シリーズ初の男性が主人公! 映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』が公開! 小越勇輝は“本当に公開したんだなと実感が湧きました”

左から山之内すず、中島健、小越勇輝、桃果、川上亮監督

左から山之内すず、中島健、小越勇輝、桃果、川上亮監督

11月14日、映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』の公開記念舞台挨拶がシネマート新宿にて行われ、小越勇輝、中島健、桃果、山之内すず、川上亮監督が登壇した。

今回の映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』ではシリーズ初の男性を主人公とし“人狼ゲーム”運営人の裏側が描かれている作品。

主人公の正宗役を俳優の小越勇輝さんが演じている。

小越勇輝さんは「昨日初日だったんですけど、実感が湧かなくて今日こうして舞台挨拶をさせていただいて、今回観てくださる方がいて、本当に公開したんだなと実感が湧きました。そして僕の心が燃えてるということで靴も燃やして(炎のデザインの靴を着用)、靴にも気持ちが表れてます。」とコメント。

シリーズ初の男性が主人公になり、その作品で主演を務めていることについて、小越勇輝さんは「今までのシリーズを観てましたし、今まで共演された方々も出ていた作品なので、僕もこの作品に携わりたいなと思っていたら今回お話をいただいて、しかも今回運営側にスポットが当たるということで、男性が初めての主演ということで、すごくお話をいただいた時は有り難かったですし、それと同時にやっぱりプレッシャーというのもすごく伸し掛かっては来ましたけど、自分が背負うものを背負いながらでも、始まる前に監督さんを含め、お話をさせていただいて、またスタッフのみなさんやキャストのみなさんと一緒に撮影をやっていく中で、周りの方々と一緒に作って行ったなというのが大きかったので、自分1人で背負ったというよりも、みんなで同じ方向を向いて、この作品に向き合ったなと思いますね。」と話していた。

人狼ゲームの参加者側ではなく、運営側を演じるにあたり、意識したこととして、小越勇輝さんは「運営側が描かれることが無かったので、どんな人たちなのか想像が付かなかったんですけど、最初に台本を読ませていただいて、ちゃんと人間だったというか、ちゃんと心があって良かったなと思いましたし、命をかけてまで守りたい、命をかけてまで、抜けるまでの勇気は無いのに、命をかけて守りたい人が現れたということに、まっすぐな思いというのをすごく大事にしましたし、その中で、守りたいという気持ちが強くなっていくと、その気持ちが強さに変わって表に出てしまう瞬間とかがあって、そこは川上監督と現場でお話をしながら、観てる人にも正宗が柚月(桃果)を助けられるのかという、ガンバレって応援したくなるような正宗で有りたいよねというお話はしました。」と語る。

琥太郎役を演じた中島健さんは「只々お金欲しさ、報酬欲しさに働いてるだけなので最初は純粋にその気持ちを持って演じてましたけど、正宗のいろいろな心情を知ってからの親友ならではの、琥太郎なりの心の変わり方というそう言った所を意識して演じてました。」と、心の変化に注目です。

夏目柚月役を演じた桃果さんは「長年続くシリーズのヒロインとして責任やプレッシャーも有りましたけど、撮影に入る前にみんなで人狼ゲームをやったんですよ。そこでコミュニケーションも取れて撮影も楽しくできましたし、本当に監督はじめ、皆さんが本当に素敵な方々ばかりだったので、お芝居もすごくやりやすかったですし、お芝居してて楽しいなと改めて思う現場でした。本当に仲良くなりました。初日に人狼ゲームをやって、次の日から初めて会ったと思えないぐらいでした。これが有ったからこそ最後に繋がったんじゃないかなと思います。」と、キャスト間の仲が良くなったきっかけを明かしていた。

末吉萌々香役を演じた山之内すずさんは「最初はドッキリじゃないかと思うくらい信じられなくて、実際に監督さんたちとお会いして、キャストの皆さんとお会いして、現場に入ってやっと実感が湧いたという感じでした。本当に現場に入るまで、絶対誰とも友達になれないと思ってたんですよ。撮影期間中のケータイの写真フォルダは9割 桃果ちゃんでした。初日から本当にみんな優しくて、すごく温かく接してくださって、本当に皆さん大好きで、温かい現場でした。」と、現場の和気あいあいとした雰囲気を話していた。

最後に小越勇輝さんは「今日こうして、舞台挨拶ができること、昨日初日を迎えたこと、本当に嬉しく思います。本当にみんなで同じ方向を向いて、思いを持って作ってきた作品でありまして、公開できるかな、舞台挨拶できるかなと思いも有ったんですけど、今日こうして舞台挨拶ができたことを本当に幸せに思います。この場に立って舞台挨拶できていることが感慨深いです。今までの人狼シリーズを知ってくださってる方、観てくださっていた方も楽しんでいただけると思いますし、今回は運営側にスポットが当たるということで、運営側のそれぞれの思いであったり、ゲーム参加者たちの必死さというか、命をかけて、ハラハラドキドキも有りますけど、運営側の人間的なストーリーも同時に楽しめると思いますので、そこも楽しんでいただいて、気になるところであったりする所も、観てる内にだんだん解かれて行ったり、だからこうだったんだんだ、あの時どうだったんだろと、もう1回観たいなと思える作品になってると思いますので、1度とは言わず2度・3度観ていただきたいと思いますし、周りの方に広めていただけたら嬉しいなと思います。より多くの方にこの作品が届くと幸せだなと思います。」とアピールしていた。

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』はシネマート新宿・心斎橋にて公開中!

©2020「人狼ゲーム デスゲームの運営人」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました