Loading...

R・I・Pガールズ 森咲智美、橋本梨菜、犬童美乃梨、葉月あや、仲村美海、月城まゆ、芹沢まりな、竹内花、池尻愛梨、鴨林李帆の10名が登場する下着グラビアムックが発売! 仲村美海は“みんなの個性がすごく伝わる” 橋本梨菜は“ぜひ女性の方にも見て” 森咲智美は“いつもと違う素の表情が出ている”

8月5日、巨乳グラドル R・I・Pガールズの森咲智美、橋本梨菜、犬童美乃梨、葉月あや、仲村美海、月城まゆ、芹沢まりな、竹内花、池尻愛梨、鴨林李帆の10名が登場する下着グラビアムック『おふさいど』(主婦の友インフォス)の発売記念イベントがSHIBUYA TSUTAYAで行われた。

本作は水着グラビアの撮影で見せる「オン」の状態のグラビアとは正反対の、自分の部屋でのんびりリラックスしている「オフ」の側を覗き見するような「おふさいど」を、それぞれのお家時間を細やかな女性目線で切り取った下着グラビアムック。

R・I・Pガールズそれぞれに見どころを紹介していただくと、

仲村美海さんは「今回の『おふさいど』はすごくかわいく仕上がっているので、普段と違うグラビアなので、そこを見てほしいのと、あとインタビュー記事がすごくしっかり書かれているので、みんなの個性がすごく伝わると思うので、そこを見てほしいです。」

橋本梨菜さんは「今回私はスタジオではなくて自分のおうちで実際にスタッフさんたち、カメラマンさんたちが来て撮影をしました。『おふさいど』、そのオフ感というのが、おうちなのでより出ているんじゃないかなと思います。自分の家にある服とかを使ったりして撮影をしていただきました。すごくかわいい世界観なので、ぜひ女性の方にも見ていただきたいです。」

森咲智美さんは「『おふさいど』はR・I・Pガールズの女の子たちだけで出版することができるって、本当にすごくうれしく思います。(R・I・Pガールズは)犬童実乃梨ちゃん(みのりん)から始まって、5人から徐々に徐々にいっぱい増えていって、今のかわいい女の子たちが事務所に総勢50人ぐらいいるんですけど、本当にみんなかわいくて、かわいい子たちとこうやって『おふさいど』を撮れたのがすごくうれしいです。今回、女性のカメラマンさんに撮っていただいたので、すごくみんな素の表情というか、ちょっと何かいつもと違う表情、ふわっとした素の表情が出ているんじゃないかなと思います。そこにちょっとセクシーさと個性が加わっていて、すごく今回また違った作品になったので、私もぜひぜひ、男性にも見てほしいですし、女性にも見ていただければなと思います。森咲は森咲の個性を出しつつ、みんなと白い衣装でそろえつつという感じです。」

犬童美乃梨さんは「今回の『おふさいど』は、本当にいつものザ・グラビアという感じではなくて、おしゃれな感じで、ファッショングラビアみたいな感じで撮影させていただいて、私自身はすごく、スタジオで撮ったんですけど、本当に家にいる感覚で、このアイスコーヒーを飲みながらゆるく撮影していて、本当に素が出せているんじゃないかなと思います。オフな感じですごくゆったり撮影していました。何か自分自身の撮影だけじゃなくて、後から雑誌を見たときに、メイクだったりとか、ファッションとか、とにかくまねしたくなるようなページがすごく多くて、「あ、このメイクいいな」とか。だからすごくそういう部分でも楽しめるんじゃないのかなと思います。セクシーな部分だったりとか、かわいい部分、すごく詰まった1冊になっているので、皆さんぜひごらんください。」

葉月あやさんは「私は自宅で撮影したんですけど、お風呂場とリビングで撮影しました。ちょっとテーマがみんなと私は違って、みんなは結構メイク薄い感じでやっているんですけど、何か『シド・アンド・ナンシー』(イギリス映画)をテーマにと言われて、マスカラをすごくバチバチに塗ってシャワーを浴びるんですけど、それが落ちていくところをすごく撮りたいと言われて、そこが載っているので、ぜひそこを見てほしいのと、あと、私もいろんなインタビューの記事見たんですけど、題名が『おふさいど』で、女の子のオフの姿が見れるというふうになっていて、みんなの生活が垣間見れる感じだったので、ぜひみんなのインタビューにも注目して見てほしいなと思います。」

池尻愛梨さんは「今回は、普段は男性向けのバチバチねらったグラビアを撮っているんですけども、今回はお仕事モードのグラビアじゃなくて、もっと私本人に近い、みんなの素に近い一面、1ページで切り抜かれている感じの撮影になっております。なので、男性もそうなんですけども、女性の方にも。特に男性の方には普段と違う私たちを見ていただけたらうれしいなと思っております。」

竹内花さんは「まず私は、大先輩の皆さんと、こうして10人の中に選んでいただいて、最初すごく緊張して、私で大丈夫かな?とかも少し不安はあったんですけども、撮影のときに、スタッフさんだったりカメラマンさんだったりがすごく楽しい雰囲気を作ってくださって、そのおかげというのもあって、そのオフ感だったりとか、私は食べるシーンがあったり、お風呂にいたりとか、あとウサ耳を着けたりしたんですけど、そういうシーンを楽しく撮ることができました。(『S Cawaii!』を出版している)女性誌さんとグラビアのコラボっていうのってなかなかないと私は思っていて、女性誌さんに今後私は載っていきたいなとすごく思っているので、何かその良い機会をいただけたなととても感じました。なので、男性はぜひ、オフ感のちょっとおフェロな感じのものが多いので、そういうところを見ていただいたりとか、女の子だったら、化粧だったり、あと服装だったりとかも、ちょっとおしゃれな感じになっているので、そういうところにも注目して見ていただきたいなと思いました。ぜひ見てください。」

月城まゆさんは「今回『おふさいど』撮影は、私は自分のお部屋で撮ったんですけど、インテリアとか自分のお部屋を生かしつつ、あと持ってきていただいた部屋をかわしくさらにして、女性のカメラマンさんで撮っていただいたんですけど、今回オフな感じがテーマということで、メイクもちょっと普段は結構濃い目が多いんですけど、ナチュラルな感じで、新鮮な感じで撮影しました。本当にこのメンバーで1冊の本の載れるというのがすごく夢みたいでうれしいです。あと、女性にもグラビアを今後広めていきたいというのが、ずっと私の目標にしていまして、男性はもちろんなんですけど、女性が見ても憧れたりとか、あと参考にしたいとか、かわいいと思ってもらえるグラビアを撮りたいとずっと言っていたので、今回それが叶ったので、すごくうれしかったです。今後も女性に向けたグラビアをどんどん幅広くおしゃれなグラビアを広めていけたらなと思っております。ぜひぜひたくさんの方の手元に届いたらなと思います。」

芹沢まりなさんは「今回10人のメンバーの中に入れてとてもうれしかったです。私の今回のテーマが“ウエスタン系”だったんですけど、とてもメイクも濃くて、リップも濃くして、普段のグラビアではないようなメイクをして、さらにハットだったりとかブーツを履いて、とてもファッショナブルな撮影をしました。本当に今まであまり見たことないようなファッショナブルなグラビアの撮影をさせていただきました。そしてこの10人の中でも、みんなそれぞれコンセプトが全然かぶっていなくて、かわいい系だったり、ナチュラルだったり、かっこいい系だったりと分かれていて、とても見ていて面白いなと思いました。あとインタビューも、それぞれの私生活だったりを見れて、とても面白いなと思いました。ぜひたくさんの方に見ていただけたらいいなと思います。」

鴨林李帆さんは「今回先輩方と一緒に出させてもらったんですけど、自分が一番最年少なので、すごくドキドキと緊張だったんですけど、撮影現場もすごく緩い感じで、おうちにいる感じの撮影だったんですけど、音楽聞きながらベッドでゴロゴロしての撮影で、すごく楽しかったです。ぜひそんな姿の自分と先輩方の様子をみんなに見てもらえたらなと思います。」

とそれぞれアピールした。

R・I・Pガールズの森咲智美、橋本梨菜、犬童美乃梨、葉月あや、仲村美海、月城まゆ、芹沢まりな、竹内花、池尻愛梨、鴨林李帆の10名が登場する下着グラビアムック『おふさいど』は要チェックです。

続きの画像はこちら


この記事には全部で 12枚 の画像を掲載 
◇クリックすると画像ページに移動します

この作品の購入リンクはこちらのページに掲載

この記事の画像をもっと見る
タイトルとURLをコピーしました