Loading...

女優 春花、2019年は“自分の好きがちょっとずつ仕事になって行ってすごく楽しい1年”

12月22日、モデルで女優でドラッグレーサーでもある春花さんの初の写真集『DRIVE』(ワニブックス)の発売記念イベントがSHIBUYA TSUTAYAで行われた。

春花に改名し初の写真集が発売され「まさか名前が変わって、再スタートしてすぐ写真集を出せると思って無かったので、お話をいただいた時にすごく嬉しいのと同時に大丈夫かなと思ったんですけど、好きなことがすごく増えて、犬や車とか、ゴルフとか、自分でプロデュースもできたからすごくお気に入りの写真集です。」とコメント。

車でのドライブが趣味で、今回愛車の「べち子」と共に撮影に挑み「今まで自分で車の写真を撮ることが多かったんですけど、車と私で写真を撮ってもらえてすごく嬉しかったです。」とニッコリ。

お気に入りの写真について「元々、ブリクストンと言うロサンゼルスの洋服ブランドが有るんですけど、そこのブランドのインスタグラムでキャップを使ってる写真があって、その写真がすごくお気に入りで、私も何かする時、絶対やりたいと思ってたから、打ち合わせの時に(提案して)実現しました。」と明かす。

また、セクシーなショットも披露していることについて「ここまで脱いだというかさらけ出したのは初挑戦で、制作の段階から意見を言いながら作った写真集で・・・。」と語ると、「全然男の人がいても着替えちゃったり、向こうが気まずいということがよく有るんです。基本パンツとかで家の中を歩くことが多いから女子部屋では結構パンツでウロウロしてました。」とあっけらかんに話していた。

2019年を振り返り「思い出はテラスハウスで、今年半年間テラスハウスの家に住んだので・・・。仕事的にも車のイベントに呼んでもらえたり、ゴルフも好きなのでゴルフの仕事も呼んでもらえるようになって、自分の好きがちょっとずつ仕事になって行って、すごく楽しい1年でした。」とコメント。

今後やってみたいこととして「女優の仕事は常にやって行きたいので、女優の仕事をしながら、あとは車とゴルフが好きなので、趣味から仕事に、ゴルフの仕事とかもらえるようにもっと練習したいなと思います。女優としては着物を着た時代物がやりたくて、朝ドラとか大河とかやりたい。」と夢を語っていた。

次のページに写真有り

関連記事をピックアップ
 
 

Twitterでエゴサ
グラビアトピックスニュース
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました