政府広報コロナ対策CM にも出演! non-no専属モデル 紺野彩夏の透明感溢れるルックスに注目度急上昇中!

3月6日より公開されている政府広報 コロナ対策CM「 keep safe for 」篇に今注目の若手俳優・女優・モデルたちが出演している。

現在流行している新型コロナウイルス感染症の、自発的かつ継続的な予防を啓発するため“大切な人や大事なことのため、感染防止に取り組もう”とのメッセージを発信するCMになっており、飲食で特に気をつけたいポイントや年度替わりの恒例行事を控える呼びかけを行っている。

■政府広報 コロナ対策 CM 「 keep safe for 」篇

一番最初に登場しているこの人について深掘りしたい。

紺野彩夏

彼女はnon-no専属モデルの紺野彩夏(こんの あやか)さん。

インスタグラムのフォロワー数が25万人を超えており、透明感溢れるルックスに同世代の女子を中心に注目を集めている。

紺野彩夏さんはモデルの傍ら女優としても活動しており、3歳で子役デビューし、Seventeenの専属モデルを経て、仮面ライダージオウで連続ドラマデビュー。

その後、現在は、non-no専属モデルとなり、引き続き女優としてCMやドラマ・映画と活動の幅を広げている。

直近ではバーティカルシアターアプリ「smash.」にて3/16から配信されているドラマ「承で終わる。」に真島奈美役で出演しているほか、ひかりTV、ひかりTV for docomo、dTVチャンネルにて3/7から放送されている連続ドラマ「ボーダレス」に紗子役として出演している。

また、2021年5月21日に公開される映画「藍に響け」でW主演を務めており、紺野彩夏さんは松沢環役として出演する。

この映画は月刊アクション(双葉社)で2013年9月号~2014年9月号に連載された「和太鼓†ガールズ」(すたひろ)をベースとし実写映画化。

紺野彩夏さんは行き場のない想いを抱えながら、和太鼓の音の振動に吸い寄せられ、そこで出会った新島マリア(久保田紗友)の積極的な誘いに心が動かされ、和太鼓部の扉を開いたことで始まる青春ストーリー。

何かに夢中になり、誰かと繋がることで新しい世界と自分に出会う時を眩く映し出している。

紺野彩夏さんが出演する映画「藍に響け」は新宿武蔵野館、渋谷シネクイント、池袋シネマ・ロサほかにて5月21日(金)から全国順次公開されるので注目しておこう。

紺野彩夏(こんの あやか)

1999年6月24日生まれ 千葉県出身 A型 蟹座 趣味はピアノ

公式SNS:
https://www.instagram.com/ayaka_konno_official/
https://twitter.com/konno_staff

タイトルとURLをコピーしました