浜辺美波 『賭ケグルイ』は私にとって宝物のような抱きしめてわしゃわしゃしたくなるような思い入れが深い作品

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』完成披露イベント

4月22日、『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』完成披露イベントが有楽町朝日ホールで行われ、出演する浜辺美波、高杉真宙、藤井流星(ジャニーズWEST)、池田エライザ、森川葵、英勉監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は生徒代表指名選挙を終え、束の間の平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園で、蛇喰夢子を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる完全オリジナルストーリーの作品。

主人公・蛇喰夢子役には浜辺美波、鈴井涼太役には高杉真宙、早乙女芽亜里役には森川葵、生徒会長・桃喰綺羅莉役には池田エライザが続投。また「賭ケグルイ」シリーズ史上、最も狂気に満ちたキャラクター視鬼神真玄役をジャニーズWESTの藤井流星が演じる。

浜辺美波さんは「1作目から2作目に行く時は不安とかがあったんですけど、3作目まで来ると、もう楽しみで仕方がなくて、このメンバーはみんな面白いし変わった人も多いので、どれだけ変わったことをしても怒られないし、楽しんで楽しみぬこうという気持ちで、(賭ケグルイの撮影が)去年一番の楽しみでした。みんなと打ち解けちゃって毎日楽しくてさらに仲良くなれるんです。そういう意味でも映画はパワーアップしてるかなと思っています。」とコメント。

高杉真宙さんは「毎回それぞれチャレンジをするというのは賭ケグルイでは有るとは思うんですけど、今回、僕と森川さん2人でチャレンジしたことも有るので、見ていただければすぐにわかるとは思うんですけど、賭ケグルイらしからぬことをしました。」と注目ポイントを話していた。

藤井流星さんは「メチャクチャ緊張しました。ドラマ版も映画版も見させていただいていて、(撮影現場に)行ったら、1人で賭ケグルイツアーしてる気分になって、現場の名スポットの学園に入ってすぐの階段とか、会長の席とか全部の場所で写メを撮りました。」とエピソードを話していた。

池田エライザさんは「会長の席だけ別撮りみたいな時もあって、まずみんなの賭けを近くで見られることがすごく嬉しかったんですよ。遠くから見ても何となく熱量がわかるんだけど、あんまり近くで見れてなくて、それも嬉しかったですし、今まで会長って歩いてるシーンが無かったので、会長歩くの?どうしよう?みたいな、そこから始まりました。」と会長席での撮影エピソードを話していた。
賭ケグルイ双と同時撮影の森川葵さんについて、浜辺美波さんは「1人だけ(撮影が)進んでるスピードが速かったです。”えっ!もうガソリン満タン”みたいな、ブーブーふかしてて、”すごい煙でてるよ”みたいな感じでした。」と話すと、

森川葵さんは「そんなつもりは無かったんですけど、どうやら観てみたら本当にエンジンをふかしすぎてたようで、”ノリに乗ってるな”と自分で観てて思いました。ふかしすぎてぶっ飛ばし過ぎました。」と、本作ではぶっ飛ばしすぎてる森川葵さんが観られるとのこと。

この日は賭ケグルイ2択クイズ 風船ロシアンルーレットも行われ、風船を割った人が次回の舞台挨拶の司会を行う企画を行うと、藤井流星さんに決定。

最後に浜辺美波さんは「賭ケグルイという作品は、今作で第3作ということで最初にドラマを撮っていた時は、まさか映画が作られて、しかも映画が第2弾も作っていただけるなんて本当に思ってもいなかったので、賭ケグルイという作品に出逢えて、スタッフさんキャストさんにも恵まれて、(舞台挨拶に)立てて、観ていただける機会をいただけたというのはすごく不思議な気持ちですし、大好きな作品だからこそ夢のようです。賭ケグルイは私にとって、ちょっとした宝物のような抱きしめてわしゃわしゃしたくなるような、そんなちょっと思い入れが深い作品なので、是非皆さんものめりこむような気持ちで、ギャンブルバトルを一緒にイチギャンブラーみたいな感じで楽しんでいただけたら嬉しいです。」と話していた。

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』は新たな公開日が発表されるまで楽しみにしておこう。

©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX
©2021 「映画 賭ケグルイ2」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました