自信が無い、そういう時期で、私本当はステージに立つ人間だから“自信が無いんですよね”という言葉は一番好きじゃなくて、見に来てくれたり、応援してくれてる皆さんにすごく失礼だなといつも思うんですけど、そんな私ですが、やっぱり、“愛理ちゃんの歌はいつも安定だよね”と言われると、“安定”という言葉にすごく恐れがあって、個性が無いんだなという風に思っていたのが正直ソロデビューの始まりで、それがあったので、初めての武道館の時もいろんな衣装を着せてもらって、いろんな楽曲をもらって、”私だっていろんな引き出しができるようになりたいんだ”というのを形ですごく見えるようにいろいろチャレンジさせてもらって、それで3年過ぎて行ったんですけど、その中でいろんな活動を経て、やっぱり鈴木愛理って歌うことが好きだし、アイドル活動をしていたハロー!プロジェクトの時代で上げてきたギアを、どこかそこのギアに頼らずに他のギアで頑張りたいと、やっぱりやってしまっていた自分がいたんだなと、この2年間、自分としっかり向き合った時に気づいて、鈴木雅之さんとDADDY ! DADDY ! DO !を歌わせてもらった時に、ギアのことなんて考えてられないんじゃん。歌いますと言ってドーンとギアを上げたのが、自分の中で一番大きく持ってた15年間頑張って培ってきた自信を持ってギアを上げたんです。それが無意識の行動だったんですけど、その時にソロになって初めて”私って私だっていいんだ”とちゃんと思えた。やっぱり歌いたいって、その時、改めて自分自身も納得が行くように、ギアを上げることができて、そこから、でも歌うことが好きだし、いろいろ自分がソロになると、やりたいこととか、提案したりもちろんたくさんしないと行けないけど、私は皆さんが喜んでくれる顔を見れることが私のやりたいことなんだなということにも改めて気づきました。自分がこれやりたいということがたくさん出て来るようになるまですごく時間がかかって苦労したけど、そういうのをいっぱい出し切った結果、この2年間でみんなおうち時間で、全員が同じ気持ちで苦しかった時に、私何したいのかな?私の存在するのは何かなと考えた時に、私の周りの私に関わってくれた人たちが、私がステージに立つことで笑顔になってくれること、明日も頑張ろうって少しでも思ってくれること、歌を歌うことが私のやりたいことだなと、そういう風に改めて気づけた2年間でした。だから心の中がすごく違います。ここに来てくれてるファンの皆さんももちろんですし、一緒に音楽をやってくれるバンドのみんなもそうですし、スタッフさんもそうですけど、私はソロデビューして、しばらく経ってすぐぐらいの時、初年度の年末の時に、ツアーの打ち上げで愛理チームのみんなが集まって、鈴木愛理 もう一度僕らに夢を見させてくれよとスタッフさんが言ったの忘れてません。それはずっとファンの皆さんも同じタイミングで受け取れてて、だから私は何があっても音楽があって、みんながこうやって集まれる場所が有ればきっとみんな幸せにできるし、幸せになれるし、私は幸せになる為に産まれて、そして誰かを幸せにする為に生きて行くんだと、そういう気持ちに改めて気づけました。なので毎日毎日頑張らなきゃいけないこととか、現実に戻りたくないなと思うこととか有るかもしれません。でもみんなが足を運んでくださったからこそこの空間ができたので、今日は最後の最後までしっかり皆さんに明日以降も頑張って、今日よりも明日が少しでもいい日になるように、みんなが新しい日を送れてありがとうと思えるようにパワーをしっかりと送るので全部受け取って帰ってください。」と、ファンの前で歌える、ファンに日本武道館で会えた喜びを涙をこらえながら話していた。

尚、鈴木愛理さんのコンサート『鈴木愛理 LIVE 2021~26/27~』は10月23日(土)にNHK大阪ホール。11月3日(水・祝)に日本特殊陶業市民会館ビレッジホールでも開催されるので楽しみにしておこう!

関連画像

鈴木愛理 鈴木愛理 鈴木愛理鈴木愛理
タイトルとURLをコピーしました