伊藤えみ 12年ぶりの写真集はタイトルに偽りなし

グラビア トピックス ニュース

2月24日、女優・グラビアアイドルの伊藤えみさんの写真集『e mi ru ma』(ワニブックス)の発売記念イベントがブックファースト新宿店で行われた。

今回の写真集はデビュー15周年にして12年ぶりの写真集。水着の肩紐さえずらしたことが無かった伊藤えみさんが極限セクシーに挑戦している。

伊藤えみさんは「ずっと出したかったんですけど、出せなかった理由は露出をすごく拒んでいたからということだったんですけど、今回それを解禁して干支を1周して満を持して出させていただきました。」とコメント。

タイトルの『e mi ru ma(エミルマ)』について「私が自分が思いついて付けたタイトルです。“エミ”は入れたくて、逆から読むと“ma ru mi e(マルミエ)”っていう・・・。ハワイで撮影したので“ハワイの言葉っぽいね”と言われたり、ちょうどいいなというのも有りました。タイトルに偽りなしの内容になってます。」と語っていた。

お気に入りの写真について「白い衣装はちょっと透け感があって、透け感が有るのを着たのもまず初めてで、ちょっとプチe mi ru maぐらいな感じの見え方をしていたり、面積は決して大きくないんですけど、チャームポイントと言ってきた部分をおススメショットで、あと表情は今回グラビア的なポージングも一切無いし、メイクもすごくナチュラルで、ぺったんこの靴で基本全部撮ったので、すごく素な感じで、グラビアなんだけど、水着を着ててもいつもと違うんだなと自分の中でも新しいけど、本当の自分なんだなというのが詰まっていて好きです。」と話していた。

DVDのグラビア映像は卒業済の伊藤えみさん、この写真集を出したあとは写真の方のグラビアも卒業してしまうのか聞かれると、「(グラビアの卒業は)無いです。無いです。DVDはもちろん終わりということでやらないですけど、(写真の方のグラビアは)求められれば、ちょっと体も頑張って作りたいです。やっぱりグラビアあって全部の活動だなと本当に思ってて、私の中でグラビアに1ミリもネガティブな意味合いは無くて、ありがとうしか無いので、機会があればいくらでもやりたいと思います。」と、写真の方のグラビアは継続することを語っていた。

オンラインショップで購入

タイトルとURLをコピーしました