仮面女子から新たなユニット「kiraboshi」が誕生!

アイドルトピックスニュースセレクション新着ニュース+

kiraboshi (キラボシ)

11月27日、地下最強アイドル 仮面女子の公演が秋葉原の仮面女子CAFEにて行われ、急遽YouTubeにて生配信された。

この日、仮面女子の中から新たなユニットが発表されるということで、日刊エンタメクリップ取材班も急遽駆けつけた。

新型コロナウイルス感染症の影響で、しばらく仮面女子CAFEには行ってなかったのだが、仮面女子CAFEが有るパセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメント1Fでは、カメラで体温を測る装置が設置され、手指消毒液も設置され感染防止対策も万全。

仮面女子CAFEに入ると、座席も一定間隔で間を開けて設置されて、声を発する声援は禁止。拍手のみの声援を行う形式で、ステージと客席の間にはしっかりとしたビニールシートスタンドが設置され、ライブ途中には換気する時間も充分に設けられていた。客席数も大幅に制限され、スタッフはマスク又はマスク+フェイスシールドを常時着用し対応する音楽コンサートを開催するにあたるガイドライン順守を徹底していた。

そんな中、マイクスタンドが3本間隔を開けて用意され、いよいよ仮面女子の新ユニットが登場する。

仮面女子の新ユニットはオーディションで選ばれた、森下舞桜(もりした まお)、涼邑芹(すずむら せり)、木下友里(きのした ゆうり)の3人。いずれもアリス十番のメンバーでも有る。

新ユニットは涼邑芹(すずむら せり)さんがセンターとなる。

肝心のユニット名は・・・。

kiraboshi (キラボシ)

この日、初披露されたのはkiraboshiの「星の降る夜」。

新型コロナウイルス感染症の影響で、生活が一変してしまった中で、誕生したこの楽曲。

ファンの前、そしてYouTubeライブの生配信を見ているファンに向けてしっとりと歌い上げた。

涼邑芹さんは「ジャケットとかの衣装は個人で個性が出てまして、仮面女子には無いバラード曲で180度違う感じで・・・。」と、仮面女子やアリス十番とは異なる曲調の楽曲を披露できたことを喜んでいた。

森下舞桜さんは「この3人でしっかり初披露ができて本当に良かったなと思います。」とコメント。

また、涼邑芹さんは「実は3ヶ月前にkiraboshiという3人のユニットができまして、衣装から自己プロデュースで私たちも制作に関わらせていただいたところもたくさんあって、自分たちでも作って来たという思い入れの深いユニットになってます。」と話していた。

木下友里さんは「緊張だったけど、本当に皆さんがどういう反応をするのかというのが一番こわくて、でもすごく温かく見守ってくださったから安心しました。」と話すと、

森下舞桜さんは「最後の拍手がめっちゃ嬉しかった!」とファンに感謝していた。

ちなみにこのkiraboshiのユニットについて、森下舞桜さんは「kiraboshiのユニットはイオンシネマさんと仮面女子のコラボでドキュメンタリー映画を作る企画でできたユニットなんですけど、こちらのドキュメンタリー映画は来年の2月末に公開するので是非よろしくお願いします。」とアピールしていた。

初お披露目が無事終わり、kiraboshiのメンバーに直撃すると、

木下友里さんは「ライブ中はファンの方がすごく温かく応援してくださったのですごく安心してできました。」

涼邑芹さんは「出る直前まではすごく緊張していて泣きそうだったんですけど、出てしまったら楽しくて、良い緊張感をもって皆さんにお届けできたかなと思います。この3人でいることがすごく心強くて、私にとって特別です。」

森下舞桜さんは「初披露を終えてすごくホッとしてる気持ちでいっぱいです。今までこの3人でたくさん準備してきたものをしっかりファンの前で披露できるということがすごく嬉しくて、いつも一緒にいてくれるメンバーにも感謝してますし、温かく見守ってくれててそれがすごく嬉しかったです。」と話していた。

森下舞桜さんは今月11月11日に18歳となり、22時以降のお仕事も徐々に解禁され制限が無くなっていくが、kiraboshiの3人でやってみたいことを聞いてみると、木下友里さんは「無人島に行きたい!」、涼邑芹さんは「kiraboshiでもっと曲を増やしてワンマンライブをしたい。」、森下舞桜さんは「CDやアルバムを出してみたいです!」と夢を語っていた。

果たして実現する日がやってくるのか楽しみにしておこう!

尚、kiraboshiを追いかけているドキュメンタリー映画「今は、進め」(配給:イオンエンターテイメント)は来年2020年2月に公開予定で、12月に行われる予定の仮面女子のワンマンライブも密着していくとのことで現在も撮影が進行中だ。

タイトルとURLをコピーしました