松井玲奈が筧美和子と姉妹役で初共演! 目があってドキドキ!

映画『幕が下りたら会いましょう』製作発表会にて

3月15日、映画『幕が下りたら会いましょう』(配給:SPOTTED PRODUCTIONS)の製作発表会が神田明神にて行われ、映画単独初主演の松井玲奈さんのほか、筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美、そして前田聖来監督が登壇した。

本作は麻奈美(松井玲奈)と尚(筧美和子)の姉妹が、現代社会の抱える問題に直面しながら、不器用にもまっすぐ生きる女性を描く心揺さぶるエンタテインメント作品。

麻奈美役を演じた松井玲奈さんは今年の7月27日に30歳の節目を迎えるが、その節目の年に、映画単独初主演の作品が公開される。

松井玲奈さんは「活動していく中で、あまり自分自身は年齢というものを気にはしてはいないんですけれど、でもやっぱり節目になる年にこうして作品のメインに置いてもらえるということは本当にありがたいことだなと思います。」とコメント。

松井玲奈さんが演じる麻奈美は年齢が30歳ということで、「私が演じた麻奈美という役はかなり内向的というか、あまり感情を表に出さないキャラクターでした。でも彼女は劇団を立ち上げていて、なぜ自分の感情を上手く出せないとか、劇団でお芝居というところに向き合っているかなという、そういう自分が好きなものだったり、携わっているところからキャラクター像を膨らませていく、あとはたくさん監督ともお話をさせていただいて、キャラクターのバックグラウンドというものを知りながら役作りはできたかなと思っています。脚本の第1稿の企画段階から関わらせていただいて、何度もやりとりをさせていただきました。」とコメント。

松井玲奈さんは筧美和子さんとは初共演なんだそうで、松井玲奈さんは「今もずっと、前からもずっと可愛らしい方だなと思っていて、今日もさっき目があってドキドキしちゃって、でも劇中では姉妹役で一緒にいたんですけれど、実はそんなに一緒に居られる時間が長くなくて、でもそのわずかな時間でも姉妹に見えてたらいいなという、周りのスタッフさんからは“すごく姉妹に見えた”と言っていただけたり、作中の中では、ずっと尚のことを思ってお芝居していたので、頭の中には常に撮影期間中に筧さんのことをずっと思ってました。」と姉妹愛を話していた。

一方、尚役を演じた筧美和子さんは、「松井さんが主演で、私のお姉さんということを聞いた時に、すごく嬉しくていつも作品とかで拝見していて、とても多彩で聡明な方だなという印象で、ご一緒できるのを楽しみにしていたんですけど、一緒のシーンが本当にわずかしか無かったんですけど、本当に松井さんが麻奈美そのもので存在されていたので、すごく姉妹関係をすっと築きやすかったというか、お姉ちゃんという間隔がとても自然に作れたのは松井さんのおかげだと思っております。」と感謝していた。

本作の注目ポイントとして、筧美和子さんは、「この作品に出会って感じたことで、時代が変わって行く中で、心が追いつかなかったり、何かモヤモヤ得たいのしれないまま抱えていて、だんだんと何かが欠けて行くというかマヒして行ってしまうような時期もあったりして、そのモヤモヤが何なのかというのがわかるのにとても時間がかかったりとか、ふとした時にハッと気づいて心が軽くなったりとか、そういうことも有ると思うんですけど、この作品に参加させてもらって、そういう瞬間があったなと思っていて、きっとそういう風にもがいていたり、モヤモヤを抱えていたりいる方に何か大きな何かじゃなくても感じていただけるんじゃないかなと思いますし、主人公の麻奈美がとても素直な姿でそこにいると言うか、美化されすぎていないリアルな姿がとても私は嬉しかったというか、そういうところに是非注目して見ていただければなと思います。」とコメント。

松井玲奈さんは「この作品は家族の絆というものをテーマに置いているような気が私はしていて、ただ家族という大きいものでも、やっぱり1人1人は個人であって、人間であって、その関係性の間にある絆を丁寧に描いてる作品かなという風に思いました。登場して来る人たちの人間関係だったりとか、1人1人が抱えているもの、それを見てる人に何か当てはまるところが、感じてもらえる部分が有ったりするんじゃないかなと思っています。見どころとしては筧さんがダンスをするシーンが有りまして、私はその現場を見られなかったんですけど、撮影隊のスタッフの皆さんが、“昨日、筧さんのダンスすごく美しかったんだよ”と言ってたので、私もその美しいダンスを早く劇中で観るのが楽しみです。」と話していた。

最後に松井玲奈さんは「今、なかなか会いたい人に会いに行けない状態が続いているんですけれども、会えなかったこと、伝えられなかったことを悔いることよりも、今はいろんな方法で自分の思いを伝える方法が有ると思うので、誰かに何かを伝えたいと、観たあとに思ってもらえるようなそういう映画になっていると思います。劇場を出たあとに観た方も背中を少しだけ押せるようなそんな作品であったらと思います。是非みなさん楽しみにしていてください。」と語っていた。

映画『幕が下りたら会いましょう』は2021年11月 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

©avex entertainment Inc

タイトルとURLをコピーしました