のん演じるみつ子の脳内相談役「A」を演じた中村倫也が声のみで映画『私をくいとめて』舞台挨拶にサプライズ登場!

映画『私をくいとめて』(配給:日活)公開記念舞台挨拶

12月19日、映画『私をくいとめて』(配給:日活)の公開記念舞台挨拶がテアトル新宿で行われ、のん、林遣都、臼田あさ美、若林拓也、片桐はいり、橋本愛、大九明子監督が登壇した。

本作は脳内に相談役「A」を持つ、31歳おひとりさま・みつ子(のん)が悠々自適におひとりさまライフを満喫する中、年下営業マン・多田くん(林遣都)と出会い、うっかり恋をしてしまう物語。

のんさんは「本当にこの日が迎えられて嬉しく思っております。」、林遣都さんは「皆さん今日は朝からこの映画を観に来ていただいてありがとうございます。」、臼田あさ美さんは「こんなにたくさんの方に観ていただけてとても嬉しく思っています。」、若林拓也さんは「初めての映画出演、初めての舞台挨拶ですごく緊張しています。温かく見守っていただけたら嬉しいです。」、片桐はいりさんは「本当にたくさんお越しいただき、100パーセントの客席で観ていただいてとても嬉しいです。皆さん奇跡をご覧になったのだという風に思います。」、橋本愛さんは「今日はよろしくお願いします。」、大九明子監督は「公開されてまさに奇跡だと思っております。いろいろなことがあった2020年、(客席が)大変美しい景色だなと思っております。ここまでお越しになった皆さんのご苦労を考えると感慨もひとしおです。」とそれぞれ挨拶。

脳内相談役Aが劇中に出てきて、のんさんが演じるみつ子と、みつ子の脳内にいる脳内相談役Aとのやりとりがあるのだが、どのように撮影を行ったのか聞かれると、「事前にAの声を収録していただいてて、それを流していただきながら掛け合いの演技をしました。Aの方と、音声さんと3人掛かりの演技でした。」と話すと、「待ち時間にみんなが話してることに対して、Aの声を出して答えてくれたりして、楽しく撮影をさせていただきました。」と撮影秘話を話していた。

林遣都さんは印象に残っていることについて、「撮影が終わって、アフレコがあって、“歌を覚えてきてほしい”と言われて、撮影現場でも急に“ざっぱーん”と言ってと言われて、どういうシーンになるんだろうとワクワクが有りまして、何の疑いも無くやらせていただきました。特に印象に残ってるのは、みつ子と旅行に行くことが決まって、買い物に行くシーンの駐車場で、監督から“(車で)走り回って”と言われて、自分の中でかみ砕いて、こんなことできるのは映画ならではだなと思って楽しみました。」とコメント。

臼田あさ美さんは役作りについて、「ノゾミさんはとにかくイケメンが好きなので、原作ではイケメン祭りに行ったりもしてるんですけど、私もものすごく好きなことはいくつか有るので、そういうものに置き換えたら、“まぁこなるな”というのを想像して演じましたし、もちろん私も大九監督の急な演出をいただき、イケメンカーターを見たあとに、その時食べてるランチのお味噌汁で口の中をすすぐという、とても上品ではない行為をさせていただきましたし、監督の演出の下演じました。」と明かしていた。

カーターを演じた若林拓也さんは「臼田さん演じるノゾミさんに惚れられているという一生分ぐらい贅沢を味合わせていただいたんですけど、初歩的なところかもしれないんですけど、歩き方だったり、伸びあがる感じのモデル歩きみたいな・・・。高校時代にかっこつけてそういう歩き方してたんです。謎に目立ちたがりなところが有ったので、その頃を思い出して街を歩いてみたりして、みんなを見下してるなという気分を味わって、カーターのキャラクターを考えながら作っていたのが楽しい時間でした。」とコメント。

イカした女上司澤田を演じた片桐はいりさんは、「原作には一度も出てきてない、憧れの上司なんだけども、結婚してるんだみたいな・・・。私はモデルは大九明子だなと思いながら演じてました。」と語ると、大九監督は「自分をモデルとしたことは全く無くて自分の経験を描いたというのは有るんですけど、年の離れた上司と話す時にジェネレーションギャップだけど、知らなかった時代のことを話してあげて、“へぇ”となるような、知的なカッコいい上司を当てました。」と話していた。

橋本愛さんは「映画では妊娠してることで、より2人の女としての30歳を超えた女性特有の焦りだったり、独特の感情みたいなのが出るというのが、原作のキャラクターとはちょっと違う観点からも考えていかないとなというのがあって、最初、笑わないというのがキャラクター作りとしてはキャッチーでは有るんですけど、みつ子との気まずい感じを、何とか確信を付かず解こうとする皐月の努力みたいなのは、さすがに笑顔が無いと難しいかなと思って、原作のキャラクターよりはだいぶにこやかな皐月さんになってると思います。」と明かしていた。

脳内相談役“A”を演じたのが誰なのか明かされていなかったが、この日、“A”を演じたのが中村倫也さんだったことが明らかとなった。

劇中と同様にこの日も声だけの登場となり、中村倫也さんは「とても楽しく拝見させていただきました。女性だけじゃないんですかね。男で有る僕も“嗚呼こういうときあるなぁ”と、僕自身の中にも脳内相談役Aはいるなと思いながら、(みつ子に)寄り添う気持ちで観させていただきました。」とコメント。

劇中に登場する脳内相談役“A”はどんな実体が有るのか聞かれると、「ちょっと違う倫也がいたぞと、おや?むっちり白肌の倫也がいたぞと。そこは非常に笑わせていただきました。ということでみなさんこの作品面白ければ、是非、S・N・Sなどでどしどし拡散していただけると、プロデューサーはニンマリします。」と会場を盛り上げていた。

映画『私をくいとめて』は大ヒット公開中!

©2020『私をくいとめて』製作委員会

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました