「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチームが特殊詐欺撲滅を呼びかけ!

SOS47

12月14日、「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム 決起集会2020が都内で行われ、プロジェクトチーム『SOS47』のメンバーが集結した。

警視庁「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は2018年より全国47都道府県警察と連携し、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺の被害を防止するための広報啓発活動を行っている。

この日登壇したのは、杉良太郎、伍代夏子、飯豊まりえ、川栄李奈、城島茂、橘慶太、乃木坂46(秋元真夏、新内眞衣)、松本利夫、AKB48(向井地美音、武藤十夢)。

杉良太郎特別防犯対策監は「改めまして身の引き締まる思いでございます。私たちプロジェクトチームは特殊詐欺を根絶する為に志を同じくする仲間と共に平成30年9月から“ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~”を開始しました。立ち上げから2年3ヶ月でございます。今後、啓発活動・ポスター・動画、それぞれ皆さんが活動していただくと言ったことでやって参りました。今回は新しくメンバーを迎えて、広く広報・啓発活動をやっていくところでございます。皆さんのますますのご協力をお願い申し上げます。この特殊詐欺は手を変え、品を変え、いろんな方法でいろんな物を使い、その時その時の情勢に合わせて、よくこれだけ思いつくなと思うほどやって参ります。皆さんのご協力無くして、前に行きません。どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。」と挨拶。

伍代夏子特別防犯支援官は「被害が無くなるどころか、まだかなり被害が多い状況です。私たちは家族の絆を大切にすることが防犯に繋がると信じておりますので、これからもプロジェクトチームで戦って参りたいと思います。」と挨拶。

また、新たにAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、STU48が特別防犯支援官に移植され、AKB48の向井地美音特別防犯支援官は「これまでの特殊詐欺ていうのは社会問題として大きくなっているというのは知ってはいたんですけど、今回委嘱を受けるにあたりまして、いろいろ勉強する中で、やっぱり詐欺ていうのはそれだけ悪質なものなんだなというのを改めて感じましたし、私たち若い世代がたくさん発信して行くことで、大切なおじいちゃんおばあちゃんたちを守っていけるように頑張って行きたいと思っています。」

武藤十夢特別防犯支援官は「安易に犯罪に加担する若い世代の人たちが多いと聞いていますので、そのような特殊詐欺に関わることの無いように訴えて行きたいと思います。今後SOS47のメンバーの一員として、私たち若い世代だからこそ、発信できることを発信していけたらいいなと思います。」と話していた。

また、TOKIOの城島茂特別防犯支援官は「2年前に、このSOS47のプロジェクトチームを始めた時には“オレオレ詐欺”と言った方が年配の人にはピンと来るような時代でした。平成から令和の時代に変わりまして、詐欺の手口も多種多様化して参りました。警察の方も呼びかけの仕方としてもいろんな対応を迫られた2年だったのではないかと思います。これからまた2年、いろんな啓発活動ができるということで、ありがたいなという思いを胸に、これからも地道に地に足を付いた活動を、コロナ禍で大変な状況ではございますが、イベント等はなかなかできない状況ではありますが、地道な活動ができればと思っております。」

EXILEの松本利夫特別防犯支援官は「色々活動に接して感じたことは、やはり一人ひとりの自覚が必要なんじゃないかなと思っております。そして若者の意識ももっともっと高めて行くことも大切かなと思いました。これからこの約2年間をもっともっと自分の力で、そしてSOS47のメンバーで、一人でも特殊詐欺の被害から救えるように頑張っていきたいのでよろしくお願いします。」

w-inds.の橘慶太特別防犯支援官は「このSOS47に参加する前は“自分は騙されるわけないとか”、そういう強い気持ちが逆に犯罪の手助けとなってしまうというか、犯罪者の思ったようになってしまうんだなというのを感じました。“自分は大丈夫”と思わずに、自分の大切な人を守るという意味でも、気を付けていただきたいということを改めてお願いしたいと思います。」

川栄李奈特別防犯支援官は「私が感じたことで印象に残っているのがポスターが交番だったり、いろんなところに貼ってあるんですけど、近所のお友達のおばあちゃんが私を見かけてくれて、それでポスターを見て、特殊詐欺を気を付けようと改めて思ったという風に言ってくれたので、活動を通じて、いろんな方に知ってもらえるのがすごく嬉しいなと思いますし、気を引き締めて皆さんにこの活動を広めて行けたらいいなと思います。」

飯豊まりえ特別防犯支援官は「印象に残っているのが、啓発動画を伍代さんと出演させていただいたんですけど、その時のナレーションで、“あなたがいれば、詐欺は防げる”という言葉が有りまして、本当にそのように思いました。コロナで中々人に会いづらかったりして距離ができてしまったと思うんですけど、今は本当に詐欺の手口が巧妙だと思うので、私たち若い世代が家族や親戚を守って欲しいなという風に思います。そのような啓発活動を私はこれから2年間頑張っていきたいなという風に思います。今一度、特殊詐欺について話しをしていただきたいと思います。」

乃木坂46 秋元真夏特別防犯支援官は「メンバー間でも特殊詐欺に対する危機感がすごく高まってます。家庭内でも会話とかコミュニケーションを取ることは特殊詐欺を防ぐ第一歩なのかなと感じているので、家族間のコミュニケーションだったり、(コロナで)軽薄になってしまってるご家庭もたくさん有ると思うんですけど、そういう時だからこそ、しっかり連絡を取ったり、私は親だから大丈夫とか、そういう自信を持つのでは無くて、大丈夫かもしれないけど、心配して連絡しておこうという一つの心がけが大切なのかなというのを2年間で感じさせていただいたので、ここからまた先の2年間もしっかり若い世代が、危機感を持って親の世代だったり、祖父母の世代に対しても、私たちアイドルグループとして啓発活動ができたらなと思います。」と話していた。

その後、場所を移し、代々木公園ケヤキ並木にて特殊詐欺に遭わないよう注意喚起活動を行いました。

SOS47 SOS47

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました