AKINA 3年ぶりの両A面シングル「vibra/hitoiro」が11月17日に配信リリース! “歌で誰かの励みになれたら!”

AKINA

11月15日、音楽グループ FolderやFolder5のメンバーとして活動していた歌手のAKINAさんが3年ぶりの両A面シングル「vibra/hitoiro」を11月17日にデジタル配信リリースすることを発表した。

今回リリースする楽曲はエレクトリックなテイストをポップに落とし込んだ「vibra」と、しっとりと大人の雰囲気で歌いあげた「hitoiro」となる。

3年ぶりに両A面シングルをリリースするきっかけとして、AKINAさんは「これまで年に3・4回、親子で楽しめるコンサート『親子のための音楽会』を主催で開催してるのですが、コロナの影響でコンサートがなくなってしまい……いまの私に出来ることは?と、考えたとき歌で誰かの励みになれたらと思い制作いたしました。」とコメント。

「vibra」はどんな曲なのか、「“vibra”はエレクトリックテイストでAメロ、Bメロ、サビというような歌い上げるようなドラマチックなコード進行ではなく 日常で溢れてるようなリズム感や歌い方を意識して作りました。なので、ど派手な見せ場はないです。ドラマのような出来事があれば素敵だけど日常こそが本当は美しくて尊いと思うのです。」と解説。

一方、「hitoiro」はどんな曲なのか、「“hitoiro”は、隣で話してるような歌い方を意識しました。歌詞の世界観は、好きだからこそ、あなた色に染まっていく、染まりたい…と、シンプルな想いを乗せてみました。」と紹介。

AKINAさんは現在は結婚・出産を経験し、子育てとアーティスト活動を両立して活動されている。

子育てとアーティスト活動を両立するにあたり、苦労したことについて、「苦労したことは、子育てには正解がないこと。その子にあった伝え方をしないと、伝わらないという事。本当、子育てはいろんな選択肢が有ります。そして、今まで当たり前のようにライブを見に行けていた事が子供ができてからは時間や場所、また子連れで行ける場所が無かったので、無いなら自分で作くるか!と思い、“親子のための音楽会”を作りました。子供のおかげで、また音楽活動を頑張ろうとおもいました。」と明かした。

歌うことの喜び、歌手としての想いとして、「デビューが(小学6年生)だったので当時の歌声と大人になった歌声が違いすぎて、人の評価が怖くて歌が歌えなくなったことがあります。だからこそ今、歌が歌えることが幸せで幸せで、ありがたいことだなと感じています。楽しい時も辛い時も、歌によって救われたので誰かの背中をおすキッカケが“私の歌声だったら嬉しいな”と思いながら歌ってます。」と、歌を歌えることの喜びを感じているAKINAさんでした。

AKINAさんは親子で参加できる親子のための音楽会を主催しており、ゲストを呼び、コンサート活動も行っている。

コロナ禍での開催は難しいのだが、コロナが終息したら再び開催するはず。

グループ活動をしてきた時から年月が経ち、大人に成長したAKINAさんの大人の歌声を生で聞ける日を心待ちにしておこう!

ちなみに現在は韓国語も勉強されているとのことで、さらに来年3月に新曲をリリース予定とのこと。

AKINA

AKINAさんの3年ぶりの両A面シングル「vibra/hitoiro」は2020年11月17日 iTunes他にて配信!

Music Videoが本日公式YouTubeチャンネルにて公開されているので併せてチェックしておこう!

■AKINA 「vibra」Music Video

■配信リリース情報

AKINA 両A面シングル「vibra/hitoiro」

発売日:2020年11月17日
(iTunes他で配信)

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました