エロすぎるグラビアアイドル 森咲智美 出し過ぎて恥ずかしい感覚が麻痺!

森咲智美

11月1日、グラビアアイドルの森咲智美(もりさき ともみ)さんの3冊目の写真集『Utopia』(ワニブックス)の発売記念イベントが書泉ブックタワーで行われた。

本作は7月に沖縄で撮影されており、今回は通常の写真集に加えてご本人プロデュースの下着付き限定ボックスも同時発売! セクシーさ300%の作品となっている。

1年ぶりの写真集に「写真集を1年おきに出させていただいていて、私の周りのともラバ(ファンのこと)の皆さんだったり、応援してくれるスタッフさんだったり、マネージャー陣、全ての方に感謝しております。みんなのおかげだと思っているので、今回も私の全身全霊をかけて写真集の撮影に挑みました。」とコメント。

今回、下着付き限定ボックスも同時発売されたことについて、

どんな作品なのか質問されると「元々下着のプロデュースをしたくて、将来の夢というか目標が社長になることなので、その第一歩だと思って、今回は気合を入れて女の子が盛れるような下着を考えてみました。」とコメント。

撮影時のエピソードとして「今回の内容は結構キワキワで、エロすぎるグラビアアイドルとしてやれることはやり尽くしたかなと思ってるぐらいやっていて、出し過ぎて恥ずかしい感覚が麻痺しました。おっぱいポロリしてても全然スタッフさんたちも動じなくなっちゃって、出てても“あ~また出ちゃった”みたいな感じでポロポロしてたので、感覚がバグってきました。」と話していた。

お気に入りのカットも紹介し「お気に入りの写真が、自分がプロデュースしたパンツで、Tバックの写真を選ばせていただいたんですけど、やっぱり夢への第一歩ということで、気合が入ったパンティーでも有るので選ばせていただきました。他にも全身裸なんですけど、レースで被せた見せ方があって、それも是非見ていただきたい写真です。自分自身も気合が入り、新しいエロの見せ方を発見した写真でも有るので、是非見ていただきたいです。」とアピール。

森咲智美

下着プロデュースのポイントも語り、「やっぱり女の子たちを映えさせたいというのがすごくあって、女の子たちが履いて映える下着なので、紐を細くしてセクシーに見せて、普通のパンティーだと、紐は1つなんですけど、2つにして股間部に布を多めにすることで映えるんじゃないかなということと、ワンポイントでキラッとしたものを付けさせていただいたのと、お尻がキュッと見えるようにデザインしました。女性の方にも手に取ってもらいたいです。」と語ると、「男性の方には飾るなり、匂うなり、好きにしていただけたらと思います。」と話していた。

プロフィール

森咲智美(もりさき ともみ)

【生年月日】 1992年8月12日
【身長】 160cm
【スリーサイズ】 B89 W58 H88
【出身地】愛知県
【趣味】競馬、ギャンブル全般、一人酒、飲み歩き、おつまみ作り、ランニング、トレイルラン

【オフィシャルSNS】
https://twitter.com/p_tomo0812
https://www.instagram.com/morisakitomomi/

フォトギャラリー

森咲智美 写真集『Utopia』
撮影:矢西誠二
ワニブックス刊

オンラインショップで購入

 

 
グラビア サブカル トピックス ニュース
おススメ記事をピックアップ
 
 
おススメ記事をピックアップ
 
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました