剛力彩芽 艶やかな和装で独立後初の公の場!“私自身も成長したい”

剛力彩芽

9月16日、国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020』のオープニングセレモニーがコロナ対策ガイドラインを徹底し明治神宮会館にて開催。

淡い紫色の艶やかな和装に身を包んだ女優の剛力彩芽さんも登壇しました。

剛力彩芽さんは日本人監督を応援すべくスタートし、プロジェクトに賛同したクリエイターズ支援プロジェクトに企画段階から参画。

過去にSSFF & ASIA でノミネート・受賞歴を誇る監督たち3名と共に、3本のショートフィルムが制作され、剛力彩芽さんは主演を務める。

独立後初の女優としてのプロジェクトとなり、剛力彩芽さんが扮する3人の女性は、男から逃げる女がテーマの「傷跡」、シングルマザーがテーマの「卵と彩子」、マスク依存症がテーマの「MASKAHOLIC」に主演する。

剛力彩芽さんは「改めて素敵なプロジェクトに参加させていただけてすごく嬉しく思っております。実は私、本格的に役者としてお芝居をやっていこうと決意したのが18歳の時でした。ちょうど今年で10年目になります。役者としても私自身も成長したいというのも有りますし、日本の芸術や魅力を発信していくことに少しでも力添えできたらいいなと思います。」とコメント。

国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020』のオープニングセレモニーには豪華ゲストが登壇し、花を添えました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020

■開催期間:2020年9月16日(水)~9月27日(日)
■上映会場:オンライン会場および、東京 計4会場予定
※開催期間は各会場によって異なります。また、変更になる場合もございます。
■オフィシャルサイト: https://www.shortshorts.org/2020
■主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会

タイトルとURLをコピーしました