新木優子 ビューティスタイルブックでモデルになった裏側を初告白&お洒落なスタイルの“新木巻き”にも言及!

新木優子 ビューティスタイルブック『新木式』(集英社刊) ©『新木式』/集英社 

新木優子 ビューティスタイルブック『新木式』(集英社刊) ©『新木式』/集英社

3月20日、non-no専属モデルで女優の新木優子さんのビューティスタイルブック『新木式』(集英社刊)の発売を記念してZOOMを活用したオンライントークセッションが都内で行われた。

今回のビューティスタイルブックは新木優子さんが初めて自身の美容に語る内容になっており、初公開のスキンケアやセルフメイクのHOW TO、“素の新木優子”のドキッとさせるような表情やポージングが収められている。

グリーンカラーで花柄のワンピースにカットソーを重ねた異素材の春らしい衣装で登場した新木優子さん。今回のオンライントークセッションでは新木優子さんとnon-no編集部の担当者とのトークセッションが報道向けに公開されて行われた。

新木優子さんは「non-noモデルになったのが2014年の3月で、ちょうど『新木式』の元にもなった私自身が担当させていただいてるビューティ連載が2017年の5月から始まって、丸々4年くらいになるんですけれど、4年間続けさせていただいた作品がどれもすごく素敵で、せっかくだからまとめて、それだけでも1冊になるくらいのボリューム感の連載だったんですけど、それを活かして、4年前とはまた変わった見せ方でメイクを見せたり、私に寄り添うというか、私自身のスキンケアだったりというのをこのタイミングで私自身もスキンケアを公開する機会が今まであまり無かったので、連載を絡めてファッションもできたり、ビューティのことを深く詰める作品が1つできたらいいよねということで作品を作ることになりました。」と、『新木式』のビューティスタイルブックを作るきっかけを話しました。

2020年に新型コロナウイルス感染症のパンデミックが起き、意識や考え方にも変化があったそうで、「本当に“おこもり美容”という言葉ができたぐらい、私自身もより基礎の部分や土台の部分て言うのが、すごく大切だなと実感する瞬間がたくさんあって、今までは外に行ってメイクさんにメイクをしてもらって、どちらかと言うと手軽に挑戦できる美容というか、手軽に毎日続けられると言うことが今でも大切にしていたことだったので、時間をかける美容よりも手軽に誰でも続けられるような美容がすごく好きで、“おこもり美容”というものを体感した今は、どれだけ丁寧に自分の肌と向き合って、底上げというか、自分の基礎のところていうものをグッと上げて行くっていうのがより楽しくて、且つ自分にとって必要なことだなと思ったので、肌のことに最初向き合っていたんですけど、最初は肌のことと向き合っているつもりだったけど、内面的な部分もすごく絡んできてるんだなと特にコロナのパンデミックの状況は1人の時間だったり、自分と向き合う時間が増えたことで、肌のことを気に掛けるきっかけにもなったし、気持ちが自分と向き合って、自分の方向性ていうのを自分とちゃんと相談しながら自分のことを理解して、肌の今の状態はどういうのが良いんだろていう、気持ちも肌の状態も自分と相談してやって行くことですごく上向きに自分の中でも変化して行ったなというのがあったので、それを是非とも皆様に伝えたいなというのがこの本の中でギュッと詰まってるかなと思います。」と明かしていた。

『新木式』には毎日実践しているスキンケアやセルフメイクも紹介されており、「セルフメイクもプロセスだったり、non-noの企画でも時々セルフメイクの企画は有るんですけど、やっぱりメイクって変化して行くものというか、自分の色味の好みだったり、その時はラインを引かない気分とか、そういう女子のちょっとしたこだわりていうのが変化してきてる、小っちゃい変化とかのこだわりもたくさん詰めたので、ファンの方には楽しんでいただけるんじゃないかなと思いますし、髪の毛の巻き方のプロセスとかも結構細かく紹介させていただいてるので、そういうところも楽しめるかなと思います。」と話していた。

また、ほかにも楽しめる要素が有り、『新木式』にはロングインタビューも掲載されている、このことについて、「ビューティスタイルブックなんですけど、私はファッションも大好きなのでファッションも絡めたり、気持ちとの繋がりていうのがすごく大切だなという風に思ったので、インタビューの方でもどういう風に気持ちをポジティブにすることができるか、ポジティブになる為にはとか、自分と向き合う大切さとか、そういったものもお話させていただいてますし、あとはnon-noモデルになるまでの葛藤だったり、私自身が事務所に所属してモデルをやりたいと自分の中では思っていても、一歩ていうのを踏み出すのが、すごく私自身大変だなと体感もしましたし、私がモデルになった裏側というお話というのを、すごく今回、初めて細かく赤裸々にお話させていただいてるので、そこがすごく新鮮だったという意見もありましたし、モデルの世界はすごくキラキラした世界で憧れる、素敵な場所では有るんですけど、キラキラした裏側の葛藤だったり、そういったものがちょっとだけ見られるというのは新鮮で楽しんでいただけるし、ちょっとでも自分も頑張ろうだったり、葛藤していることが有ったりしたら背中を押せるような言葉が込められたんじゃないかなと思うので、何か迷いがあったりとか、悩んでたりとか、本当に小さなことでも、“よしっ!明日楽しく頑張ろう!”と思えるような1冊になっていたらなと思います。」とコメント。

non-no専属モデルになって7年が経過し、「いつもイベントとかさせてもらうと実感するんですけど、何年も前から応援してくれていて、本当に小さな私に会いに来られるイベントだったり、大小問わずにずっと追いかけてくださったり、ずっとコメントくださったり、お手紙くださったりする女の子のファンも、男性のファンももちろんたくさんいらっしゃるんですけど、そういう方はやっぱり私のインタビューとか、多分ずっと見てくださってるので、“優子ちゃんのここ知ってる”と思ってくださってる方、たくさんいると思うんですけど、今回ばかりは結構、“そうだったんだ”とか、“知らなかった”という内容が込められたので、ファンの方たちもまた新たな私を知っていただける1冊になってるかなと思います。」と語りました。

そしてお気に入りのカットも紹介され、「お気に入りはでもやっぱりすごく表紙がお気に入りで、表紙は2つ候補が有って、どちらもすごく素敵だったんですけど、もう1個の方は本当に私らしい写真だったんですけど、ちょっとまた新しいビューティスタイルブックなので、ちょっと変化が付いたというか、より今っぽさも有りつつ、私らしさも有りつつ、すごく素敵な写真を撮っていただいて、それを表紙に選べたかなと思います。中のページだと、ファッションのページもすごくお気に入りです。私自身、私服をよくSNSで投稿することが多いんですけど、それをギュッと詰めていただいたページが有ったり、そのファッションの写真がnon-noよりも大人っぽい『 non-no×新木優子 』というファッションページになっていて、すごく新鮮な写真がたくさん載っているので、ファッションのページもすごくお気に入りですし、あとはニュアンスというか、雰囲気の有る文字がかかってるような細かいところもすごく素敵な写真をたくさん使っていただいてるので、お気に入りページです。」とコメント。

新木優子 ビューティスタイルブック『新木式』(集英社刊)より ©『新木式』/集英社 

新木優子 ビューティスタイルブック『新木式』(集英社刊)より ©『新木式』/集英社

お気に入りのヘアースタイルの“新木巻き”についても紹介され、「メイクさんに巻いていただいて、すごくそれが気に入って、私自身も普段は、髪の毛を巻いたりする時は、“新木巻き”を基本にやっているんですけど、本当に“新木巻き”をするだけで雰囲気がお洒落になるというか、ちょっとニュアンスが付くだけで、シャツスタイルだったりとか、普通のTシャツでもちょっと熟れて見えるお洒落なスタイルに見えるのがすごくお気に入りポイントで、髪の毛を巻くとストレートも好きだけど、ちょっとニュアンスを付けたい時にすごく便利な巻き方なので、是非皆さんに挑戦していただきたいです。」とアピールしていた。

ちなみにnon-noのビューティ連載が始まった4年前と今との違いを訪ねてみたら、「今までnon-noに掲載されている連載ページで紹介した全く同じアイテムを使って、今だったらどういうメイクをするかという連載をしてるんですけど、前の方がよりメイクもちょっとナチュラルな方向がすごく好きで、自分を今よりも本当に色物だったり、そういうものはリップだけ塗って、シャドウだったりとかそういうものもあまり引かずに今より1点勝負というか、リップの色が赤だったらそれだけで良いという、引き算なメイクをしていたので、そこが今とは違うかなと思います。」と話していた。

尚、「新木優子オフィシャルカレンダー2021.4-2022.3」&新木優子ビューティスタイルブック「新木式」発売記念パネル展がSHIBUYA TSUTAYA 6Fにて、3月31日(水)まで開催されているので、渋谷に行く機会があれば立ち寄ってみて欲しい。

パネル展 ©『新木式』/集英社

パネル展 ©『新木式』/集英社

新木優子 ビューティスタイルブック『新木式』(よみ:あらきしき)

新木優子 ビューティスタイルブック『新木式』(集英社刊) ©『新木式』/集英社 

新木優子 ビューティスタイルブック『新木式』(集英社刊) ©『新木式』/集英社

2021年3月19日(金)発売
定価:本体1,800円+税 ISBN:978-4-08-790030-9 集英社刊 B5判変型 112P

©『新木式』/集英社

新木優子 オフィシャルSNS

https://lineblog.me/arakiyuko/
https://www.instagram.com/yukoaraki_beauty/

 

©non-no2021年5月号/集英社

タイトルとURLをコピーしました