Loading...

橋本愛 芸術は心を救ってくれて支えになってくれるもの

橋本愛9月28日、第34回東京国際映画祭 ラインナップ発表記者会見が都内で行われ、フェスティバル・アンバサダーを務める女優の橋本愛さんが出席した。

フェスティバル・アンバサダーとしての意気込みを聞かれた橋本愛さんは「アンバサダーを務めさせていただきます、橋本愛です。これまでも、プライべートでも作品を観に行かせてもらって人生を救われたり、出演させていただいた作品でレッドカーペットを歩かせていただいたり、舞台挨拶をさせていただいたりと、東京国際映画祭とはご縁があったのですが、今回は新たなご縁があってすごく嬉しいです。映画というものが日本という島国において、より地中深く根を張って、皆さんの生活にはびこって、根付いてほしいなと願っています。」とコメント。

これまでの東京国際映画祭について、「この時期、空いている日があるときには映画祭のHPでプログラムを検索して、今この映画をやっているんだと調べてよく観客としても映画祭には通っていました。自分の人生が救われた経験もあります。映画祭で観た『エンドレンス・ポエトリー』という作品の中に、「愛されなかったから、愛を知ったんだ」という印象的なセリフがあるのですが、得られなかったものがあるからこそ、自分が何を得たかったのかということが分かると気付けて。だから、この人とうまくいかないなぁというのは、その人のことを大切に思っているからなんだと感謝の気持ちが生まれました。」と、実際に東京国際映画祭の上映作品を観に行くことがあったエピソードを話していた。

ちなみに今回の東京国際映画祭で橋本愛さんが観たい作品として、「オープニング作品にもなっている、クリント・イーストウッド監督の『クライ・マッチョ』ですかね。あと、私はダンスや舞踊など身体芸術が好きなので、田中泯さんの作品が楽しみです。」とコメント。

橋本愛さんは「自分自身が文化芸術に生かれてきたのですが、芸術は心を救ってくれて支えになってくれるものだと思います。芸術というのは心を救ってくれるものだと思っていて、心を救う一端を担っていると思っているので、文化芸術は早急に必要なものではないと言われると悲しい気持ちになってしまいます。映画に触れて少しでも癒やされて欲しいなとおもいますし、私も作り手として、一つ一つの作品を大事に丁寧に作っているので、一人でも多くの人に作品が届いて、そういった考えが根付いていってくれたら嬉しいなと思います。」と話していた。

第34回東京国際映画祭は10月30日(土)~11月8日(月)の10日間 日比谷・有楽町・銀座エリアの映画館などで開催される。

関連画像

橋本愛
タイトルとURLをコピーしました