乃木坂46 令和2年「はたちの献血」をPR! 自撮り棒を持って生動画撮影!

アイドル トピックス ニュース ライブアイドル 坂道グループ 新着ニュース

1月27日、令和2年「はたちの献血」キャンペーン PRイベントが都内で行われ、アイドルグループ 乃木坂46の梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香、久保史緒里、齋藤飛鳥の5人が登壇した。

「はたちの献血」キャンペーンは献血者が減少しがちな冬期の輸血用血液の確保と、医療機関へ安定的に血液製剤を共有するために、新たに成人を迎える「はたち」の若者を中心として広く協力を求めることを目的に毎年1月~2月にかけて行われており、キャンペーンキャラクターの乃木坂46が起用されている。

この日は、直筆サイン入りポスターとフラッグが披露され、ポスターは全国の献血ルームに10か所に展示されることを発表。フラッグは都内の献血ルームをキャンペーン期間内にランダムで巡回展示されるとのこと。

そして、イベント中には齋藤飛鳥さんが自撮り棒を持ち、メンバー全員で動画を撮影し、齋藤飛鳥さんは「今年も変わらずメンバーやファンの方々とたくさん嬉しさや喜びを共有してメンバーともたくさん絡んでたくさん繋がっていけたらいいなと思います。ファンの方々には献血を通して、良い繋がりを広げていけたらと思ってます。」とコメント。

この動画は「はたちの献血」YouTube公式アカウントで1月28日(火)の午前中に配信される予定とのこと。

賀喜遥香さんは「私たちも小さな目標をいろいろと挑戦していきたいなと思っているので、みなさんも是非フランクな気持ちで献血ルームに足を運んでいただきたいなと思います。」とアピール。

齋藤飛鳥さんは「若い世代の方々にもっと献血を身近に感じていただけるように、引き続き頑張らないといけないと思ってます。他の誰かがやってくれるからいいやという気持ちではなくて、自分一人でも必ず何か役に立てるということをみなさんに知っていただけたらすごく嬉しく思います。一歩踏み出して献血ルームに行っていただけたら・・・。」と語っていた。

はたちの献血 キャンペーンサイト
https://www.min-ketsu.jp/hatachi/

タイトルとURLをコピーしました