第12回TAMA映画賞に福山雅治・濱田岳・水川あさみ・宮沢氷魚・松本穂香・森七菜が出席し喜びの受賞コメント

11月29日、第12回TAMA映画賞授賞式が府中の森芸術劇場 どりーむホールで行われた。

この映画賞は多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する。

最優秀男優賞には『ラストレター』に出演した福山雅治さんと、『喜劇 愛妻物語』に出演した濱田岳さん。

福山雅治

濱田岳

最優秀女優賞には『喜劇 愛妻物語』に出演した水川あさみさんと、『MOTHER マザー』に出演した長澤まさみさん。

水川あさみ

最優秀新進男優賞には『his』に出演した宮沢氷魚さんと、『サヨナラまでの30分』に出演した北村匠海さん。

宮沢氷魚

最優秀新進女優賞には『君が世界のはじまり』に出演した松本穂香さんと、『ラストレター』に出演した森七菜さんが選出されました。

松本穂香

森七菜

福山雅治さんは「こういった賞をいただくのはすごく久しぶりになりまして本当に嬉しいです。本当に実際に(トロフィーを)手渡されるとこんなに重いんだなと思って、この重みを感じながら早速今夜晩酌するのを楽しみにしてます。本当にありがとうございました。(『ラストレター』は)10代の頃を神木隆之介君がやってくれてまして、神木君と僕とでいただけた賞、作り上げた役柄だと思っているので、神木君にも何かおごります。ありがとう神木君。」とコメント。

さらに福山雅治さんは「お呼びいただける作品をずっと待っております。監督さんプロデューサーさん、たくさんの方が映画スタッフの中でもファンが多いTAMA映画賞ですから、この場を借りましてこれからもどんな役でも頑張って演じて行きたいと思いますので、お仕事の方、事務所に問い合わせていただければスケジュールの確認をしていただけると思います。音楽デビューは30周年ですけれど、50になり、30周年を迎えて、もう少し楽な感じで仕事に取り組めたりとか、余裕の気持ちで待ったりとかするものかなと思ってたんですが、今後も貪欲に仕事をして行きたいと思いますので、映画界の皆様も、頭の片隅に、これ福山いいかなと思ったら事務所の方にお問い合わせください。」とユーモア溢れる挨拶をした。

濱田岳さんは「このような賞をいただけて嬉しく思います。監督を始め、我々とても小さな家族のひと夏の想いが、世界を変えてしまうような嘘を乗り越えて、9月11日に公開できたこと、それは本当に奇跡のようなことで、お客様にそのような光景を体験させていただいて、本当に夢のような時間で、俳優をやっていて、こんなに幸せなことが有るんだなという風に素直に思える作品でした。それだけでも充分だったのに今回このような熱い想いの籠った映画祭に、逆境を乗り越えて来る本当にたくましい映画人の前に立たせていただけたこと。これもまた奇跡で、こんな夢のようなことが短期間に味あわせていただいていいのかな?この映画はすごいなと思います。ただちょっと出来すぎなのでこれはドッキリかなんかですかね? でも本当にこのような幸せな想いをさせていただいてありがとうございます。」

水川あさみさんは「この度、このような栄えある素晴らしい賞をいただけて本当に嬉しく思います。ありがとうございます。感激しています。最優秀女優賞をいただいたのは今回が初めてで、飛び上がるほど嬉しかったです。『喜劇 愛妻物語』という作品のチカという役は私の手元に来てくれた時に運命的なものを感じました。絶対にこの役を私がやりたいと心から強く思って、その役でこの賞をいただけたというのがとても嬉しいです。岳君をはじめとする監督、監督の奥様、個性的なスタッフの方々。この賞を取って、スタッフの方が泣いてくれるような素晴らしい人たちに囲まれて、作品が世に出て行って、この賞を貰えたので、一生忘れることの無い思い出になりました。これからも映画に携わって行ける役者になって行けたらいいなと今後とも思っております。」

宮沢氷魚さんは「この度はこのような素敵な賞をいただき本当に嬉しく思っております。僕は役者を初めて3年近く経つんですけど、賞をいただくのは今回が初めてなので、この賞は一生忘れないものになると思います。3年間で出会った作品で、スタッフ・キャスト、皆さんに感謝したいと思います。」

北村匠海さんはビデオメッセージを寄せ、「最優秀新進男優賞をいただきました。本当にありがとうございます。新進男優賞ということで、新しい進むと書く本当に名誉有る賞をいただき嬉しく思います。いろんなことが1年間で起こりますが、映画という世界がとにかく前に進んで作品を打ち出したり、盛り上げて行くしかないと僕自身も思っています。そこに少しでも関われているならとても嬉しく思いますし、この新進という言葉がさらに似合う俳優として2021年も頑張って行きたいと思います。」

松本穂香さんは「この度は最優秀新進女優賞というとても素晴らしい賞をいただき本当に心から嬉しい気持ちでいっぱいです。今回は『君が世界のはじまり』という、ふくだももこ監督と2作品目となる作品で、ふくださんと一緒に受賞できたことが本当に本当に嬉しくてたまりません。また違う作品で監督と一緒にこの場に立てるようにこれからも頑張って行きたいと思います。」

森七菜さんは「この度は栄えある賞をいただいたことを嬉しく思います。アドリブを一番最初にちょこっとだけやってみたら意外と怒られなかったので、自分からで何か提案が有るものができたらなと思って・・・。今年は本当に皆さんに驚いてもらうことが多かった1年なんだと思っていて、初めてドラマの主演、映画の主演をやらせていただいたり、それで私を初めて知った方がいらっしゃって、来年はなるほど、だから(森七菜が起用された)と言ってもらえるような1年にしたいと思います。」とコメントした。

タイトルとURLをコピーしました