日本ジュエリーベストドレッサー賞に森七菜、新木優子、戸田恵梨香、横浜流星らが受賞!

森七菜

1月14日、「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」授賞式が都内で行われ、10代部門が森七菜、20代部門が新木優子、30代部門が戸田恵梨香、40代部門が小池栄子、50代部門が斉藤由貴、60代部門が田中美佐子、そして男性部門が横浜流星、特別賞に内田篤人(元プロサッカー選手)が選ばれました。

この日本ジュエリーベストドレッサー賞は過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」、そして「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を「第32回 国際宝飾展」に併せて開催され表彰している。

10代部門で選出された森七菜さんは、ななつぼし K18YG ダイヤ 1ct ペンダントネックレスを身に付け登壇し、「この度はこんな伝統のある栄えある賞をいただき本当に嬉しく思います。ありがとうございます。私はまだ19歳なので、ジュエリーを身に付け始めたのも去年で、初めてのジュエリーは去年の誕生日にお母さんから貰ったもので、馬のひづめの形をしたジュエリーで、初めてそれを見た瞬間にすごく心が踊って、私にはまだ大人のもののような気がしてたけど、私の為にあるこのジュエリーは他のものよりも輝いて見えるなと思いましたし、今でも大事に本当に特別な時だけ付けるようにしてます。ジュエリーを付けると背筋も伸びるし、(胸元に)輝いてるものが目の前にも有るような気がして、すごく特別なものなので、ジュエリーが似合うことを表彰していただけたことを本当に嬉しく思います。これからも胸を張ってジュエリーをたくさん付けられるように頑張りたいと思います。」とコメント。

20代部門で選出された新木優子さんは、K18YG ダイヤ/パール/白蝶 月 ペンダントを身に付け登壇し、「本日はこのような素晴らしい賞をいただき本当に嬉しく思っております。ありがとうございます。私は物心の付いた頃からキラキラしたものを見るのがすごく好きで、母も私がお腹にいる時にはなぜか新聞の間に挟んであるキラキラしたジュエリーの広告をなぜか眺めたくなると言うぐらい小さい頃からジュエリーへの熱意が強かったのかなと思います。そして、私が二十歳の時に初めて自分にご褒美として買ったジュエリーを今でもすごく大切にしていて、そのジュエリーを見ると今でも初心を思い出すような、そんな宝物で大切な存在になってくれてます。そして2020年はすごく大変な年だったと思うんですけど、家の中でもジュエリーを身に付けることで自分が特別な存在になったようなそんな気持ちになって、自分らしさと言うのをジュエリーから教えてもらったような気もしています。そして今回このような素晴らしい賞をいただいたので、これからもジュエリーの魅力も自分の魅力も引き出して行けるようなそんな女性でいられるように頑張りたいなと思います。」とコメント。

30代部門で選出された戸田恵梨香さんは、アコヤパールネックレス&ブレスレットを身に付け登壇し、「本日はこのような素晴らしい賞をいただき本当にありがとうございます。私は初めてジュエリーを身に付けたのが二十歳の時でした。両親が二十歳の記念にとパールのネックレスをプレゼントしてくださったんですけど、私にとってはそれがお守りのような、両親が守ってくれてるようなそんな存在で、大事な時に身に付けるようにしております。まさかこのような賞をいただけるとは思わず本当にびっくりしてるんですけど、このジュエリーのように輝けるようにこれからも精進して参りたいと思います。」とコメント。

男性部門で選出された横浜流星さんはK18WG さくらダイヤモンド ピンブローチを身に付け登壇し、「普段僕はジュエリーを身に付ける機会がなかなか無いので、このような素敵な素敵な歴史ある賞をいただけて、今日こんなにも美しくキレイなジュエリーを身に付けさせていただいて非常に嬉しく思っているんですが、とても驚いてます。今日この日を機にジュエリーを身に付け、そしてジュエリーに似合う男になって行けたらなと思いますし、ジュエリーのように輝けるよう日々精進して行きたいと思います。」と話しました。

森七菜

森七菜

森七菜

森七菜

新木優子

新木優子

新木優子

新木優子

戸田恵梨香

戸田恵梨香

戸田恵梨香

戸田恵梨香

横浜流星

横浜流星

横浜流星

横浜流星

小池栄子

小池栄子

斉藤由貴

斉藤由貴

田中美佐子

田中美佐子

内田篤人

内田篤人

タイトルとURLをコピーしました